下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木曽谷寄り道松本行き 第四ポイント 穴場・原野

信州旅行後
なかなか疲れが取れないなと
いつまで経っても体がダルいなと
そう思っていたら
実は風邪をひいていた

気付かなんだ
普段風邪ひかないから異変に気付いても風邪と思わない



さて
第四ポイントの原野の事

原野は
木曽谷では珍しく田んぼが多い



良い眺めだ
田んぼの向こうに見えるのは何山だろうね


俺は原野を宿場だと思い込んでたんだけど
実はそうではなかった

例によって土地のおじいさんに話を聞いたのだが
原野には本陣も脇本陣も無く
つまり宿泊施設がなく
間の宿(あいのしゅく)と言って
宿場と宿場の間のただの集落だったらしい


このおじいさんとは進行方向が同じだったので
しばらく並んで歩いて色々な話を聞かせて頂いた

江戸時代の水害で元々の村が壊滅し
安全な場所に移り住んだのが間の宿・原野の始まりである事

大正時代の大火事で全てが灰になった事
故に最古の建物でも大正時代の築である事

現存する家の中でも古い家には軒に飾り細工があるので
kst25.jpg
古い家かどうか簡単に見分けられるという事


外見から推測される年齢からすると昭和生まれの様に思われるのだが
古い話をよく御存知だった

江戸時代の話でも最近の事の様に鮮明に話してくれる

本山宿のおじいさんに話を聞いた時も思ったが
村での出来事を代々しっかり語り継いでいる感じが感動的だった

特に明治天皇が中山道を使って東京に移った時の話は
どちらのおじいさんも非常に鮮度のある話し振りだった



原野の話に戻るが
原野はまるで観光地化されていない辺鄙とすら言える土地だが
非常に良かった

集落全体として景観を守るという様な事はしていないかも知れないが
修繕されていない古い建物が点在していて尚かつ生活感があり
江戸時代から続く(建物は最古で大正時代だが)古い集落の香りが漂っている

今回行った中では一番印象深かった


しかしやはり旅というのは平穏無事には終わらないもので
まだまだ撮りたいものがあったのに
途中でF3の電池が切れてしまい
もちろん近くにホームセンターも写真屋も無い為
尻切れ蜻蛉な感じで撮影を終える事となってしまった


暖かくなったらバイクで再訪するのも良いかもね

青春十八切符があと一回分残ってるから
それ使って再訪するのも良いかもね













スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/12(火) 14:34:56|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪でござい | ホーム | 木曽谷寄り道松本観光  第三ポイント 松本城>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://30glon.blog122.fc2.com/tb.php/461-98386a0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。