下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ファンタジスタとツーリング二回戦

ちょっと前に岩村プチツーリングでファンタジー溢れるプレーを連発した若者とツーリング行った
今回の目的地は岐阜県は飛騨地方の郡上八幡


駄文を綴る前に取り敢えず一言だけ言いたい

とても寒かった

山間部の道路脇によくある気温表示の
俺が目にした最低気温は4度
その他も10度を超えるとこは見かけなかった
しかも寒風吹きすさぶ中でのツーリング
指が千切れるんじゃないかと思ったよね
グローブしてても無理無理

手はどんなに寒くてもやはり多少は汗をかく
それが寒風でcool downだyo
そりゃあもう悲惨だったyo


ではそろそろ駄文と駄写真を

写真はサムネイル表示なのでクリックすべし



今回は他に予定が無かったので9時過ぎに合流・出発
今回のルート設定は若者

途中ちょっと道に迷いつつ白川郷方面へと国道を北上

最初の休憩地である道の駅・美濃にわか茶屋で明宝フランクフルトを食す
この頃はまだ暖かかった



やだぁ~先っぽが剥けてる~

普通のフランクフルトより遥かに美味い
にわか茶屋に行ったら食うべし
若い女性は情熱的に食うべし


取り敢えず折り返し地点の郡上八幡城
山内一豊とその妻の銅像

gjtour2.jpg

何で山内一豊の銅像が有るのかさっぱり分からなかったので調べてみたら
嫁さんがここの城主の娘だったんだって

銅像の後の山の上に天守閣があるでしょ
もちろん行ってないよ
昭和初期に他所の城をモデルにして建てた天守閣なんて興味湧かない

訳の分からん復元せずに石垣だけにしとけば良かったのに
まあ戦前の復元だからそれはそれで貴重かも知れないけど


城の登り口で記念撮影

gjtour3.jpg

若者が前回のツーリングで乗ってたバルカンは売却済
「こだわって買ったから気に入ってるっす!」なんて言ってたんだけどねぇ

そんな訳で今回はお父上のイントルーダー
排気量は1600cc 
俺の愛する1号さんと2号さん合せても三分の一に満たない


郡上八幡の川

gjtour4.jpg

郡上八幡は古い宿場町の名残が残ってるんだけどね
そういうエリアは通り過ぎただけ
良いとこだけど


郡上八幡を出た後
綺麗に舗装された快適な広域林道走り峠を越えて国道に合流し東進

道の駅・和良で昼食

道の駅からほど近い念興寺には鬼の首が祭られている

gjtour5.jpg

いや
興味無いから行ってないよ
写真は道の駅に有った看板の写真を複写しただけ

俺の頭蓋骨だって角と牙付ければこんな感じになるって
マジで


食事を済ました時点で15時
日が落ちれば増々寒くなるし急いで帰ろうと思ったのだが
ツーリングマップルで
「穏やかな山間風景を行く二車線快走路」
と紹介されてる飛騨街道なる道を走りたくて遠回して帰った

まあ後悔したわな
別に写真撮りたいと思う場所も無く
徐々に日が落ち
体感温度は増々低くなり
しかも遠回り


いやぁ
寒さが身にしみ過ぎて辛いツーリングだった
今回は若者のファンタスティックなプレーも見られなかったし

まあ敢えてファンタジーを求めるなら
普段は耳が遠い若者が
ツーリング中だけはやたらと耳が良いって事ぐらいかな

アイドリング音が五月蝿い上にジェットヘルメットで耳が塞がっているのにも関わらずね
試しに普通の大きさのつもりの声で話しかけてもしっかり返事するんだもんな

あれは不思議だった
普段は本当に耳が遠いから
単に普段は注意力散漫なだけかも知れないけど


道自体はそれ程キツいとこも無く
快適に楽しく走れたから
とにかく寒かったっていう以外は楽しいツーリングだった

ただ
何度も言うが
寒過ぎた













スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/07(月) 23:27:45|
  2. 岐阜でも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人面蜘蛛 | ホーム | チキンタツタまだ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://30glon.blog122.fc2.com/tb.php/434-c398734a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。