下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岐阜の 恵那の 笠置

失業の身と言えど
夕方以降は母のお世話やらなんやらで忙しく
どっか行って写真撮っても
その日の内に写真の整理をしたりブログ更新したりという事が出来ないので
せめて翌日には更新しようと思っているのだが
お世話の方がお手空きになった後で飲みに行ったりすると
写真見る事すら面倒になってしまい先延ばしにし
翌日更新すら出来なくなる

そんな訳で
一昨日
天気が良かったのでフラフラしてきた話を今頃


目的無しで適当に走りつつ
岐阜県恵那市の笠置山に行って来たのだが
看板に導かれるままに
結果的にはヒカリゴケを見に行った感じになった


ヒカリゴケは岩間に生息するデリケートな苔で
名前の通りちゃんと光るらしい(厳密には僅かな光をがっつり反射する)

そんな素敵なヒカリゴケ
阿呆な輩が盗む事があるらしいのだが
盗んだところで
元からある生息地を離れると死んでしまうそうである


そんなデリケートさも含めて実に神秘的なヒカリゴケが
この岩間の奥に生息しているのだが

ena8.jpg

どうもヒカリゴケは心の綺麗な人間にしか見えないらしく
薄汚れた俺には光っているコケは見付けられなかった

時期が悪かったのかな
5月ぐらいにもう一回行ってみようかな

ちなみに岩間の中の写真は撮ってない
耐えられない程のスローシャッターになるし
息切れてたし
三脚立てるにも足場狭かったし





ツーリングの模様と他の写真は


まずは東濃・信州方面に行く時に必ず寄る道の駅でざる蕎麦大盛りを食し
岐阜県は恵那市を南から北に縦断
木曽川を越えたとこにある笠置町に

何の目的も無かったので観光地図の看板を吟味したところ
笠置山がなかなか面白そうだったので行ってみた

山を巡る舗装林道はなかなか楽しく
時には走りやすいダートもあり
山の雰囲気も良く
結構気に入った
しかし山の観光シーズンにはまだ早く
撤去されずに転がっている落石が多かった


笠置山自体
岩がゴロゴロ
と言うより
でかい岩がズーン
ズーンしまくってた

ズーン

ena4.jpg

ただの大きな岩かと思いきや実は天然の展望台


梯子が用意されているが
梯子に辿り着くまでが老人や子供やおしとやかな女性には厳しい感じ

ena5.jpg

右側の岩肌は苔で覆われつつ濡れていて掴めないので
左の岩を活用して梯子に辿り着かなくてはならない
その上足場も厳しめ


岩の上の展望はなかなかのもの

ena6.jpg

それ程心躍らないけど


林道を抜けてキャンプ場に進入し
そのまま道を果てまで進むと
また岩がズーン

ena3.jpg

ここは階段があるので気軽に行ける


ここで看板に「ヒカリゴケ」の五文字があるのを発見
歩く

途中笠置神社の奥社に参拝しつつ
先に進むと

ズーン




ズンゴロ

ena2.jpg

ヒカリゴケのある辺りは
特にズーンズーンしまくってた
笠置山は太古の土俗信仰の対象だったのだろう
そこから笠置神社が成立したのだろう
ズーンラッシュを目の当たりにするとそう思わずにいられない


笠置山を後にし
白川町に抜ける県道を北上し
国道41号線を南下し
帰路へ

良いプチツーだったな
写真は全然撮らなかったけど
F3の方なんて15枚しか撮ってないけど


所要時間5時間40分
距離163km
暖かい日だったが
さすがにパンチング(穴空き)レザーのグローブは寒かった














スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/07(日) 16:51:14|
  2. 岐阜でも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三河の東端 大トヨタ帝国の陰にひっそり桃源郷 | ホーム | なかなか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://30glon.blog122.fc2.com/tb.php/492-46548deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。