下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

学ぼう3

今日は
高校時代の友人と10年振りの再開を果たすので
早めに更新

卒業旅行に一緒に行った面子なのに10年振り・・・


卒業旅行で行ったとこもう一度写真撮りに行きたいなぁ
でもあそこ猿の大群に襲われそうになったしなぁ
実際襲われてる軽トラいたしなぁ



今日もですな
露出に絡めつつ写真を載せる

リバーサルフィルムで撮る場合いかに段階露光が重要になってくるかって事を
分かって頂けるかなと

そして仕事も貯金も無い俺ごときがリバーサルなんかで写真撮り続けてると
どれ程のダメージが有るのかって事も分かって頂けるのではないかなと

だったらリバーサルで撮るのやめろとか言わないの~


今回載せる写真は
俺だって街道をゆくのトップ写真のリバーサルバージョン

まずはおさらいとして
掲載済みのGRデジタルで撮ったトップ写真をサムネイルで

9nakasendo1.jpg

ちなみに露出は干してある稲の右列の方に合せてる


次にリバーサルで撮った写真をどーん



雲が良い感じだね

レンズのサイズが違うからってだけで狙ったとかじゃないんだけど
手前の余分がカットされて情報過多も無いね

俺は結構この写真好きよ
色もいい具合だしね
暗めだけど

しかし

この写真はカメラの露出計が適正と判断した露出より
一段落としてあるのであるのであるのである


次の写真がカメラの露出計が適正と判断した露出

9nakasenriv.jpg

もちろんどちらもトップ写真と同じく干してある稲の右列に合せてある
一段違うだけでこんなに違うんだよ
これ本当に一段か?
極端すぎないか?

まあいい

しかも露出計は適正と言うものの
右列の稲の色からして飛んでるね


まあ遠くに被写体があるとね
いろんな物が複雑に交差してたりして露出計と俺と
視線に微妙なズレが出るんだろうね
そもそもカメラ内蔵の露出計は方式の問題で
頼り切るのが危険な代物ではあるらしいんだけどね


だから段階露光はどうしても必須になる
あと意外と暗めの方が良いとか明るめの方が良いとかなる事もあるからね
やっぱり段階露光はしなけりゃ損損!って話になってくる

しかしコストがね

俺がフィルム買ってる店は結構安いので助かるのだけど
それでも1本あたり750円(36枚撮り)
写真1コマあたり約20円
段階露光は下手すりゃ5段階はやるから
1カット100円

デジカメ感覚で100枚とか撮った日にゃあんた
フィルム代だけで2000円越える訳よ

まあ今はみみっちく1日1本に限定してるけどね



日帰りで写真撮りに行った場合だと

フィルム代が750円

んで現像出すでしょ
俺が出してる店だと現像代が710円

ネガカラーみたいにもれなくサービスサイズでプリントすると
1本あたり多分3000円以上の上乗せになるから無理だってんで
データ化してもらうでしょ
これで1本あたり525円

合計1985円
36枚写真撮って1985円
1枚あたり55円
1カット275円


デジカメなら1枚1円程度よ
36枚写真撮って36円よ
段階露光したっていらんもん後で消せば結局1カット1円よ



わ~
結局愚痴だ

でもね
どんだけ愚痴ってもね
やっぱりリバーサルが良いんだよ

店に出してから手許に戻ってくるまでのドキドキ感とか
上手くいった時の発色とか再現性とか
それを確認出来た時の感動とか
もう楽しくて仕方ないんだよね
今の所あんまり感動が無いんだけど


ちなみに一般的に普及してたネガカラーは補正しまくれるので
失敗してても写真屋がプリントする時点で上手い事修正してくれる
楽しくないしやっぱり発色や再現性は比較にならない
これじゃ趣味性が低い 触手が伸びない


高級なデジタル一眼は発色や再現性はリバーサルに引けを取るものではないらしい
単純な比較は出来ない為別物と考えた方が良いらしいんだけど
まあ殆どのプロがデジカメで仕事してるんだから
そう言う事だよね


しかしファッション誌では未だにリバーサルで写真撮ってるとこが多いらしい
俺にはさっぱり分からんが
質感の問題らしい


いつの日か
質感について偉そうに説明し
納得させれる様な写真撮りたいねぇ












スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/19(土) 18:03:44|
  2. 番外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大平宿の写真追加 | ホーム | 学ぼう2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://30glon.blog122.fc2.com/tb.php/358-0a674fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。