下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の悔しさをぶつける乗鞍一泊ツーリング・その壱 概要編

どうも
自称晴れ男の俺です
筋肉痛です

夏の間XL250Sちゃんとどこにも行けなかった悔しさをぶつける為に
まだ怪我が癒え切っていないにも関わらず乗鞍へ・・・

乗鞍良かった
とても良かった
ただ全般的にのんびりし過ぎて時間が足りなかった
お金が足りてればもう一泊しても暇じゃない程度に楽しめたんだろうな


下の写真は今回の自己満1等賞写真 
乗鞍高原の一の瀬園地にあるあざみ池にて



白川郷の時の自己満1等賞写真と同じ様な感じだな
俺きっとこういうの好きなんだな


しかしいざブログとなると写真撮り過ぎたし書きたい事も多いし
どう載せれば見る人も書く人もしんどくないかと考えると既にしんどい

一気には無理なので数日に分けようかと思う
取り敢えず今回は旅の概要を

概要は「続きを読む」にて
写真何枚かあります
例によってサムネイルです

さて概要
予定では出発は朝6時頃の予定だったが財布の中身が酷かったので
朝9時に出発してまず銀行へ
その後大好きな国道19号をひた走り藪原ってとこから長野県道26号に入り
良い感じの田舎風景を堪能しつつ上高地乗鞍スーパー林道に入る
ちなみに林道と行っても舗装はされてる
景色は良い

nori1.jpg

nori2.jpg

なかなかスケールの大きな風景を観賞しつつ乗鞍高原到着
事前のリサーチでは6時間かかると聞いていたが4時間半で着いた

nori3.jpg

乗鞍高原ではこんな景色の良い道を走れるのだ


観光センターで宿を紹介してもらった後
チェックインまでの空いた時間でふらふら走って適当に写真撮って
蕎麦食ってガソリン入れて(山の中なのに高くない!1リットル168円!)
滝(写真は後日)を見に行ったりなんかしてペンションにチェックイン

詳細は後日書くとして
取り敢えず素晴らしいペンションであったことだけ書いておく
オーナーさん本当に有り難うございました
カムスさんね 皆さん
飯も美味いし風呂も良いよ
何よりオーナーさんの人柄が良いよ

荷物を置いた後再び写真撮りにふらふら
一の瀬園地やらなんやらかんやら
夕焼けを狙ったが空腹と寒さで意気消沈
夕焼けを見ずにペンションに戻る

写真とかは後日じっくりと


二日目
のんびりし過ぎて乗鞍登山への出発が午前10時
山の師匠(父)が「この時期の山の写真は午前中が勝負 昼にはガスが出る」
という素晴らしいアドバイスをくれていた事をすっかり忘れていた

それでも登山口到着後からしばらくは空の具合はそこそこ
やっぱり昼までだったけどね
山頂に着いたのがちょうど昼だったのが残念だったけど・・・

まあ山の事は後日じっくりね


下山後帰路につくも予定より大幅な遅れ
開き直って遠回りしようと「あぁ野麦峠」のあの野麦峠を走ってみた
写真全然撮ってないのでちょっと書いとくけど
野麦峠は寂しい山の中
うら若きお嬢さん達がこんなとこ歩いたのかと思うと可哀想になってくる様な山の中
ちなみに一枚だけ撮った野麦峠の旧道はこんな感じ

nomugi.jpg

もちろん旧道は歩いてしか通れません 史跡です

ちなみに野麦峠はなかなか走ってて楽しく
ペンションでバリバリ伝説を読んだ俺はひたすらコーナーリングの練習をしてみた


自分なりにバリバリ走って野麦峠を抜けて王滝ってとこを抜けて国道19号へ
もうすっかり真っ暗
シールドに付着した虫の死骸で対向車のヘッドライトが乱反射するし
更に追い討ちをかける様に国道19号の木曽の辺は街頭が少なくて道が暗いので
とにかく前がよく見えなかった
更には疲れてぼーっとするやら流れ悪くて眠くなるやら
正直身の危険を感じた

岐阜県中津川市に入ってからは街頭が増えるので随分気楽になる
気楽ついでにガソリン入れたらバカ高かった
1リットル183円
高い!でもこれが旅の醍醐味

ちなみに帰りは遠回りした割に行きと同じく所要時間4時間半だった


総走行距離約400キロ
燃費約27キロ
ポンコツXL250Sちゃん不具合無し


以上旅の概要でした
スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/18(木) 13:10:47|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の悔しさをぶつける乗鞍一泊ツーリング・その弐 乗鞍高原フラフラ編 | ホーム | いざ乗鞍>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://30glon.blog122.fc2.com/tb.php/191-65f1982f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。