下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛知の宝・旧小原村で迷子満喫した日に撮ったリバーサル どこかの田園 後半

良い試合だったね

決定力不足は今に始まった事ではないから置いといて
良いカウンターが何度かあったし
日本のディフェンスは観てて楽しかったから
もっと観たかったけど
仕方ないね

PK外した駒野が悪い訳でも
1本も止めなかった川島が悪い訳でもない
彼らも120分間無失点の堅守の立役者の一人


改めて
結局4試合でトータル2失点
流れの中ではオランダのスナイデルに入れられた1点だけ
これは凄い話だ


8年前もベスト16だったけど
グループリーグは組み合わせに恵まれていた
でも今回は全然恵まれてなかった(カメルーンの現実はともかく前評判で考えたらの話)
にも関わらずのベスト16
中身が違う


まぁ
開幕前は期待してなかったのが
まさかのベスト8ぐらいは期待させてもらえたんだから幸せだった

けどやっぱり悔しいな
悪い内容ではなかっただけに

気持ち切り替えてスペイン対ポルトガル観るの大変だった




写真

昨日に続いて
迷子になる前に見付けたどこかの集落の田園

後半は
田と小屋と
ついでに1号さん

obrkmigriv4.jpg

昨日のは順光で今日のは反逆光
随分雰囲気が違って感じるのは
撮った本人だけか


じゃあガラッと雰囲気変えて

obrkmigriv5.jpg

他の写真撮ってる時に邪魔だったから移動させてそのままだった1号さん
色のアクセントとして貢献したな













スポンサーサイト

テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/30(水) 15:19:47|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知の宝・旧小原村で迷子満喫した日に撮ったリバーサル どこかの田園 前半

オランダ代表のロッベンとスナイデル
共に昨日のスロバキア戦でゴールを決めた勝利の立役者
年齢は揃って26歳
そして同じ髪型
と言うか残り方
毛髪の

パンク集団みたいなスロバキアでは
あの貫禄には勝てないはずだ


今朝は無職の特権を活かしてブラジル対チリもちゃんと観た
ブラジルはもうロナウドが代表にいないから興味無いんだけど
チリが観たくて

負けはしたけど
チリのパス回しは凄い
展開が早いのはもちろんだけど
とにかく1本1本のパスが速い
シュートみたい
あれで繋ぐんだから
感心する




今日の写真は
迷子になる前に見付けたと思う
どこかの集落の田園

4枚有るので
2回に分けて

前半は
道と小屋

obrkmigriv2.jpg

こういう道が好きなんだな
夏に歩いてみたくなる
緑にサンドされた日当りの良い狭い道

obrkmigriv3.jpg

実際歩くと日陰が無いから相当不快













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/29(火) 13:47:54|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知の宝・旧小原村で迷子満喫した日に撮ったリバーサル 旧小原村北辺

今日も
俺の定休日に限ってたまたま天気がよろしい愛知県だったのだが
前の記事で書いた様に
昨日の飲み会で飲み過ぎた感じで
二日酔いではなかったけど何をするにも億劫だったので
写真撮りには行かずバイク屋に行っただけの日にした

最近ちょっと写真撮りに行き過ぎてお金が飛び散ってる感もあったし
丁度良い自制



先週木曜日の
旧小原村で迷子を満喫した日に撮ったリバーサルフィルムの写真
現像が上がった

撮ってる最中は
きっと選定作業中の俺を笑顔にしてくれるんだろうなと楽しみにしていたのだけど
全く笑顔にならなかった現実

先日も書いた様に
撮り直しのつもりで撮った写真が気に食わないのはよくある事だけど
そうじゃないのもいまいち自己満に浸れない


愚痴りつつ
北方から旧小原村に進入した直後に撮った
明らかに私有地内に有るのでお参りするのが躊躇われる傾いたお地蔵さん

obrkmigriv1.jpg

俺って地蔵好きだな

しかし
もっと写真が大きくないと
パッと見でお地蔵さんがどこにいるか分からんかね


ちなみにここは
先週登場した田代集落の一部らしい
もう別の集落なんじゃないかと思うぐらい離れてたと言うか
森によって隔絶されている感があったけど

そんな事書いても
俺にしか通じない驚き

まぁ
よく有る事













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/28(月) 21:00:48|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウィンカーリレー

イングランド対ドイツ戦
飲み会で飲み過ぎてしまって
頭痛と闘いながら唸りながらの観戦だった
そう
俺だって闘っていたのさ

イングランド贔屓の俺としてはランパードのゴールに関する誤審は腹立たしかったけど
ドイツのあのカウンターの凄まじさを見せつけられると
ドイツの方が勝利にふさわしいチームだなと
認めざるを得ないね

最近サッカーに疎くなってしまった俺は
エジルなんていうニューカマーの輝きに面食らってしまった


アルゼンチン対メキシコ戦も観たかったのだけど
イングランドの敗退と共に
俺も頭痛に敗退してしまって観れなかった

無職の特権活かし切れず!



本題

最近バッテリーを交換して輝きを取り戻したランプ類
なんだけど
ウィンカーが点灯しっぱなしの点滅せずで
分からんなりに配線でも見ようかなと思ったのだけど
暑いし
バイク屋に駆け込んだ

「暑いからお金で解決しますわ」

貧乏人らしからぬ大言を吐き
見てもらったら
ウィンカーリレーがイカレポンチ

自分で見なくて良かった
自分で見てたら配線ばっかくりくりしながら見て一日終わってしまうとこだった


ウィンカーリレー800円
工賃1200円ぐらい

次からは自分で交換しよう
こういう時は真っ先にリレー疑えば良いみたいだし
交換自体は簡単だし













  1. 2010/06/28(月) 18:22:15|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊田の小原の北の方をウロウロした時に撮ったリバーサル どこかの集落の用水路

実は昨日
日本代表の試合がある事を忘れてて
夜中の一仕事をしようと母の部屋に行く途中で
ふと窓の外を見て
近所のマンションの電気の点いてる部屋の多さを見て思い出した

皆さん
好きですね~




豊田の小原の北の方をウロウロした時に撮ったリバーサルの写真

今日は
帰りしなにどこかの集落で見付けた
大好物

賑やかな階段

obrkriv8.jpg

俺は一目で腹一杯


階段全体

obrkriv6.jpg

完全にツボ
この階段が欲しい


階段の上には

obrkriv7.jpg

橋があった


全景はこんな感じ

obrkriv9.jpg

残念
ちょっと露出オーバー
橋も右岸の草も飛んでる

これがこの時のフィルムの最後の1枚だったので
いつもやってる段階露光が出来ず
明るさの好みの選択の余地が無かった

違うタイプのフィルムは有ったんだけど
随分色出しが違うから段階露光する意味無かったし

最後の1枚って分かってれば
一段アンダーにしたんだけどなぁ
気に入る確率が一番高いし
この状況で1枚だけで仕掛けるなら
やっぱり1段アンダーだよなぁ



一昨日
ここにも立ち寄って仕切り直ししようと思ったんだけど
天気が良過ぎて
しかも行くのが早過ぎて太陽の位置もこの時と違ってて
用水路の両岸で明暗差があり過ぎたので
諦めた


季節
天気
時間
写真に撮り直しってのは
やっぱり無いもんだねぇ
一期一会ってやつだ
実際貧乏な貧乏性の自分が憎い













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/26(土) 14:26:45|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊田の小原の北の方をウロウロした時に撮ったリバーサル 田代にて

手の平返して
日本万歳

ディフェンスの堅さと言い
試合を重ねる毎に攻撃が形になっている感じと言い
チームの結束力を感じる

歴代代表と比べても
結束力は飛び抜けているんじゃないかしら

批判が激しかった事に対する反作用かね


あとはやっぱり松井だな
何故か代表と縁が薄かった松井をスタメンに起用したのが大きいと
素人の俺は考えている


ただ次の相手がパラグアイ
日本の苦手な南米っていうのが
とても不安




おっと
写真ブログ

月曜日に旧小原村をウロウロした時に撮ったリバーサル
今日は旧小原村の田代の写真

ミニにタコじゃないよ
田代っていう地名だよ


用水路

obrkriv3.jpg

茂る雑草
コンクリートを華やかにする苔
たゆたう水草と出番の無い水草

気分的に涼しくなった?
ならない?
なれ


レンズを換えてのアップバージョン

obrkriv4b.jpg

残念
結構トリミングした

写真下部にも
真ん中らへんに写ってるミニマムな滝? 何だろ 川床の段と言えば良いのか?
それの
ミニマムな滝壺?天然ジャグジー?
それが写ってて
それが耐え難い程中途半端に切れてて
これはいかんという事でトリミング

ちなみに昨日
ついでと思って撮り直しに行ったんだけど
草刈り済みで
護岸コンクリートの上が禿げ散らかしてて
ちょっと消沈


この用水路の先は

obrkriv5.jpg

田んぼ
そりゃその為の水路なんだから
その先には
田んぼ

この蛇行っぷりが
風情があって
良いもんだ

これって昔のままなんじゃないかしら


でもこれも
田んぼが半端な感じなので
昨日改めて撮ってきた

こっちがマシか
撮り直した方がマシか
審判が下されるのは来週月曜日

こういうのって
撮り直した方のがより一層気に食わない事が多いんだよね
不思議だな

やっぱりその光景を目にした時の感じ方には
鮮度があるんだねぇ













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/25(金) 14:53:34|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知の宝・旧小原村で迷子満喫

昨日のイングランド対スロベニアは随分と面白かったね



予想通り
旧小原村の北部
また行ってしまった

まぁ予想通りというのも随分と白々しいんだけど


でも撮り直しに行ったとか
スルーした集落を撮りに行ったというより
迷子になりに行ったついでに上記の事を実行した感じになった

とにかく名も無き舗装林道程度の道がわんさかあるから
前回とは違う道って選択も余裕で
調子に乗ってその手の道に入りまくったら
かなりの迷子になった

楽しかったぁ


写真は迷子になる随分前
旧小原村に入って間もなくの時の

obrkmig1.jpg

のどか

でもすぐ近くに
のどかじゃないものが・・・

その辺の事やら
他の写真やら
迷子模様は
続きにて

[愛知の宝・旧小原村で迷子満喫]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/24(木) 20:00:03|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊田の小原の北の方をウロウロした時に撮ったリバーサル 県境岐阜県側

他人から見たらカスみたいな写真ばかりかも知れないけど
俺にとっては大切な写真達

という事で
スリーブの保管用にカメラ保管箱(乾燥剤が入れれるというだけのただのプラスチック製の箱)を買った
カメラを入れつつスリーブも入れようって事で
ポイントが随分貯まってたから

カメラもレンズもスリーブもって事で
一番大きな15リットルサイズにしたんだけど
見事に入り切らなかった

スリーブ以外は
去年の夏の四国で壊れた方のF3と使わないレンズ入れてお終い
現役組はカメラバッグのまま

ホームセンターで適当な箱を買わなかん



さて
豊田の小原の北の方をウロウロした時に撮ったリバーサルフィルムの写真

今回は岐阜県道111号沿いの集落で撮った写真

obrkriv1.jpg

obrkriv2.jpg

結局のところ
俺は自然が好きなのか
それとも自然の中に紛れ込む不自然物が好きなのか


明日以降
県境を越えて愛知県側
つまり豊田市に合併された旧小原村の北の方で撮ったリバーサルを順次載せるつもりだったんだけど
明日は俺の定休日なんだな~
月曜日に時間が足りなくてスルーしたとこ撮りに行く気がするんだな~
今日仕上がったスリーブの写真見てたら取り直したいとこあったし

こりゃ暫く旧小原村絡みが続くなぁ














テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/23(水) 19:41:32|
  2. 岐阜でも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊田の小原辺りをウロウロした時のリバーサル

フランス代表悲惨過ぎ

結果から見ると
ジダンあってのフランス代表の栄光だったんだな

ジダンががっつり試合出れた大会は優勝(1998)と準優勝(2006)
ジダンが怪我で試合まともに出れなかった大会は1次リーグ敗退(2002)

ジダンが代表入りする前(1994)は
スター選手何人もいたのに地区予選敗退

ジダンの代表引退後の大会(2010)は何とか本大会出場するも
稀に見る無様な感じで1次リーグ敗退

ほら

あくまでもデータ的なものだけど



そうそう
写真ブログ

小原をウロウロした時に撮ったリバーサルフィルムの写真
先週木曜日に行った方

帰る間際の林道にて

tmsriv2.jpg

黄昏感漂うバケツ
と 
その他大勢

不法投棄されたゴミなんぞをここまで真面目に撮る人が他にいるかい?
滅多にいないと思うよ
でも美しいだろう?

別に不法投棄を肯定している訳ではないけど
むしろ不法投棄は心底許しがたいと思っているけど
でも被写体としては大好きという
このジレンマ


まあまあ良い集落を巡って
結局こんなんしか載せれるもんが無かった
この哀しさ













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/23(水) 02:23:45|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今度は豊田の小原の北の方をウロウロ

忘れちゃいけない
いつも木曜日に写真撮りに行ってるけど
月曜日だって俺の定休日

という事で
職探しでもしようと思ったのだけど
梅雨入りしているにもかかわらず意外とそこそこの天気の日に職探しだなんて
そんな罰当たりな事は出来ないよって事で
プチツーリング

今日は
先週木曜日に行った旧小原村の
北部をウロウロ

素晴らしかった


写真はその旧小原村北部の
最北端の集落である田代

obrk5.jpg

何とも素敵な小集落だった


写真に写ってるおばさんとは
30分以上1時間未満の雑談

こう書くと
俺の事を知っている人は
俺が一方的に喋ったと思うかも知れないけど
逆だから
とことん聞き役だから

田舎に行くと
かなりの確率で地元のご老人に話しかけるけど
常に聞き役だから
意外と

田舎のお年寄りは
普段話し相手に事欠くのか
とにかくよく喋る

過疎化の影響の様な気もする



今回の内容は「続き」で
写真まだあと5枚あるでよ

[今度は豊田の小原の北の方をウロウロ]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/21(月) 21:06:59|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼無里の帰りに恵那市の三郷で撮ったリバーサル

負けはしたけど
良い試合だったじゃないか
ボロボロのチームに勝たせてもらった試合より
遥かに見応えがあった

思わず手のひら返して岡田監督を賞賛したくなったよ
まだ返さないけど



本日は
単にフィルムの半端分の消化の為に撮った写真

リバーサルフィルムは撮り終わったフィルムの保存力がいまいちだで
半端を残して一週間も間を置くと撮影済みの分がやられてまうらしいもんで
とっとと消化して現像に出さなかんのよ


岐阜県は恵那市三郷の
いつも蕎麦食う道の駅の近くにて

mstriv1.jpg

敢えて夕空を撮る事無しに
色で夕方らしい写真を撮ろうという試みよ
後付けだけど


夕日に染まった観音様に
季節が花をお供えした感じで

mstriv2.jpg

トリミングしまくりんぐ

観音様
こないだ夜遊びの事を遠回しに表現するのに
観音開きって書いてごめんよ


単なる消化撮影だったが
電池交換して気持ち良く撮れたわ

写真も生き生きしとる

残念な事に
わざわざ鬼無里に行ったにもかかわらず
帰路
家から1時間弱の場所で
半端分の消化の為に撮った写真の方が
鬼無里で舌打ちしながら撮った写真の数々より
遥かにマシな気がする


ああもう
もう一度鬼無里行きたい
予備の電池10個ぐらい持って

時間さえあれば撮りたいとこいっぱいあったのに













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/20(日) 16:05:43|
  2. 岐阜でも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼無里に行った時のリバーサル その4

いつの間にチキンタツタ終わってたの?
昨日久しぶりに食おうと思ったのに
もう無かった

しかし今回は
計20個は食ったと思うので
まず満足




鬼無里に行った時のリバーサルはまだ続く
その4


好みとは違うけど
記念写真的な感じで

鬼無里に行ったらここは行っとけよって感じの展望台からの眺めだから

でもこん時はもうすっかり気温も上がって
蒸気でモヤモヤ

しかも1枚目は先日載せたGRDで撮った写真とほぼ同じ構図

knsriv6.jpg

緑の色がこっちの方が奇麗でしょっていうだけの

あと
倍率が少々違う分
集落がグッとなってるかなと



禿げてるとこが小集落

knsriv7.jpg

手前の木々が非常に目障りだったので
本当は横で撮りたかったけど
敢えて縦で撮ったんだけど
その分山深い感が減じている



また再び鬼無里に行く事があるなら
今度は一番最初にここに行こ
蒸気が上がる前に













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/19(土) 17:12:46|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼無里に行った時のリバーサル その3

アグエロ良いね
もっと長い時間観たかった

テベスも好きだけど
一人でぶっ込み過ぎてわやくちゃになりがちだし

次戦からアグエロをスタメンにしてくれないかねぇ
メッシとのコンビネーションでいったら
アグエロこそだと思うけど




鬼無里に行った時のリバーサルに戻る

とある小集落の外れの山の中の田んぼの写真

knsriv4.jpg

角の手植え具合
美しい曲線



先日載せたGRDで撮った写真の中に
同じ様な構図の写真が・・・

knsriv5.jpg

それもそのはず
電池の復活待ちの間にF3の上にGRD載せて撮ったんだから

でもほら
こっちの方が遥かに良い色だし


ここで写真撮って
さて戻ろうと思って下り始めたら
ちょうどこの田んぼの持ち主と思しきお爺さんの乗った軽トラとすれ違ったんだけど
お爺さんの怪訝そうな顔ときたらもう

そりゃそうだわな
普通こんなとこに部外者来んもんな













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/18(金) 12:21:08|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊田の小原辺りをウロウロ

鬼無里の時のリバーサルのアップがまだ終わっていないけど
本日は俺の定休日だった上に
天気も良く
来週はずーっと天気悪そうだったので
今の内にという事で
昼前にふらりと出かけたので
鬼無里のリバーサルを中断して
今日の事を


昼頃からのプチツーリングに最適な
豊田市の北辺に取り敢えず行ってみて
その後は小原町の辺りで気の向くままに右往左往してみた


どっかの集落

tms1.jpg

小原町には違いないみたい

何故なら
こんな水場があったんだけど

tms2.jpg

水場の奥の看板に小原って書いてあったから
小原町に違いない


美味かったよ
喉乾いてたからかも知れんけど

でも水より何より
灰皿が置いてあったのが嬉しかった



どこかの小さな棚田

tms3.jpg

セコい道に入っても
その先に大抵集落があってねぇ
高知県西部で迷子を満喫した時の様なフンワリした安心感はあった

でもどこのセコい道も
漏れなく車がいてね
流石一応豊田市って感じ


ついでに林道も少し

tms4.jpg

この後良いもの発見してリバーサルで写真撮って
フィルムが切り良く終わったので
戻った


今振り返ってみても
どこをどう走ったのやら・・・
県道か何かすら分からん道も何本か走ったでねぇ
地図見てもよう分からん


いやしかし
つくづく
豊田は侮れない
合併して田舎を吸収しすぎて巨大になりすぎただけあって

何しろ迷子になればなった分だけ
古めかしい集落に出る
そして各集落に古い百姓家が結構あった

ただねぇ
そこはやっぱり豊田市って事なのかねぇ
田舎に似合わない今風な組み立て式の味気ない家も各集落に必ずあってね
しかも結構な数あってね
古い家と畑だけを切り取るなんて事も難しく
写真撮る気にはならなんだねぇ



距離110km程
時間は4時間ちょい

平日にも関わらず
同じ様なプチツーと思しきバイクが結構いた
ちゃんと働いて税金納めてんのかね
彼らは













テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/17(木) 17:00:38|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼無里に行った時のリバーサル その2

手のひら返して賞賛の嵐
嫌だ嫌だ

俺は敢えて言うよ
カメルーンがボロボロだっただけ

もし1次リーグ最終戦のデンマーク戦に勝ったら
手のひら返そうかな
勿論オランダ戦は万が一にも勝つ事は無いという前提で




鬼無里に行った時のリバーサルその2
昨日に引き続き鬼無里の西端

何やら
小屋らしきもの
ちょいアンダーをチョイス

knsriv2.jpg

馴染んでるねぇ


爽やかバージョン

knsriv3.jpg

空を入れて明るさも軽快にして

見た目の色に近いのはこっち
しかし敢えて言いたい
見たままの色が正解なんて誰が決めた


ちなみに
上の2枚の写真を撮ってる時も
もちろん1枚撮る毎に三脚から外してライターで炙って段階露光した
ちゃんと構図気にしながらね
昨日の写真の時と違って



しかし
昨日の写真といい今日の写真といい
特別鬼無里感のある写真じゃないな

まぁ記念写真撮ってる訳じゃないんだし
これらも鬼無里に行ったから出会えた被写体な訳だしな
うんうん

いやふと思ったんでね













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/16(水) 14:31:14|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼無里に行った時のリバーサル その1

観たよ観た観た
期待してなかった分
喜びもひとしお
傾向と対策がきちんと出来てたんだね
んでカメルーンはそれが通用する程度のレベルだったんだね
ベストメンバーじゃなかったってのもあると思うけど

それにしてもエトー全然存在感無かったね
そりゃ長友が頑張ったってのもあるんだろうけど
カメルーンが自らエトーを抑え切ってしまった感じもあるんじゃないかしら
エトーの割には随分低い位置にへばりついてたし
これもベストメンバーじゃなかったからだろうな

まぁ
ベストメンバーのカメルーンがどんなサッカーをしてて
そこでエトーがどんな役割を求められてるのかは知らんけどね





そんな事より
鬼無里で撮ったリバーサル

いやー残念な電池の事があってやる気無くしただけに
今回程現像が楽しみじゃなかった事は今まで無かったね

実際スリーブ見ると
電池に打ち負けた自分が見え隠れ


まぁまぁ
それでも負けを認めず
鬼無里の西端で撮った
二日目のしょっぱな写真

knsriv1.jpg

手前の稲のカーブが良いんだ

構図は気に入ってる
でも露出がアンダー過多

他に丁度良い明るさのもあったんだけど
三脚から外してライターで炙って何やらかんやらしながら段階露光している間に
若干構図が変わってて
手前の稲のカーブが見切れてて
しかもそれに気付いてなくて
明るさが丁度良くても何も意味が無い仕上がりになってて

なので構図優先して
仕方なくこの写真をチョイス

いや違う
この写真が一番気に入ったからこれ
明るさもこれで丁度良い

この明るさだからこそ
右の木の白い部分や
真ん中の非自然物が映えるんだ

構図も明るさも丁度良い
間違いない













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/15(火) 18:10:55|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かしの鬼無里 その3 二日目 メインの鬼無里

メモメモ

初日の走行距離217km
時間8時間半

二日目の走行距離311km
時間12時間半

実走時間はどれくらいになるんだろか
鬼無里~愛知は8時間程かな
高速道路使わずで



では
二日目の鬼無里の事ね


鬼無里
良いとこよ
本当に

鬼無里から戸隠に向かう途中にある展望台から眺めると
鬼無里がいかに山深いか分かる

kns10.jpg

写真の小集落は
鬼無里の中でもかなり外れた場所だと思うけどね
行けって言われてもどう行けば良いか見当もつかん


鬼無里の中心部は結構家も多くてね
コンビニがあっても違和感無い雰囲気
無かったけど

でもちょっと中心から外れれば
至る所に良い雰囲気の小集落がある


ただねぇ
15年前の記憶が甦る事は無かったね
15年前だもの

猿に威嚇された場所も思い出せなかったし
泊まった宿があった場所も
全く思い出せなかった


その上
メインカメラのニコンF3がよ

二日目の事やら他の写真やら愚痴やら
続きにて
写真少なし文字多し

[懐かしの鬼無里 その3 二日目 メインの鬼無里]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/14(月) 11:48:19|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かしの鬼無里 その2 牛にひかれて善光寺参り

サブタイトル分かんない?
そういう言葉があんの
意味はここに書いてある→http://www.mc-club.com/academy/trivia/trivia_021.html


善光寺ってのは中々古いお寺さんで(7世紀 大化の改新の頃からある)
日本仏教が色んな宗派に分かれる遥か以前からあるので
無宗派のお寺

しかしいつ頃からは知らんけど
天台宗と浄土宗によって運営される様な感じになり現在に至ってて
浄土宗の方が尼寺でね
女人禁制が常識だった古い時代から既に女性に御利益のあるお寺さんだったという
結構レアなお寺さん
らしい


と言う事で
長野市到着後
母の代役のつもりで参拝してきた

kns4.jpg

国宝の本堂
江戸時代の建築
中は豪華絢爛

本堂の中には
券売機というそれはもう御利益のありそうな有り難いものがあり
奥まで拝観しようと思うと金を払わなければならないというシステムらしいのだが
お賽銭や土産以外の金を宗教施設に払うのは趣味じゃないのでやめておいた



参拝後
母への土産のお守りと数珠を買い
食事をとるにはまだ早かった為
善光寺の門前町が起源であろう長野市街を散策

その辺の消息は
続きにて

[懐かしの鬼無里 その2 牛にひかれて善光寺参り]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/13(日) 16:31:48|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かしの鬼無里 その1 長野市への道すがら

昨日6月11日金曜日に無事帰ってきたんだけど(結局一泊)
眠くて眠くて

とは言っても
別にその後すぐ寝た訳ではなく
睡魔と闘いながらダラダラと
写真取り込んだり
リサイズしたりしてた



取り敢えず写真を1枚

棚田好きの間では有名らしい
「田毎の月」という通称の棚田

kns3.jpg

歩いて上の方に行けばもっと田の枚数が増えて良いかもとも思ったけどね
そんな元気は無かったね
寝ずに行ったから

田毎の月は平安時代から有名だったそうで
俺はそれを帰ってきてから調べて知ったのだが
行く前から知ってたらちょっと頑張って歩いて上から見下ろしただろうに

勿体ない!



しかし今回は
本当に残念な感じでね
いや田毎の月の事じゃなく
メインであるはずだった二日目が

もうこうなんじゃケジメの旅とは認められない気分よ


その辺は追々ね



往路
長野市到着までの事やら写真やらは
続きにて

[懐かしの鬼無里 その1 長野市への道すがら]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/12(土) 01:40:09|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行ってきます

では行ってきます

本当は一人で行くつもりだったけど
ヒョロ長を連れて行く事にした
ヒョロ長旅したがってたから



前にも独り言で書いたけど
鬼無里は高校の時の卒業旅行で行ったとこ


あれは珍道中だった


卒業旅行の時はJRで長野駅まで行き
長野駅からはバスで鬼無里に向かったんだけど
運行本数が少ないから途中の乗り換えの待ち時間が長くて
せっかくだから歩こうってことになって
友人と3人でキャイキャイ言いながら3時間程歩いて鬼無里まで行った

気分はスタンド・バイ・ミーだったね


3月だったけど
長野北部の山中だけに路傍の雪は深く
雪の少ない愛知の盆地住まいの俺達は
その非日常感に興奮し
何度か雪の中にダイブした

そして何しろ山の中なので
途中で猿の大群に威嚇されたりもして
その猿の大群威嚇ゾーンを無事に通過出来たと思って後ろを振り返ったら
軽トラが猿の大群に襲われてる光景を目撃し
驚愕した

道すがら通過する集落は
どこも家が少なくて
住宅密集地に住む俺達は
異空間に足を踏み入れた様な錯覚を覚えたりもした


言い方は悪いけど
初めて見る超田舎に感動しきりだった
「長野って凄いな」って思ったよね


宿では猪鍋を食い
貸し切り状態だった浴場ではしゃぎまくった



翌日
山の中の田舎を歩く事に妙にハマった俺達は
バスの乗り換え地点まで歩く事にして
「本当に歩いて行くの?」と心配する宿のおじさんに見送られつつ出発した

途中
後方から来た軽トラのおじさんに
「宿の人に頼まれたから乗せてあげるよ」
と声を掛けられた

断るのは人の好意を踏みにじる様で気が引けたし
宿のおじさんの親切心が嬉しくて
有り難く軽トラの荷台に乗せて頂き(違法だね)
鬼無里の人の優しさと砂にまみれつつ
バスの乗り換え地点まで運んで頂いた



良い思い出だよ



今ではもう宿がどこに有ったのかも忘れたし
そもそも当時泊まった宿がもう存在してない様だし
宿のおじさんも常識的に考えて既に他界しているだろうと思うけど
少しでも懐かしい気分に浸れたらなぁと思う













  1. 2010/06/10(木) 06:00:00|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

左膝

長野へは
木曜日に出発する事に決定
もう宿やら何やら予約済み

いやしかし延期しておいて良かった
昨日は地元じゃちょいちょい雨降ったし



ところで
2年前の事故で痛めた左膝
見た目も中身も
2年経っても変化が無い

ちょっと膨れてて
神経がいかれているのか
皮膚の感覚があまり無く
左膝の真ん中に何かがミートすると右膝の十倍ぐらいの痛みを感じ
左膝を固い床などにつこうとすると気持ち悪くなる

限定ものだと
季節の変わり目の時期には痛み
夏以外は雨が降るとちょっと痛み
ツーリングの時なんかも
乗りっぱなしだとちょっと痛む


でもそんなん全然良いんだよ
思い出だよ思い出

それにツーリング中に痛むと
「あ、安全運転しよ」
って自分を戒める気になれるし

だから2年前と何も変わってなくても
別に何とも思わない


ただね
蚊の活動が活発になってくるとね
ちょっと厄介

難しろ左膝の皮膚は感覚が鈍いから
蚊に刺されると
確かに痒いのに
どこが痒いのか具体的には分からない

見た目も
妙にブヨブヨしてるから
よっぽどがっつり腫れてないと
どこが腫れてるのか分からない


だから
痒いのに
かくべき場所をかけない
すっきりしない

このもどかしさったらもう・・・
本当に微々たる無限地獄













  1. 2010/06/09(水) 12:15:42|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

延期~

月曜火曜で長野の鬼無里に行こうと思っていたのだが
延期にした

そもそも月曜からという予定は
月曜日が俺の休日だからって話なんだけど
他に木曜日も俺の休日で
月曜火曜の日程で行くと写真のメインになる火曜日の天気が微妙だけど
木曜を軸にすれば天気に恵まれそうな感じになるんだよね
週間予報では

その上
父の旅行中の寝不足を巻き返せないままでね
この三日間で合計睡眠時間が10時間程でね
まぁでもそれは覚悟の上で
寝不足疲れ抱えつつ寝ずに早朝出発しようと思ってたんだけど
天気がいまいちだとそんなリスク背負うのが心底阿呆臭くてね
カメラ濡らしたくないし



ただねぇ
月曜に結構こだわってたんだけど
それってのもねぇ
事前調査による夜遊びレーダーの反応の都合だったりもしたんだよねぇ

もっと分かりやすく言う?
要は良さげな嬢の出勤が月曜日だけだから月曜にこだわってたって事!


天気微妙なのは昨日の段階で分かってたのに
写真撮る為に行こうとしてんのに
天気の事を無視して
つまり写真より夜遊びを優先しようとして
あくまでも月曜に長野市入りする事を目論んでた俺

男らしいでしょ?


でも睡魔に負けて写真の為に天気優先する事になったから
ちょっと男らしさが減るね
残念残念













  1. 2010/06/07(月) 05:37:57|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頭を整理する為の独り言

金・土曜日に父が旅行に出たので
母と二人きりの二日間を過ごしたのだが
正直言って車椅子生活の母の世話を一人でこなしきるのはキツい
風呂がキツい

短時間ではあるけど
結構デカい母をお姫様だっこせにゃならんので


それ以外は全然良いんだけどね
父には悪いが母と二人きりの方がストレス無しで介護に専念出来るので
充実感に満たされる



(以下 優柔不断な頭を整理する為の独り言)


とか何とか言いつつ
実は来週の頭
信州北部に写真ツーリングの予定

目的地は鬼無里というとこ
高校の卒業旅行で行った山の中の超田舎

一泊か二泊でウロウロする予定


今回の旅にかける想いは結構強い

と言うのも
これで泊まりでの遠出は最後になる予定だから
母の存命中は

次に泊まりで遠出する時は
大切なものを失った後という事になってしまうので
今後何年も泊まりでの遠出が出来ない状態が続く方が
そりゃ幸せだわな


まぁまぁ
そういう意味での最後の泊まりでの遠出でもあるのだけど
失業生活最後の泊まりでの遠出でもある

介護専念気味生活と失業生活の卒業旅行みたいな感じ
だからこそ今回の旅にかける想いは非常に大きいし
だからこその鬼無里という選択
卒業にかけて

今の写真の好みにも適してるはずだし



いやーしかし迷う

高速道路使えば一泊で良いんだけど
高いんだよなぁ
往復でペンション一泊飯付き分くらいの金がかかる


だったら
どうせ金使うんだったら
高速嫌いだし
のんびり二泊したいとも思う

かと言って二泊にすると
三日目が中途半端になって
何度も行っている地域ばかり走るか
いっぱいいっぱいで色々回るかになってしまう

しかも宿泊に困りそう
民宿とかは平日嫌がるし
ビジネスホテルの無い地域を回る事になるし

その上母の事が気掛かり
二日も風呂に入れてやれないのも可哀想だし
父一人で母の入浴は無理だから



最短距離で鬼無里に行くなら高速使わなくても一泊で十分なんだけどね

でも単に移動して目的地に行って
それだけでまた単なる移動をして帰ってくる

そんなものは俺の好む旅ではないし
何より卒業旅行の時にバスと徒歩で通った
長野駅から鬼無里へのルートを辿りたい
何故ならその道沿いが素晴らしかったから

でも長野駅を起点にするとなると
一旦東に迂回する格好になってしまうんだよなぁ


やっぱり二泊かなぁ
でもなぁ
二泊ともビジネスホテルだと
夜遊びですんごい事になりそうだしなぁ
民宿が良いタイミングであれば良いんだけどねぇ


いや
やっぱり一泊かな
鬼無里重点的にウロウロして
鬼無里以外は全部ただの移動にしようかな


ん~













  1. 2010/06/06(日) 03:05:14|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フロントタイヤ交換

フロントタイヤの交換をしてきた
ちょっと早いかもと思いつつ

ついでに
バッテリーが既に寿命に近かった為交換

更に
最近熱ダレの症状が出ていたので
ちょっと前にオイル交換したばかりだったが
ワコーの良いオイルに交換

自ら招いた予定外の出費がかさみ
痛い出費となった

計24000円オーバー
ぶひ

でもね
旅を快適にする為の出費だから
良いんだ




ついでのお目汚し

先日平沢集落で半端に余りそうになってたフィルムの消化の為に撮った
1号さんのセクシーグラビア

403goriv8.jpg

太からず 
しかし肉感的な曲線を帯び
そして卑猥にテカる
タンク

おっきしちゃ駄目だぞ!













  1. 2010/06/02(水) 16:21:55|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岐阜県道403号線再訪の時のリバーサル 串原村平沢集落編

パソコンのメモリの交換って
随分簡単なもんなんだね
面倒でもないし

あんなんでも店でやれば金取られるんだよなぁ



岐阜県道403号線再訪時に
F3で撮ったリバーサルフィルムの写真

今回は串原村平沢集落で撮った写真



眩しすぎる新緑

403goriv5.jpg

単に露出オーバーと言ってしまえばそれまでだけど
言わせねぇよ

新緑の眩しさを表現したと言えば
そういう事にはならんかね?

段階露光した内の一番暗い写真でこれ
露出合わせる場所間違えたな



色々お話を聞かせて頂いたお爺さんの田んぼの畦道に入らせてもらって撮った
ドラム缶を短くカットした何か

自然に馴染む緑の中で
不敵に佇む錆

403goriv6.jpg

分かりづらいけど錆
ドラム缶の色
塗ってある訳じゃない

風が強くてねぇ
奥やら手前やら
植物が風に踊らされまくりでブレまくり

絞り開けばシャッター速度稼げたのは分かるんだけど
被写界深度浅くしちゃうと葉っぱがねぇ

って事で
風に揺られる有機物
風に動じない無機物
という対比云々を表現して云々という事で



ようやく詭弁無しの写真

自然に呑み込まれる手前

403goriv7.jpg

相変わらず
自然好きでありながら
自然に呑み込まれそうになってるゴミが好きで













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/01(火) 17:21:44|
  2. 岐阜でも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。