下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

学生時代の写真公開・一恥目

今週の天気予報は酷い
まあ梅雨時はこんなもんかな


さて
今回は文章が非常に長い
元写真学生達には懐かしい話だろうけど
そうじゃない人達にはチンプンカンプンだと思う
でも勉強になるかも知れないから頑張って読み給え

と言うか
今回貼った写真は文章をしっかり読んでから見て欲しい


先日地元の写真屋に依頼したマウント(スライド)のデータ化
1週間かかると聞いていたが1週間を待たずして出来上がった

値段も1コマ100円と言われていたが
実際には1コマ50円だった
こりゃ当分フィルムスキャナーいらないな


今回データ化してもらったマウントと言うのは
繰り返すようだが分かりやすく言うとスライドである

一般的に使用されていたフィルムのネガカラーは
そのものずばりネガカラーで
現像された段階では色が反転してる
プリントすると色がちゃんと出る

一方スライドにするフィルムというのはポジカラーとかリバーサルとか言うのだけれど
現像した段階で(スリーブの状態で)ちゃんとした色になってる
だから切り取ってマウントという枠に入れれば即スライドになるし
また色の再現性が非常に高く
簡単に言うと業務用というかお仕事用というかプロ用なのである

ただし補正が利かない為
撮影時点で失敗してればその失敗がそのまま写真に現れてしまう
またフィルム自体の値段がお高い上にプリントしようと思うとこれまたお高い


ここまでの説明は合っているかな?
如何せん不真面目極まりない無気力学生だった俺が10年前の記憶で書いてるから
随分間違ってそうな気もする


学生の頃の俺はこのポジカラーを好んで使っていた
まさに「豚に真珠 猫に小判」を地でいっていた感じだな

でも色が出た時の感動はなかなかのものだったし
ネガカラーは嫌いなので
今後F3HPで写真撮る時は性懲りも無くちょくちょくポジを使うと思う
多分四国ん時も使うと思う

ネガカラーは何が嫌いって
現像する人の感覚で勝手に補正されるから嫌い
良化していようと悪化していようと
どっちも嫌
色が悪い時に釈然としなくなってしまうからね

デジタルはそう言う事がないのでよっぽど好きだけどね
カメラが勝手に補正していやがる気はするけど


さて
上記にあるように補正が利かないポジカラーフィルムだが
それはプリントした場合の話で
スキャナーで取り込むとまた話が変わってくるようだ

俺は今まで使った事無かったのでちょっと調べてみたんだけど
メーカーによって随分色目が違ってくるらしい
結局一番いいのは高い金出してプリントしてもらうってことかな


なんでこんな大方の人がピンとこない様な事を長々書いたかと言うと

今回データ化した写真の内

山の写真の色が軒並み悪いんだー!
特に空が酷いんだー!!
こんなんじゃなかったはずなんだー!!!

まあ半分言い訳だけどね
公開するにあたってのね

さっきから「こうかい」を変換するともれなく「後悔」が先に出てくるんだよね
何か暗示しているのかな?


さて後悔するぞ だから違うって 公開するぞ
今回はプロフィールにある写真

yamanogankomono.jpg

本当の色はもっと良いからね!

ところでこの写真
絞りを相当大きくしてるね 山なんかボケまくりだよ

ちなみにこの写真はちょっと加工してある
まずホコリが大量に取り込まれてたから消した
少しぐらい掃除してくれてもいいじゃないかフジカラーさん
(店からフジカラーに発注するのよ)

あと色が酷過ぎたので少し補正かけた
そしたら手前が明るくなり過ぎた
馴れない事するから・・・
空だって大して良い色になってないし・・・


撮影場所は燕岳(つばくろだけ)っていう高く険しい山
標高2800m弱

21歳の時
大腸のポリープを切除する手術を受けた父に
「俺もいつ死ぬか分からんで思い出作っとけ」
と脅されて強制連行された山
に行く途中の山

燕岳登った後稜線伝いに大天井って山登って
結局10時間ぐらい登り続けた気がする
しかも夜行列車で眠れなくてねぇ
徹夜した上での10時間登山よ
辛かったわぁ


ちなみに父は御存命です
歳の割には元気な方かと


フォトショップ使える様になりたいなぁ




















スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/07/10(金) 20:35:36|
  2. 番外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<学生時代の写真公開・二恥目 | ホーム | 四国のガイドブック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://30glon.blog122.fc2.com/tb.php/298-e7806e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。