下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

敦賀の方で海水浴

地元の友人らと
福井県は敦賀の方に海水浴に行ってきた

kaisuiyoku.jpg

真ん中に移ってるのは友人の妻子
右の方に写ってるのは友人やら
その子らやら

俺以外は妻子連れもしくは子連れ

随分寂しい感じだが
ちゃんとタープやらテントやらレジャーシートが写真外にある

人口が寂しいのは
まだ時間が早かったから
それでもピーク時間でもそんなに混雑しない
それが魅力


ここは
混雑する事無く
ゴミも無く
水も奇麗で
本当に素晴らしい海水浴場


今日は曇りがちでありながら
たまに薄ら日が射す感じで
かんかん照りではなかったので中々過ごしやすかったのだが
しっかり焼けた



オマケ
波打ち際を漂うメタボっ腹

kaisuiyoku2.jpg

こだわった点は乳首にもボカシ入れたところ

これは波打ち際だが
ここらは塩が濃いので
もちろん沖に出てもこんな感じで浮く事が出来るので
沖まで泳いで疲れたら昼寝なんて事も
しようと思えば出来ない事は無い

ただ
しばらく浮かんでるとそこそこ流されるので
昼寝出来る程には落ち着かない

ちなみに今日は
一杯目のビール飲んだ後
真面目に沖にある浮きまで泳いで
途中で気持ち悪くなり
浮いて休憩した

まぁ
俺はここに行ったら大体泳いで浮いて潜って浮いての繰り返し


しかし
こうして見るとすんごいバイク焼けだな
夏に長袖着てバイクに乗るなんて
その方が良いのは分かってるけど
俺には出来ない話













スポンサーサイト

テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/31(土) 19:00:27|
  2. 番外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・大鹿村行った時に撮ったリバーサル

昨日に続いて大鹿村行った時に撮ったリバーサルフィルムの写真

先日紹介した
中央構造線の安康露頭が見れる河原にて

ohshikariv2.jpg

地層のごっつんこより
俺はこういうのの方が心惹かれる


でも本当は
自然豊な中にも
微妙な生活感が匂う光景が好きなのだが
今回はそういうのが撮れなかった
スッキリしない

今思うと
大鹿村でもそういうの撮れたはずなんじゃないかという気がするので
増々スッキリしない


大鹿村再訪の大義名分は立ったな
うんうんいずれまた行こう
なるべく近い内に

でも今度行くなら一泊で行きたい
塩水の温泉に入ってみたいし
古民家泊できる民宿の類似宿みたいなのもあるし
じっくり写真撮るにはちょっと遠過ぎた気がするし

何しろ母の為のシャワー用車椅子を購入した事で
一泊程度なら随分気楽に出来る様になったしね


なかなか気持ち良く就職活動する気になれないねぇ













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/29(木) 14:50:57|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

大鹿村行った時に撮ったリバーサル

今日は職安とバイク屋に行ってきて
バイク屋では店オリジナルのXL250S用キャリアを購入
いずれ自慢げに写真載せる



足助と大鹿村で撮ったリバーサルフィルムの現像が上がった

確かに足助で迷子した時の写真も有ったはずなんだけど
無かった事になった
俺のオートメモリーオフ機能が作動した


大鹿村に行った時に撮ったリバーサル写真
途中の遠山郷で休憩中に撮った


ohshikariv1.jpg

形が奇麗でねぇ
他に撮るものも無かったから取り敢えずで撮った

もうちょっと広角のレンズで撮ってれば構図の選択もあったんだろうけど
この時は135mmの望遠だったので構図が限られてしまった

レンズ換えれば済む話なんだけどね
暑いとレンズ換えるのすら嫌になる













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/28(水) 20:49:09|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塩を求めて大鹿村へ 後

今回何で大鹿村に行ったかって言うと
タイトルにも有る様に
塩を買いたかったのだよ
山塩を

ohshika7.jpg

50gで525円
高っ!

しかも俺料理全くやらんし

でもこの塩
魅力的なんだなー
山の中で採れる塩
しかし岩塩ではない

湧いてんだよ
山深い里で
塩水が

いまいち理由が分からんのだとよ
未だに

ほらもうこんだけで魅力的じゃんよぉ



塩の事はいいとして
昨日の続き

[塩を求めて大鹿村へ 後]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/27(火) 20:54:01|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

塩を求めて大鹿村へ 前

ちょっと遠出したいなと思ったので
長野県の大鹿村に行ってきた

ohshika1.jpg

すんごい適当だけど
矢印の様なルートで
地図上から外れている赤線の辺りは岐阜県

走行距離は385km

往路は岐阜県多治見市やら土岐市やらで出勤時間と重なって
ちょっとペース落ちて4時間半
復路はスムーズに4時間
ウロウロしたり写真撮ったり飯食ったりで2時間
合計10時間半

涼しい内に出掛けて
さっさと山の中に入ったから
一睡もせずに行った割には疲労感は薄い

ツーリングとしては最高だった
楽しい道ばかりだった

でも写真撮るには
俺の好みとしてはいまいち
だからリバーサルフィルムに関しては先日の半端分消化しただけ



GRDで撮った写真やら
ツーリング内容は
続きにて
ちょっと珍しいものの写真を撮ったよ

[塩を求めて大鹿村へ 前]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/26(月) 21:23:40|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の7月21日はクソだった

7月21日に買ったtotoBIGの結果により
7月21日は普通の日であると認定された

2年連続交通事故で期待してしまっていたのだが
何て事は無かった

totoBIG
ネットで買わずにコンビニ行って買えば良かったんだろうか

何だろうこのモヤモヤ感
1等当った人に「それ本当は俺のだから」って言いたい気分


さて
それではそろそろ本腰入れて職探しすっか

明日は早速ツーリング予定だけど

フィルムの半端分消化せにゃならんし













  1. 2010/07/25(日) 23:20:47|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美味なる食感との出会いの不幸

先日
父の友人から半生(人生の半分じゃない はんなま)の素麺をもらった
半生であり
そして本当の手延べの素麺

これがまぁ大変美味い


明らかなモチモチ感
ビックリするぐらい滑らかな舌触り
爽快そのものの喉ごし

擬音だと
ムチムチプリプリツルンツルンという感じ

そう
理想的な肌とか皮膚感とか肉感を思わせる食感

無理矢理ちょいエロに持って行こうとしているのではなく
本当にそういう感じ


元々素麺は好きで
安物でも満足だったんだけど
こんな美味い素麺を食ってしまったばっかりに
普通の素麺が不味くて食えなくなってしまった

美味しい素麺を食えた幸せより
普通の素麺を不味いと感じてしまう様になった不幸の方が
遥かに大きく
俺は今落ち込んでいる



まぁ俺の味覚なんぞ
一週間もすれば元に戻ると思うけど













  1. 2010/07/24(土) 17:26:19|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足助の辺りで迷子してみた

今日は定休日で晴天だったので
そりゃもちろん出掛けた
プチツーリング


昼過ぎのクソ暑い頃に出発し
宛てがなかったので
取り敢えず愛知県は豊田市の足助方面に向かい
その後辺鄙な道に入り
そっからまた辺鄙な道に入り
その後またまた辺鄙な道に入り
そこそこ迷子を楽しんだ後
いつの間にか迷子前に走ってた国道に出たところでガス欠になったので
給油の為に足助の中心地に行き
給油後
また辺鄙な道に入り
そっからは大して迷子にならずに帰宅

いやしかし暑かった

でもね
やっぱりバイクは良いね
どんなに暑くても
走ってさえいれば快適そのもの

特に山の中
林間の道を走るのは非常に心地良い
木漏れ日と木陰の波状攻撃による目眩ましには参るけど


あとあれね
信号待ちやら一服やら立ち小便やらで一旦停まった後の
あの出だしの気持ちよさ
たまらんち


そう言う事なので
全然写真撮ってない
もう写真撮るのが阿呆臭くて・・・


取り敢えず1枚だけ

askkkk1.jpg

古い山村名物の石仏ね

もっといっぱいあったけど
何しろ暑かったから


リバーサルフィルムももちろん
1本消化し切れず終い

夏場に半端で残すのは恐いけど
仕方ない
暑さを忘れる程のものに出くわさなかったんだから


走行距離155km
時間4時間程

ほら
少ししか写真撮ってないから時間の割には距離稼いでる
いつもと比べると













テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/22(木) 17:49:03|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺も歩けば何かに当たる日 今日はそんな日

ゴキブリにバスマジックリンは効くね


昨日の夜の話なのだが

俺は
対ゴキブリ戦では殺虫剤の類いを決して使わず
新聞を丸めて白兵戦を挑むのがこだわりなのだが
昨日
風呂掃除をしている最中に戦いを挑まれたので
やむを得ずバスマジックリンを発射した

最近のゴキブリはスタートダッシュをせずに
様子を見ながらゆっくり歩いている傾向があるので
余裕でかかるだろうと思ったら寸前でダッシュしやがって
少ししかかからなかった


その少しで悶絶し始め
悶絶しているところに正面からしっかりぶっかけてやったら
さすがに昇天しやがった

ゴキブリがすぐ死ぬ程の殺傷能力を持つバスマジックリン
素手で使うのはマズいのかも知れない





そんな事より

懐かしの2008.07.21
懐かしの2009.07.21

今日は
去年一昨年と2年連続で事故った日と言うメモリアルな日なのだが
今日という日が俺の定休日と被っていない為
もちろん普通に母と1日過ごした


去年の7月21日は
2010年の7月21日に何が起こるんだろうとワクワクしていたのだが・・・


地震も来そうにないし
家を出てないから良い脚にも遭遇しないし
そりゃ家を出てないんだから死亡も重体も重症も軽症も無く

昨日の予想でいくと
5と7と10の線ぐらいしか残ってない













  1. 2010/07/21(水) 22:50:46|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏限定オイル

今日は父が一日中家に居る事が確定してたので
母を任せて職安に行ってきた

求人はいくらでも有る
選ばなければ就職難なんて言葉生まれなさそうなぐらい有る
でもそりゃ選ぶよな

俺は母の介護に来す支障を最小限に抑えれる様な勤務時間帯の仕事を探してるのだが
滅多に無いな



職安に行った後
最近1号さんのギアの入りが悪かったので
オイル交換に行った

前替えた時の走行距離がどれくらいだったか忘れてしまったのだが
多分1500kmか2500kmでの交換になるな

夏以外に自分で入れるオイルは安物だから1000kmで替えるけど
熱ダレに強いオイルはお高いから
3000kmぐらいまでは粘りたかったんだけど
仕方ない
熱ダレっぽくなってたんだから


熱ダレに強いオイルは自分ではストックしてないのでバイク屋でやってもらう訳だが
良いね
たった300円の工賃を上乗せすれば
涼しいとこでジュース飲んで待ってる間に
オイルが入れ替わるんだもんね

クソ暑い中
汗かきながら自分でやる事を思えば
300円なんて安いもの


ちなみにいつも夏オイルとして入れてもらってたのはワコーズのなんちゃらというオイルなのだが
今回はベルレイのオイルで
ワコーズのいつものオイルよりちょっと安めの
しかし熱ダレにはより一層強い
と言うか
夏しか使えなさそうな熱ダレ対応に特化した様なオイル


バイク乗ってて自分でオイル交換とかする人間にしか分からん話かも知れんが
俺がペール缶で買ったオイルはホンダ純正のオイルで
粘度が10w-40のオイル

粘度は数字が小さい程サラサラで寒さに強く
数字が大きい程ネバネバになり熱に強くなる
という感じらしい

10w-40と言うのは
寒い時は粘度が10で暑い時は40になるよんって事
つまり冬でもOKで夏でも結構OKな粘度と言う事

一般的なのは10w-40とかなんでないかね
粘度10未満は多分特殊な部類ではなかろうか
よく知らんけど


んで今回のオイルの粘度は
「60w」
表記が「60w」のみ
ほら
寒さは無視
まさに夏限定オイル



忘れても良い様にメモメモ
今回の交換時点での走行距離は17950km

そうか
去年6月にメーター換えてから11000km走ったのか
通勤で使ってないのに1年で1万kmか
遊んでるな

1号さん買ってからだと
メーター不具合で不明な時期があるけど
2年半で25000km弱ってとこか

今のところ移植手術を要したのは
消耗品以外では自然死したキャブとスイッチボックスとメーター程度

丈夫だな





さあ明日は何が起こるかなー













  1. 2010/07/20(火) 20:45:32|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺も歩けば何かに当る 明日はそんな日

明日は7月21日
2年連続で事故に遭った日
一昨年はバイクに乗ってて車に轢かれ
去年は車に乗ってて自爆事故

どっちも最終的には四国旅の旅費の予算増に繋がったし
一昨年の事故でバイク奇麗になったし
去年の自爆事故で車が廃車になったから車検代やら保険やらの出費が無くなって失業生活が楽になったし
まんざらでもない感じだったね

だから悪い日って感じはしないね
むしろ良い日の様な気がする
自爆事故で廃車になった車は可哀想だったし
一昨年の事故に関しては若干の後遺症も残ってるけど
それ以上に良い事の方が多かった気がするな



ガードレールと来て
明日は何に当るのか
取り敢えずは期待を込めてtotoBIGを買うつもり
6億円とぶつかりたいねぇ


さあ皆
明日が俺にとってどんな日か予想しよう

候補としては(困る順で)
1.死亡
2.重体
3.重傷
4.軽傷
5.何も無さ過ぎ
6.東海地震
7.買ったtotoBIGが実は2等当選の運命
8.良い脚を目撃する
9.何かしら結構サプライズな大きめの良い話が舞い込む
10.買ったtotoBIGが予想通り1等当選の運命

楽しみだねぇ


念の為に家で大人しくしようか
何かに対して挑発するかの様に一日中バイクで走り回ろうか
単にいつも通りダラダラしようか
迷うね
totoBIGは確実に買うけどね













  1. 2010/07/20(火) 06:16:20|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日
友人宅のバーベキューに誘ってもらったのだが
寝不足と暑さに負けて
全然食えなかった

基本暴食仕様の俺なので
友人夫妻は随分と拍子抜けした様で・・・


寝不足
昼に起床する日々で寝不足というのも凄い話だが
最近夜中の母のお世話のお時間が
明け方になる事が多く
これじゃあ日付変わる前にとっとと寝て
明け方起きて一仕事すれば良いんじゃないかとも思うけど
必ずしもその様なサイクルで固定される訳でもないので
そうなると予想外に早い時間に母が起きてしまって
何時間も放置プレーにしてしまうのは耐えられない話なので
結局朝方まで起き続けてしまい
昼に起きても寝不足という非常識なサイクルになる


暑さ
元々暑いのは苦手で
海水浴に行けば大抵暑さにやられて
頭が痛くなったり倦怠感に襲われたりするのだが
どうやら原因が分かってきた

なるべく日陰に入って予防するという高等テクニックを持っていないんだな
常に日向にいようとしてしまう
しかも夏は常に坊主で直射日光を地肌で受けまくり
これだ
熱中症に近いところに居るんだ
いつも

バイクはヘルメット被るからまだマシなんだろうな
暑いのはもちろん暑いんだけど
直射日光で頭が茹で上がる事は無い


近々地元の友人らと海水浴だから
麦わら帽子でも買っておこうかな




さあ取り敢えず
本日の定休日は寝不足分回収の為
とことん昼寝~
どうせ世間も祝日だし
出掛けるの阿呆臭いし

俺の定休日と祝日が被ると
何だか損した気分になる
せっかく世間の大半が仕事してる平日に遊べる優越感を楽しんでるのに
優越感が潰される

スキップしてる最中に石につまずいた様な気分













  1. 2010/07/19(月) 13:12:42|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ちん

今日は俺の定休日だったが
天気が怪しかったので車で職安に行った
そしたら駐車場の順番待ちがなかなかのものだったし
意外と天気が良かったので
帰ってバイクに乗り換え
適当にウロウロしてきた

ほら俺ってやっぱり晴れ男でしょ?って書きたいが為に



もちろん宛ては無かったので
いつも出掛ける時に使う道の気になってたとこをウロウロ

小さな土俗信仰の延長線上っぽい神社に行ったら
こんなん出ましたー

chin.jpg

素晴らしいセンス



看板に書いてあったこちらの神社の由緒を
多少下世話な表現を用いつつかいつまんで紹介したいと思う

昔話って裏側を想像すると
たまらなく面白い

歴史好きな人は読んでみてみ


大昔この辺りに
男前な兄と
でら別嬪な妹が住んでいた

それぞれ結婚適齢期が近付いた頃
兄は「せめて妹ぐらいの別嬪でなけらな嫌だぎゃ」と言いつつ嫁探しをし
妹は「うちも兄さんぐらいの男前でなけらな嫌だて」と言いつつ婿探しをした

それぞれ東西に向かって旅立ち
長い旅の果てに
兄は妹並みの別嬪さんを発見し
妹は兄並みの男前を発見し
目標達成と思って大興奮でセックスをした

そしたら何と!
実は兄の相手は妹で
もちろん妹の相手は兄だった

その事に気付いた二人は
余りに悲しい運命を嘆き続けたという・・・



俺は思った
普通気付くだろ
実はそういう困った性癖の兄妹なんだろう

「いけない事をしてる感じに増々興奮するんです」ってやかましいわ



ちょっと真面目に推測する

古代日本においては
驚く事に同父異母兄妹結婚は決して禁忌ではなかったらしく
それは古代史に関する記録の中では数多く見られる事らしい(つまり少なくとも権力者の家では有った事)

更に
もう本当にビックリなんだけど
確証は無いものの
同父同母兄妹結婚(つまり完全なる実の兄と妹の結婚)と思われる婚姻関係も
古代日本にあったりするらしい
古代エジプトのファラオみたいだ
(日本の例は、厳密には正式な婚姻関係というよりも事実婚みたいな感じらしいけど)

こういう事はお互いが求め合ってってのもそりゃあったかも知れないけど
そういう事より
尊貴な血を薄めない為とか権力の集中化とか
その親の代での不可思議な妄想から来る都合によりなされる事が多かったと考えられる

上記の事を踏まえて想像を膨らますと
神社の由緒の兄妹
まるで本能のままに求め合ってやっちゃって悲嘆に暮れたみたいな感じだけど
実はこうかも知れない

父「おみゃあらはよぉ、どえりゃあ美形だでよぉ、他の家の不細工の血が混じるとかんでよぉ、まーちゃっちゃっと結婚せるだわ。それにおみゃあらで結婚すりゃあよぉ、俺の財産にどこの馬の骨とも知れん奴が手を触れる事も無くなるんだでよぉ、俺としては安心だぎゃ」」

兄「とろくせぇ事言っとってあかすか。いくらなんでも妹となんか結婚できせんてぇ。勘弁しやあせ」

妹「本当だて。わやこいとったらかんて」

そこで父が一計
妹を他家で預かってもらい
何も知らない兄に夜這いに行かせる

「あっこの娘はどえりゃあ別嬪らしいでいっぺん行ってこいて」
とか何とか言って

夜這いは古代から近代に至るまで
極々常識的な求愛行為だったので
これは違和感無い
(補足:さすがに近代でも行われていたのはかなり田舎の方の話)

んで
何も知らない兄は妹とは知らずに寝込みを襲い
相手が兄とは知らない妹も
夜這い自体はそれが習慣である事は分かっている上に
暗闇の中
少なくとも受け入れがたい程の問題を相手に感じなかったのだろう
すんなり無抵抗でされるがまま

事を済まして朝が来て
互いの顔見て吃驚仰天
望まぬ契りに悲嘆に暮れる


こんな想像も成り立つね
こっちの方がリアルだね



取り敢えず
ここまで考察した結果
ちんこ野郎は神社の由緒には一切関係無いって事がハッキリした













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/15(木) 20:39:43|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地元の友人と定光寺へ

若禿対決は
若禿の数的優位を覆した
イニエスタに軍配が上がったね
自ら素晴らしい決勝ゴール決めたしね




今日は
ワールドカップの決勝戦が延長に突入した都合で
昼過ぎになってようやく起床し
意外と天気が良かったので
仕事のストレスで参っている友人を誘って
ちょっと近場をふらふら

俺のパワーを駆使して癒してやろうと思ってね


友人の乗り物がちょっとあれだったので
近場も近場
家から10分程の素晴らしきヒーリングスポットである
定光寺に行った
今年だけでも3回目だ

定光寺は建物も良いし
境内の雰囲気も素晴らしいし
何より境内に喫煙所があるので
落ち着いて精神を解放してじっくり話をするには
打ってつけの場所

少しはストレス解消になったんじゃないかしら



ついでに写真もね

建物とかは以前載せたし
今日は境内で見付けた可愛い者共

iij1.jpg

まだまだ新緑の季節は終わってないさ


派手なキノコ

iij2.jpg

マクロ設定にして
スポットオートフォーカスでキノコだけにカーソルを合わせたのに
何故か背景にピントが合っている

何度やり直してもこうだったので
開き直って載せてみた

オートフォーカスは嫌いだ


ついでのついでに
ちょっとあれな友人の乗り物

iij3.jpg

この乗り物
モンキーの三輪と見せかけて
実は中国製のモンキーもどきの三輪

何があれって
最近何かとポンコツぶりを発揮してるから
いつ壊れるか戦々恐々
ホイールにヒビ入ってるし

持ち主は大丈夫と言ってはいるんだけどね
恐くて遠出には誘えない

ピンクのグリップに関してはちゃんとツッコミ入れておいたから
ご安心有れ



定光寺を散策した後
帰路についたのだが
帰路にて俺の晴れ男記録に傷が付いた

悔しい

すっかり自分の晴れ男っぷりを過信していたので
カッパを持参しておらず
ずぶ濡れになってしまった













テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/12(月) 19:42:22|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続々・開田高原で撮ったリバーサル

蕎麦を食い
蕎麦畑を見た後
御岳が奇麗に見える
開田高原に行ったら必ず立ち寄る展望台に行ったのだが
御岳は雲の中だったので
展望台から見える光景としては
個人的には御岳より好きな集落の
写真を撮った

シャッター切ったタイミングがちょっとミラクル

kaidariv4.jpg

集落だけが明るくて
周りの森が暗い
雲の切れ間から
光がピンポイントに差し込んでた

段階露光した中でも
この写真だけが丁度良い位置に光が差し込んでた
光の差し込みが丁度良い位置だった写真が
段階露光した中でも丁度好みの明るさだったこの嬉しさ


風景写真のプロやらハイアマチュアは雲待ちとかするらしいんだけど
俺はプロでもハイアマチュアでもなく
ただの「バイクで出掛けて写真撮るのが好きなちょっと写真の色とか明るさにこだわりたがる素人」なので
そんな傲慢な時間の使い方はしない

風も雲も影の長さも運任せ
そんなもん待つならもう一つ新しい俺のツボを探す方が有意義だと思ってる

だからこそ運良く撮れたこの写真が嬉しい


構図は面白みが無いし
縦位置で写真の方が構図的には良かったし
他人がこの写真を見てどう思うかは知らないけど
俺はこの写真見て興奮した
だからこの写真は良い写真

フォトグラフを直訳すると「光の画」となる
それは決して「光を活かした画」という意味ではないけど
俺はそれを写真に対する憧れの部分として持っている

俺はとても満足している



長々とほざいた後で
ついでに1枚

高くて小さな美味過ぎるソフトクリーム食った後
敢えて迷い込んでみた道で

kaidariv5.jpg

夏の高原らしいかなと













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/11(日) 16:36:53|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・開田高原で撮ったリバーサル 

昨日の写真と言い今日の写真と言い
実際には開田高原の手前の集落なんだけどね


開田高原がどんなとこか書こうと思ってたんだけど
すっかり更新忘れてて
しかも今出掛ける前に急いで書いているので
写真だけ

暇な生活なのに
何故敢えて出掛ける前に急いで更新しているのか
いまいち分からんけどね
自分でも



開田高原で撮ったリバーサルフィルムの写真
今日は夏らしい感じで

山間の良い田

kaidariv2.jpg

一緒に行ったファンタジスタは親御さんが兼業農家なので
田舎に行くと農家目線がちょくちょく出るのだが
この田んぼの稲の植え方に随分と感動していた
奇麗だ奇麗だって
この田んぼの人は凄く几帳面だって



まさに
夏の山村

kaidariv3.jpg

な~つがすーぎ~
な感じでね
少年時代ね
映画の
あんな雰囲気無い?

俺はもう青年だけどね

30代前半は青年で良いよね?
中年じゃないよね?













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/10(土) 21:48:39|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開田高原で撮ったリバーサル

昨日今日と
父の気晴らしの為に遊びに行かせた為
寝不足分が回収出来てない

しかし母と二人で丸一日過ごすのは
それはそれで良いものだ

更に
ちょっと前に注文した母専用入浴用車椅子が届いたので
ちょっとテンション上がった
これで二人掛かりで風呂まで運ぶ日々ともオサラバよ



開田高原で撮ったリバーサルフィルムの写真

石の家の石仏

kaidariv1.jpg

がっつりトリミング

石仏自体が完全に影の中に居るので
撮りづらかった
やっぱりGRDで撮った前々々回の石仏集団の方をリバーサルで撮るべきだった

試しにあの写真を
フォトショップでライティングやら色相やらの補正をかけてそれっぽくしたら
そりゃもう俺好みになった


でも補正した写真なんか載せない













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/09(金) 21:27:38|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土岐市南端のどこかに行った時のリバーサル

ドイツの良さを潰した巧さ
ドイツの勢いを止めた勝負強さ
スペイン強いんだね
真面目に立てた予想が外れて
不真面目に立てた予想が当たりつつある

ドイツの水族館で飼育されているタコのパウル君はしっかり的中させたのに



相変わらず俺の定休日は天気に恵まれているが
今日はどこにも行っていない
開田高原に行った時の寝不足が回収出来てないから眠くて眠くて

まぁ最近出掛け過ぎて写真がごちゃごちゃしてきたし
ちょっと休憩



今日は土岐市南端のどこかに行った時に撮ったリバーサルフィルムの写真

何これー

dkkriv1.jpg

黄色いのも苔




dkkriv2.jpg

葉っぱのピントの合わせやすさは
苔とは比べ物にならない程だから好きだ


フィルムの最後の1枚で撮った
苔と苔と葉と蔓とコンクリート

dkkriv3.jpg

段階露光無しの一発勝負だったので
確実にいこうと思って一段暗くしたのに
まだ明るい

それにしてもおかしな色になってんな














  1. 2010/07/08(木) 15:13:45|
  2. 岐阜でも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開田高原に行った 後半

オランダ対ウルグアイ戦
今大会のベストゲームでないかしら
とにかく面白かった

ただ
勝ったオランダだけど
先制点から途中追いつかれつつの2点目までの間は悪い流れだった
オランダが悪かったと言うよりウルグアイが素晴らしかったと言うべきかも知れないけど

でも悪い流れの中で点獲れるってのは
強さだな
そして貫禄だな
悪い流れを断ち切った2点目は貫禄ヘアのスナイデルで
勝利を決めた3点目はもっと貫禄ヘアのロッベンだもの

ウルグアイは本当に良いチームだったけど
ロン毛が多過ぎたな
貫禄に欠けた





開田高原の事
後半
木曽駒の事

本当は木曽馬が正しいみたいだけど
俺は木曽駒と言いたいから
木曽駒で通す
何となく

木曽駒は日本の在来種の馬で
サラブレッドなんかとは随分違うルックス
開田高原にある木曽馬の里に行けば
無料で嫌気がさすまで何時間でも見る事が出来る

厩舎で馬草を食む木曽駒

kaida8.jpg

可愛いんだから!

残念ながら放牧はしてなかった
時間が遅過ぎたかな


俺は競馬には興味無いし
サラブレッドを特別美しいとも思わんけど
木曽駒の愛嬌ある姿は好き


木曽駒の他の写真や
ずぶの素人の木曽駒に関する聞きかじりの蘊蓄は
続きにて

馬好きの人が見て楽しい
馬の姿がまるまる写ってる写真は
無い

[開田高原に行った 後半]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/07(水) 05:57:02|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開田高原に行った 前半

相変わらず俺の休みの日は天気が良い
と言う事で
昨日は
久し振りにファンタジスタとツーリング
ファンタジスタのリクエストで開田高原へ


開田高原はゲップが出るぐらい何度も何度も行っている
最後に行ったのは2年前の夏

2年前の7月21日に車に轢かれた時に壊れたXL250Sの入院中に
1年前の7月21日に自損事故で廃車になったMPVで行ったんだ

あらやだもうすぐ7月21日だね
今年はtotoBIGの一等でも当るのかね


と言う事で
開田高原にバイクで行くのは今回が初だったんだけど
喜び給え
今回はバイクで行った事による新鮮味に混乱して
結構こまめに写真撮ったから
余計な事書かずに写真と一言で済ます事にするよ


まず1枚目
開田に入る前の集落にて

kaida1.jpg

開田の辺りは
道祖神とか馬頭観音とか
そういった石仏の類いが多い
非常に多い
全部撮ってたらそれだけで一日潰れるんじゃないかってぐらい
多い

ビックリすんぞ


ここの写真
GRDでしか撮ってないんだけど
リバーサルでも撮っときゃ良かったなぁ



今回こまめに撮っただけに枚数多いから
2回に分ける

今回のその他の写真は
続きにて

何となく
開田高原の魅力の紹介の様な
それ程でもない様な

[開田高原に行った 前半]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/06(火) 11:06:49|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

若禿ワールドカップ

決勝トーナメントの全ての試合を生中継で観れるという有り難さ


相変わらずサッカーばかりで
ドイツ対アルゼンチン戦とスペイン対パラグアイ戦に関する感想文を書きそうになったんだけど
ワールドカップ始まるまでサッカーの事を書いた事無いのに
最近になってサッカーの事ばかり書いてると
妙に興奮してるにわかサッカーファンみたいな感じで嫌だなと思ったので
もう書くのやめた


ただこれだけは言っておく
スペインの決勝ゴールの起点になったのは
貫禄ある髪型の26歳
イニエスタであると言う事を

今大会はメッシの為の大会になるなんて言われてたけど
違った
若禿様の大会である

だから決勝戦の組み合わせの
俺の予想は
オランダ対スペイン
スコアは2対1
オランダの勝ち!
何故かって?
オランダには貫禄ある頭の若い選手が
スナイデルとロッベンの二人いて
スペインにはイニエスタしかいないから


本当はドイツが優勝すると思ってるけどね
決勝トーナメント入ってから強豪2連戦を余裕で勝ってるし
勢いに乗りまくってるし
あの必殺カウンターは強烈だし
安定してフィニッシュまで持ち込めるパターンを持ってるのは強みだし

贔屓のイングランドが敗れた試合以降
ドイツにメロメロ

イングランドがドイツに負けたのは
今になって思うと
強さとセンスと若禿を持ち合わせた若き天才ルーニーの不調が原因だった
間違いない

そしてアルゼンチンが負けたのは
優秀なる若禿様のカンビアッソをマラドーナが毛嫌いして代表に選ばなかったからだ
若禿様を毛嫌い・・・
何て皮肉な言葉だ
日本語の奇跡だ


結構書いたな
でも以後もワールドカップ期間中は
若禿を中心にサッカーの事書こ













  1. 2010/07/04(日) 15:19:01|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強いブラジル 大人なオランダ

ブラジル対オランダ
次元の高い試合がようやく観れて幸せだった
途中までは

リードしてる時のブラジルはやっぱり強かったけど
同点にされてからのブラジルはそんなにでもなかったね

精神的な強さが必要なワールドカップ
本気度が増して当りも激しくなる決勝トーナメントの強豪同士の試合
とても強いチームだったブラジルが
少し大人な集団だったオランダに負けたのも
内容を見れば妥当な感じ

今回もスロバキア戦同様
オランダの貫禄勝ちなのかねぇ
髪型の

実際
スナイデル点決めた後おでこをペチペチしてたし

次の相手のウルグアイは平均的に髪薄くない印象だから
多分オランダは決勝まで駒を進めるな

反対のブロック見ても
アルゼンチン・ドイツ・スペイン・パラグアイはどこも全体的にフサフサしてるし
どうやら優勝はオランダに決まったも同然だな

マラドーナは実力有る若禿様のカンビアッソを代表に選ばなかった事を後悔する事になるかも知れない
カンビアッソだったら一人でスナイデルとロッベンの貫禄を跳ね返せたかも知れないのに・・・



しかし
過去のオランダは集中力が続かなくて結果を残せてなかった感じだったのに
その過去のオランダのお株を奪うかの様なブラジルの自滅っぷりは
日本と対戦した時のカメルーンを遥かに凌ぐ自滅っぷりだったね

あのブラジルになら日本でも勝てそうだ



今日は載せる写真無いから












  1. 2010/07/03(土) 17:03:50|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土岐市南端のどこか

最近職安行っても真面目に職探ししてない
変わった仕事探してる

俺が探してる仕事は母の介護に差し障りのない仕事なので
あくまでも近場の勤務地と都合の良い勤務時間帯を優先で探さなければならないのに

今のところの俺の中でのヒット求人
「社長募集」



昨日の事

一昨日から昨日の天気が期待出来るのは分かってたので
昼から出掛けるつもりでは有ったのだが
深夜というか未明の一仕事が明け方にずれ込み
寝るのも遅くなったにも関わらず
暑さで午前中に目が覚めてしまい
二度寝はするまいと心に決めたのに二度寝してしまい
何と14時半にようやく出発

三脚をシートに固定し
重いカメラバッグを背負い出発し
10分後にフィルム忘れた事に気付いて愕然とした

でも戻るのは嫌だったので写真屋を探し
タイムロス
結構すぐ見付かったけど

その後気を撮り直して再出発
しかし宛てはない
取り敢えず最近毎度走ってる国道363号に入り
旧小原村に行く時にいつも気になっていた道に進入
途中舗装林道を発見したので
宛てもなかったので取り敢えず入ってみた

舗装林道
途中から未舗装林道

dkk1.jpg

何も無かった

取り敢えず苔の写真ばかりでフィルム1本消化した

F3はマニュアルフォーカスなので
苔を撮る時はピントが合わせづらいから疲れる
苔の写真撮る時だけはオートフォーカスのカメラが欲しくなる

いやGRはもちろんオートフォーカスだけど
銀塩カメラの話ね


フィルム1本消化した後
雨は降ってなかったけど雷が鳴っていたので
来た道とは違う道があったので
その道でそそくさと里へ降りたら
意外と国道363号に出たので
そのまま帰った

時間も距離も不明
多分2時間半程

もちろん
特別楽しくはなかった













テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/02(金) 21:03:14|
  2. 岐阜でも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知の宝・旧小原村で迷子満喫した日に撮ったリバーサル 帰りしなの集落

今日もそこそこ良い天気だったな
梅雨入りしてからと言うもの
俺の定休日が雨であった事が無い愛知県

梅雨以外の時は結構俺の定休日に雨降る率高かったのに

そらムキになって出掛けるわ

って事で今日もちょっとだけ出掛けたのだが
旧小原村で迷子を満喫した日に撮った写真があと一回分だけあるので
切り良くそちらを



旧小原村で迷子を満喫した日に撮ったリバーサルフィルムの写真

今日は帰りしなの
先週月曜日に時間の都合でスルーした集落で撮った写真


呑み込まれる小屋

obrkmigriv6.jpg

山ん中の農村では大抵見る光景


続いて農村の西日の浅漬け

obrkmigriv7.jpg

夕焼けまではまだ時間があった夕刻
本人にしか分からないであろう西日感

日が長くなったもんだ


休耕田
変化に乏しい構図で

obrkmigriv8.jpg

光の具合が好きなのだ


はっは~ん
さては西日の時は影の写真を撮ればいかにもそれっぽい意味深風の写真が撮れるんだな
今ようやく気付いた
その手の写真1枚も撮ってないわ

気が向いたらその内やってみよう













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/01(木) 17:40:47|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。