下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その九 四日目 昼過ぎから夜の部 はちきん

今日は四日目の午後の分かね

今日のトップ写真はリバーサルじゃない
四日目の午後からはもうリバーサルでは撮ってないんでね

あんまり内容に関係無い写真は載せたくないし


写真は高知県道320号線
念の為言っておくけど向こうに見えてる白いのはガードレール
この道はそう
海沿いの断崖の道

re4koku47.jpg

天気の良い日にこんな道走って
気持ち良くない訳がない!

こういう道は急いじゃ駄目
「うおー」とか「すげー」とか「たまるかー」とか叫びながら
海を眺めつつのんびり走らなきゃ

大丈夫
人は全然居ないから
車も滅多に走ってないから
叫ばにゃ損!

眺めの良い海沿いの断崖の道は
叫びながら走った方が絶対気持ち良い



では他の写真とメモを基にした旅の記録は
続きにて
駄文が長々


写真はサムネイル表示だから大きくして見たい人はクリックの事


大正市場での昼食後からだね


昼食食ったり土産買ったりした後
13時20分
大正市場発

大正市場の裏に出て県道320号線を走る

re4koku48.jpg

トップでも書いたけど
本当に気持ちの良い道


15時頃
高知市内をぐるぐる走った後
高知市内のビジネスホテル着
チェックイン受付時間前だったが入れてくれた

観光に出掛けようとも思ったが
この後に備えてシャワーを浴び入念に洗う

何しろ俺は糠漬け状態だったから
蒸し風呂の後併設されたシャワー室でも入念に洗ったけど
それでもまだ糠漬けだったから


17時10分
はちきん実地調査に出発

土佐のいい男の一典型を表す言葉に「いごっそう」ってある
女性の場合は「はちきん」って言葉になる

土佐のいい女の一典型を指す言葉なのであろう
調べてみたら定義がちゃんとあるのだが
あまりにも項目が多いので書かない

興味が有る人は「はちきん 定義」でググって下さい


さて
民俗学に興味の有る俺としてはやはりはちきんに関する実地調査は外せないなと
かように考えた訳だ

あくまでも真面目な考えによる行動でもある事を強調しておきたい


ちなみにサンプルは
様々な書籍を読み文章による表現から得たイメージと合致した高知美人
愛比売もそりゃ尋常じゃない程に美人だったけど
今回の高知美人は言うなれば
風土を感じさせる美人だった


では調査結果を報告する

期待通りの気の強さと率直さと
それでいて傲慢さを感じさせない雰囲気
南国の太陽と潮風を思わせる様な(この段要らないな)
そんな期待通りのはちきん

叱られまくりの虐められまくり
乳首千切れるかと思ったわ



しかし
はちきんとドSの境界線が不明である為再調査を要す




3時間20分(!)虐められた後


21時10分
はちきんに「美味くて1人でも入りやすい店どこ?」って聞いて教えてもらった
明神丸というお店に入る


満席だったので
関西人の悪いとこだけを凝縮した様な関西人の団体に苛つきつつ
頑張って待った

関西人の団体は予約だった為俺より先きに入り
ようやく落ち着いたと思ったところで席に案内された


6人席にね
俺1人で6人席にね

しかも関西人の団体の横の席にね


俺が1人で6人席に座ったの見て
もう片方の隣席の地元の団体ビックリしてたな
あからさまに皆でガン見するから俺もビックリしたけど


取り敢えず気を取り直して生ビールを注文

そして鰹の塩タタキ(980円)

re4koku49.jpg

美味過ぎ 余りにも美味過ぎ
はちきんに言わせると通は塩らしい

続いて秋刀魚の炙り握り(580円)と土佐牛の炙り握り(1280円)

re4koku410.jpg

これまたどちらも美味し

更に炙りタタキ盛り合わせ(980円)


写真は無い

美味かったよ


賑やかな店内で
1人寂しく6人席に座り
食い物の写真を撮る時の寂しさと言ったらもう・・・


さて更に追加しようかもう帰ろうかと迷っていると
関西人の悪いとこに服着せた様な連中の席から気持ち悪い会話が・・・
ナンパした地元のお嬢さんに
「俺らん中で誰が一番イケてる~?お持ち帰りするんやったら誰にする~?」
だって

誰もイケてねえよ
服装も会話もドブくせえよ
大体お前らおっさんだろ
大して若々しくもない方のおっさんだろ


追加せずに帰る事にした


お会計
しめて5320円


会計時にカウンターとか無いの?って聞いたら「無いです」だって
「あの席落ち着きましたか?」って言うから
「隣にクソみたいな連中が居たのであまり落ち着きませんでした」って
笑顔で紳士的に答えてあげたよ
「1人でも入りやすい店だと聞いてお邪魔させて頂いたんですが・・・」
と言ったら
「それでしたらひろめ市場の店舗が宜しかったかも知れません」って

ひろめ市場ってのは高知市内にある有名な屋台村なんだけどね
ここは1人では非常に寂しいと 楽しくないと
そういう情報を得ていたからはちきんに1人でも入りやすい店を教えてもらったんだよ


「確かにひろめ市場は1人やと楽しくないと思うき、どこそこの明神丸がひろめ市場の美味しい店の系列店やき、そこ行き。そこなら1人でも入りやすいき」
って言ってたから行ったんだけどね

何だよ
ひろめ市場が正解かよ

最後の最後まで虐めてくれちゃって!ふへへ





この日の走行距離137km
ウロウロ時間7時間20分

朝食仁井田米のモーニング(550円)
昼食大正市場の鮮魚(850円)
晩飯明神丸で何やらかんやら(5320円)

お小遣い帳
給油無し
朝食550円
昼食850円
晩飯5320円
お土産タタキ6300円?
元気酵素風呂2500円
宿泊したホテル3500円
休憩したホテル3500円
はちきん調査に要した経費41000円   計63520円











スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/10(火) 14:48:29|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その十 五日目 本土上陸 | ホーム | 第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その八 4日目 朝から昼過ぎの部 再会して糠漬け>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://30glon.blog122.fc2.com/tb.php/404-94007fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。