下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

塩を求めて大鹿村へ 前

ちょっと遠出したいなと思ったので
長野県の大鹿村に行ってきた

ohshika1.jpg

すんごい適当だけど
矢印の様なルートで
地図上から外れている赤線の辺りは岐阜県

走行距離は385km

往路は岐阜県多治見市やら土岐市やらで出勤時間と重なって
ちょっとペース落ちて4時間半
復路はスムーズに4時間
ウロウロしたり写真撮ったり飯食ったりで2時間
合計10時間半

涼しい内に出掛けて
さっさと山の中に入ったから
一睡もせずに行った割には疲労感は薄い

ツーリングとしては最高だった
楽しい道ばかりだった

でも写真撮るには
俺の好みとしてはいまいち
だからリバーサルフィルムに関しては先日の半端分消化しただけ



GRDで撮った写真やら
ツーリング内容は
続きにて
ちょっと珍しいものの写真を撮ったよ

[塩を求めて大鹿村へ 前]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/26(月) 21:23:40|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続々・開田高原で撮ったリバーサル

蕎麦を食い
蕎麦畑を見た後
御岳が奇麗に見える
開田高原に行ったら必ず立ち寄る展望台に行ったのだが
御岳は雲の中だったので
展望台から見える光景としては
個人的には御岳より好きな集落の
写真を撮った

シャッター切ったタイミングがちょっとミラクル

kaidariv4.jpg

集落だけが明るくて
周りの森が暗い
雲の切れ間から
光がピンポイントに差し込んでた

段階露光した中でも
この写真だけが丁度良い位置に光が差し込んでた
光の差し込みが丁度良い位置だった写真が
段階露光した中でも丁度好みの明るさだったこの嬉しさ


風景写真のプロやらハイアマチュアは雲待ちとかするらしいんだけど
俺はプロでもハイアマチュアでもなく
ただの「バイクで出掛けて写真撮るのが好きなちょっと写真の色とか明るさにこだわりたがる素人」なので
そんな傲慢な時間の使い方はしない

風も雲も影の長さも運任せ
そんなもん待つならもう一つ新しい俺のツボを探す方が有意義だと思ってる

だからこそ運良く撮れたこの写真が嬉しい


構図は面白みが無いし
縦位置で写真の方が構図的には良かったし
他人がこの写真を見てどう思うかは知らないけど
俺はこの写真見て興奮した
だからこの写真は良い写真

フォトグラフを直訳すると「光の画」となる
それは決して「光を活かした画」という意味ではないけど
俺はそれを写真に対する憧れの部分として持っている

俺はとても満足している



長々とほざいた後で
ついでに1枚

高くて小さな美味過ぎるソフトクリーム食った後
敢えて迷い込んでみた道で

kaidariv5.jpg

夏の高原らしいかなと













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/11(日) 16:36:53|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・開田高原で撮ったリバーサル 

昨日の写真と言い今日の写真と言い
実際には開田高原の手前の集落なんだけどね


開田高原がどんなとこか書こうと思ってたんだけど
すっかり更新忘れてて
しかも今出掛ける前に急いで書いているので
写真だけ

暇な生活なのに
何故敢えて出掛ける前に急いで更新しているのか
いまいち分からんけどね
自分でも



開田高原で撮ったリバーサルフィルムの写真
今日は夏らしい感じで

山間の良い田

kaidariv2.jpg

一緒に行ったファンタジスタは親御さんが兼業農家なので
田舎に行くと農家目線がちょくちょく出るのだが
この田んぼの稲の植え方に随分と感動していた
奇麗だ奇麗だって
この田んぼの人は凄く几帳面だって



まさに
夏の山村

kaidariv3.jpg

な~つがすーぎ~
な感じでね
少年時代ね
映画の
あんな雰囲気無い?

俺はもう青年だけどね

30代前半は青年で良いよね?
中年じゃないよね?













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/10(土) 21:48:39|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開田高原で撮ったリバーサル

昨日今日と
父の気晴らしの為に遊びに行かせた為
寝不足分が回収出来てない

しかし母と二人で丸一日過ごすのは
それはそれで良いものだ

更に
ちょっと前に注文した母専用入浴用車椅子が届いたので
ちょっとテンション上がった
これで二人掛かりで風呂まで運ぶ日々ともオサラバよ



開田高原で撮ったリバーサルフィルムの写真

石の家の石仏

kaidariv1.jpg

がっつりトリミング

石仏自体が完全に影の中に居るので
撮りづらかった
やっぱりGRDで撮った前々々回の石仏集団の方をリバーサルで撮るべきだった

試しにあの写真を
フォトショップでライティングやら色相やらの補正をかけてそれっぽくしたら
そりゃもう俺好みになった


でも補正した写真なんか載せない













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/09(金) 21:27:38|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開田高原に行った 後半

オランダ対ウルグアイ戦
今大会のベストゲームでないかしら
とにかく面白かった

ただ
勝ったオランダだけど
先制点から途中追いつかれつつの2点目までの間は悪い流れだった
オランダが悪かったと言うよりウルグアイが素晴らしかったと言うべきかも知れないけど

でも悪い流れの中で点獲れるってのは
強さだな
そして貫禄だな
悪い流れを断ち切った2点目は貫禄ヘアのスナイデルで
勝利を決めた3点目はもっと貫禄ヘアのロッベンだもの

ウルグアイは本当に良いチームだったけど
ロン毛が多過ぎたな
貫禄に欠けた





開田高原の事
後半
木曽駒の事

本当は木曽馬が正しいみたいだけど
俺は木曽駒と言いたいから
木曽駒で通す
何となく

木曽駒は日本の在来種の馬で
サラブレッドなんかとは随分違うルックス
開田高原にある木曽馬の里に行けば
無料で嫌気がさすまで何時間でも見る事が出来る

厩舎で馬草を食む木曽駒

kaida8.jpg

可愛いんだから!

残念ながら放牧はしてなかった
時間が遅過ぎたかな


俺は競馬には興味無いし
サラブレッドを特別美しいとも思わんけど
木曽駒の愛嬌ある姿は好き


木曽駒の他の写真や
ずぶの素人の木曽駒に関する聞きかじりの蘊蓄は
続きにて

馬好きの人が見て楽しい
馬の姿がまるまる写ってる写真は
無い

[開田高原に行った 後半]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/07(水) 05:57:02|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。