下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

俺だって街道をゆく 旧中山道の一部・大平街道の途中まで 前編

今回のタイトルは
司馬遼太郎好きならピンと来るであろう
ふざけたパクリである

司馬遼太郎にあやかろうとすると面倒なので
面倒くさがりの俺なりの街道をゆく旅なのである


司馬遼太郎と違い
一切資料など調べず
俺の印象だけで駄文を綴る

まあ言ってるだけでね
別にいつもと変わらんのだけど

ちなみに目的地は大平宿
今は廃村になっているのだが
有志の手によって保全されている集落


ちなみに
今回はリバーサルの露出の決め方を思い出しつつ
PLフィルターに慣れる為に出掛けたので
デジカメではあんまり写真撮ってない
その割には予備のフィルムを忘れたので
フィルムのリミットは30枚だった


リバーサルの現像あがるの楽しみだなー
今回は露出のミスは少ないはず
保険で1カット当たり複数枚撮ったし
まあ保険というより普通複数枚撮るもんなんだけど
失業中の俺の場合は断腸の思いで・・・

でもだいたい楽しみなのは
現像出してから現物目にするまでの間だけなんだよね


では
まずは旧中山道沿いの田をトップに
季節ネタ



撮ってる時はウハウハしてたけど
改めて見るとつまらん写真だな
余分なものが多過ぎる
情報過多

それにこういう写真は夕焼け頃撮った方が良いな
でも夕焼け頃この辺で写真撮ってたら
交通量増えつつ暗くなりつつって状態で帰らなかんからな
あり得んな

一泊しつつなら良いんだけどね
さすがにそうしょっちゅう母の世話を父一人に任せるのも申し訳ないからね


写真そんなに無いけど
続きに「俺だって街道をゆく」の本編(笑)が有るので
暇な人はどうぞ



写真は例によってサムネイルです


早朝に出発しようと思ってたのに
予定時間から3時間遅れの午前9時過ぎにようやく出発
得意のウィダーインゼリーすらチャージせず


空腹のせいか目が冴えないまま国道19号を走る
四国の経験が活かされているのか単に眠くて集中力が欠如しているのか
ダンプの緩いペースが心地良い


10時40分頃
旧中山道(県道7号線)に進入

国道19号も概ね中山道を継承しているのだが
ところどころ逸れる
県道7号は逸れられた方の道で
有名な観光用宿場町である馬籠宿や妻籠宿をつなぐ道

しかし
馬籠も妻籠も今回は最初からスルー確定
一人で行くと寂しくなるのが観光地


気持ちの良い楽しい県道7号線を走っていたら
古錆びた良い雰囲気の山村発見(トップの写真)
高知の山中程ではないが歴史の匂いを残す村だった


県道7号線に戻って少し走ったら
わざわざ「古道」と看板が出てたのでふらり
いやぁ良かった
そんだけ
写真は載せれない


古道から戻り
近辺で唯一に近そうな飲食店である五平餅屋(たこ焼き屋も兼ねる)にin
昼飯に五平餅

9nakasendo2.jpg

食いさしでなんだが

この辺りの五平餅は一般的なイメージの五平餅とは形が違う
米の粒が生きてる団子って感じ
美味かった
1本90円

店内でメニュー眺めてたらたこ焼きの個数目安表が有った
ちびっこ3個 小学生6個 中学生9個 高校生12個 ねえちゃん15個
にいちゃん18個 かあちゃん21個 ばあちゃん24個 じいちゃん30個
とうちゃん45個 助役さん60個 村長さん90個

女将さん
ちょっと悪ノリしちゃったね

ちなみにこの店はなかなか俺好みの店だった
店員達が客に気を使わずに大声で談笑する
俺はこういう店が妙に好き
若いやつだと「ちゃんと働け」って思うんだけどね
若くないと微笑ましく思う


五平餅を食ってすっかり目が冴えた後
観光地に群がる人々を眺めつつ県道7号を走り抜け
国道256号線を経由して大平街道(県道8号線)に進入
この大平街道というのは
かつて南木曽及び美濃東端と下伊那方面(厳密には飯田)を結んだ街道

今では道路の隅に苔むす寂しい道
中山道と違って主要官道ではなかったから
昔から寂しい道だったかも知れない

バイクで走る分には楽しい道だけど
歩けと言われたら是非断りたい
寂し過ぎる
あぁ写真無いね


寂しいながらもかつての雰囲気を残す大平街道を気持ちよく走っていたら
大平峠県民の森なるものを発見
長野県民ではないが休憩しに行った

ohira3.jpg

県民の森でGRで撮った写真これしか無い
ポジ写真上手く撮れてたら後日お披露目

県民の森は人っ子一人おらず
素晴らしく静かな良い時間を過ごせたが
「熊よけ鈴貸します」って看板があったり
「熊出没注意」の看板が何枚もあったり
ちょっと物騒

登山口も有ったんだけどね
「熊出没注意」なんて看板の横通って山ん中入るの恐いっしょ


手首が疲れたので今日はここまで


明日は廃村の写真が登場します
期待せずに待て












スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/14(月) 22:09:24|
  2. 岐阜でも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<俺だって街道をゆく 旧中山道の一部・大平街道の途中まで 後編 | ホーム | 延期>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://30glon.blog122.fc2.com/tb.php/352-06bcb598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。