下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四国迷子旅 その七 四日目 午前の部 雨の四万十川 

四国から帰って来てからクラッチワイヤーを新品に換えた訳だが
ササクレかけてた様なワイヤーに馴れてる俺には感覚が違い過ぎてやりづらい
レバーの位置を変えたりしながら何とかかんとか


はい四日目

ようやく折り返し地点到達だな
この日はなかなか充実しててね
写真多いで~
途中雨降ったから写真撮ってなかったつもりだったんだけどな
失敗が少なかったのかな
主観だけど

なのでまた2回に分ける
今回は意外とリバーサルの写真が多い
気に入った物も有れば何か釈然としないものもあり


まずは霧の四万十川でトップを飾る



前日に泳いだり飯食ったりした場所で撮影

雨降るとこうなんかなと思ったけど
ガソリンスタンドで聞いたらそうしょっちゅう霧が出る訳ではないとの事

運が良いね~


では他の写真とメモを基にした旅の記録は
続きにて


写真はサムネイル表示だから大きくして見たい人はクリックの事


8月20日 木曜日

6時起床
夜中随分雨が降ったが朝にはすっかり快晴

6時30分
ジェベルの人を見送った後モーニングスイミング 水冷たい

7時10分
前日のお誘いに甘えて元気酵素風呂四万十川店の店主・青木さんとモーニングコーヒー
青木さん本当に親切な方
一時間程歓談 普段喋りまくりの俺が聞き役に徹する程の青木さんの底力


8時40分
キャンプ場発 四万十川沿いの道も今日が本番

9時20分
良い雰囲気の沈下橋発見 上宮橋 つい2往復

4koku41.jpg

人も渡れば車も渡る

何が良いってね 生活感が漂ってたんだよ
小学校の通学路にもなっててね
この橋はしっかり生きてんだなーと感心してしまった

もうこの頃には沈下橋見飽きてたんだけどね
つい足が止まった


沈下橋もう一本

4koku42.jpg

造形的に気に入って


9時35分
道の駅着 先客に綺麗なZ400 カッコいいねー

道の駅出発後数分で雨
しばらく合羽無しで粘るも雨の勢い衰える気配無し
路肩で合羽着用 荷物にレジャーシート被せる


10時55分
中半休憩所で雨宿り
東屋があるだけの簡素な休憩所

4koku43.jpg

こういう直接金に繋がらない親切な施設がある高知県が好きです
四万十川沿いに他にもあるし結構色んなところにあるみたい


ボケーッとしてたらどこかから黄色い声
四万十川に視線を落とすと

4kokuriv7.jpg

色鮮やかなカヌー
俺もやってみたいなぁ


休憩所にZ400の人が登場
一緒に雨宿り
旧車トーク等で盛り上がる

4koku44.jpg

昔乗ってたのを5年前にレストアしたとの事
綺麗だよねー

この人は大阪の人でね
泉ナンバーだった 
大阪の人ならピンと来るよね 地名が旧タイプね
泉ナンバーは今では和泉ナンバー
ナンバープレートが物語る時間の重み

連絡先聞いとけば良かったなー
旧車絡みの良い情報くれたし


11時40分
雨止んだため出発
しかし油断は出来ぬと合羽のズボンは脱がず


しばらく走ってたらまたしても沈下橋
すっかり見飽きたはずなのにまたしても吸い寄せられた

4kokuriv8.jpg

だってこの沈下橋も生活感漂ってんだもん
ちなみにここでも2往復ぐらいした
結構沈下橋渡るのいい気分だよ

この橋の写真撮ってる間にまた小雨
その後も降ったり止んだり微妙な天気


河口に近付きつつある頃有名な佐田の沈下橋に行ったけど
観光資源に成り果ててる為俺の心の琴線に触れず


やがて河口に出て足摺岬を目指す


午前の部はここまで!
午後の部はまた明日










スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/08/30(日) 20:21:23|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<四国迷子旅 その八 四日目 午後の部 さらばF3 | ホーム | 四国迷子旅 その六 三日目 四国最良の日 フィルム的には最悪の日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://30glon.blog122.fc2.com/tb.php/333-75d308da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。