下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昨日3月30日は

自分への誕生日プレゼント
新品のキャブ
本当は
35mmのレンズ買うつもりだったんだけどね


誕生日といえば
昨日3月30日は母の誕生日だった

mbc.jpg

名前長くて忘れたけど
イチゴがのってるタルト
直径15cmで2700円
美味かったけどね
高いね
これを3人で食べた訳で
一人当たりだと900円な訳で

まぁ祝い事だからね
良いんだけど

姉に写メ送って
「高くね?」って振ったら
「そんなもんだよ」と返ってきた
やっぱ公務員は金持ってんだな
それとも俺が貧乏なだけか?


二日続けて貧乏くさい話で恐縮です













スポンサーサイト
  1. 2010/03/31(水) 22:29:26|
  2. 番外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャブ見切り

昨日最近失業した友人と俺との共通点の多さを書こうと思った
面白いかなと思って
でも書いてる内に気持ち悪くなったから消した



キャブ
見切りつけた
新品購入決定


黒煙が出るというのは
燃料が濃い時の症状

走ってる時に
スロットルを回してから回転が上がるまでに間が空くのは
燃料が薄い時の症状

2号さんに付いてたキャブは
黒煙は出るは
スロットル回してから回転上がるまでに間が空くは
意味が分からん状態

細かいパーツを入れ替えたりしながら粘りはしたのだが
どうにもならない

方やアイドリングが尻すぼみでエンストするキャブ
方や相反する症状が出るキャブ

相反する症状が出るのも
バイク屋さん曰く「直せるかも」との事だったのだが
いつまた不具合が出るか分からない古いキャブの為に1万なんぼ支払うなら
パワーアップする新品(普通の新品はもう手に入らない)に3万弱出した方が良いでしょ
そもそも1万なんぼで直る保証も無いし
1万なんぼ出して
結果やっぱり新品に換えようなんてなったら
それこそ鼻血も出ない


パワーアップを見込めるキャブは元々欲しかった
でもパワーアップの為に3万弱は贅沢だという怯みがあった

状態を改善する為に3万弱は
余りにも口惜しい
粘っただけに

しかし
パワーアップと改善の二つの理由で3万弱なら
そんなに高くない
一つの理由につき1.5万弱な訳だし
ほら
改善分の出費はキャブの調整をプロに任せるのと変わらない
下手したら安く済む感じ

1.5万弱出してパワーアップさせると考えれば
そんなに贅沢ではないでしょ


こんなにごちゃごちゃ書いてるのは
貧乏な自分を奮い立たせる為・・・
貧乏って嫌だね


まぁ入荷が俺の誕生日と被りそうだから
自分への誕生日プレゼントと思う事にしよう

三つ目の理由が出来た



新品に換えても不具合あったら
もう1号さん壊そ













  1. 2010/03/30(火) 23:59:42|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャブ?

キャブの事はもう聞くな
誰も聞いてないか
そうか
なら良い


インシュレーター(エンジンとキャブの架け橋)換えてもアイドリング尻すぼみ
黒煙はまずまずかと思いきや
尻すぼみ症状出始めたらモクモク

昼から初めて
期待させられて
胸躍らせながらセッティングして
夕方になって諸症状が出始めて

新品買おうかねぇ
症状改善とパワーアップの二つの大義があれば
何とか自分を納得させれそうな気はするね

しかし何だな
やっぱり乗らなきゃ駄目なんだね
冬の間放置期間が続いたらこれだもんね


さあ
明日もう一回だけ挑戦して
見切り付けよう
もうやれる事一つしか残ってないし












  1. 2010/03/29(月) 22:29:56|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイヤ交換と・・・キャーブー!!!

今日タイヤ交換してもらいに行ったんだけど・・・
バイク屋に行くまでの道すがらで発覚・・・キャブ・・・またぬか喜びだった

元々1号さんに付いてたキャブ
そもそも今回の騒動の発端はこいつのアイドリングが続かない事だった
もうどんだけアイドリングスクリュー開いても右肩下がりでアイドリングが静まる
ドドドドドドドドドッドッドッドッドトントントントント・ト・ト・・ト・・プスン
これがしっかり掃除したところで解消されてなかった
好調だったのは取り付けた日だけ

信号赤だなーと思って停まろうとすると
停車する前にエンストする事数回
停車直後ですらなく
停車前

出なくなったと思ってた黒煙もたっぷり出るし・・・

インシュレーター(キャブとエンジンを繋ぐゴムの筒)劣化してるから
まずはそこを交換してみようという話になったんだけど
これがまぁボルトが外れなくて過去に断念してるので
ラスペネという錆び付いたボルトを外すのに有効なケミカルを購入し
その内再挑戦するんだけど
でも最終的には新品のキャブを購入する羽目になりそうな予感

バイク屋でキャブのセッティングしてもらうくらいなら
新品の性能の良いキャブ買った方が安く済みそうだしね
3万円弱だし
いや高いけど
それでも多分セッティングしてもらう方が高くつくだろうから
おかしな事が多すぎるキャブだからね
1号さんのも2号さんのも


あぁ
あぁ


しかし新品のタイヤは気分良いね














  1. 2010/03/26(金) 19:36:43|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知東端のリバーサル3 茶臼山から

今日は茶臼山からの展望
南アルプスかね
2年程前にもほぼ同じ場所からGRDで撮ってるけど

最近ちゃんとウィンドウに収まるようにと
写真のサイズを小さくしたのだけど
この写真は以前と同じサイズで

山が遠いから

shitarariv4a.jpg

ここは苦労した
寒さのせいか(写真には写ってないけど茶臼山にも雪残ってた)
標高のせいか
寒さと標高のダブルパンチのせいか
カメラが2台とも調子悪かった

雪の積もった木曽で普通に写真撮れてた事を思うとダブルパンチが一番臭いな


F3は電池が弱くなってしまって露出計もシャッターも反応せず
古いカメラだけどシャッターは電子制御なんだよね
何度も電池を出したり入れたりしながらようやく撮った

GRDも何度電源を入れ直しても操作不能な状態が続いた


この写真撮った場所では
もちろんバイクも絶不調で
カメラと
カメラと
バイクで
大変苦労した














テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/25(木) 15:39:07|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知東端のリバーサル2 俺としては桃源郷と思った集落

東端に向かう途中にある
前回ファンタジスタと行った時に桃源郷の様と思った集落
全景は撮ってない
天気が良いと色々見えすぎるわな

とは言えやっぱり十分に魅力的な集落で
こんな橋があるところがまた魅力的

shitarariv3a.jpg

がっつりトリミングした1枚

何だか戦前からありそうな橋
風情大盛りな感じ

全く観光地ではない場所なので
意図的に残されている橋ではない
単にこの橋で間に合うから架け替えないだけなのだろう
畦道と畦道を繋いでるだけだし

畦道と畦道を繋いでるだけに
間に合う合わないの問題以外に
単に資材が搬入出来ないってのもありそうだな



古い建物も少なからず残っている

shitarariv2d.jpg

今度はがっつり角度調整しなければならなかった1枚

他にも非常に良い蔵なんかもあってね
良い冠木門もあったし
載せれないけど
一身上の都合により



ただこの日は
先日ちらっと書いたけどなかなか風が強くて
段階露光をまともに出来ない感じだった

風に流された雲の動きが速すぎて
数秒間隔で日向になったり日陰になったり
シャッター切るたびに明るさがグンと変わる
撮りづらかった


また寄りたいな
フィルムどっさり持って














テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/24(水) 15:33:16|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知東端のリバーサル1 ぼんやり橋

愛知東端に行った時のリバーサル


東端に行く途中の橋
どんより薄ら



見えるかえ?

肉眼で見たらこんなんじゃなく
もっと普通に見えるんだけどね

欄干が面白い橋だったから写真撮ったんだけど
欄干をクローズアップした写真がない
俺はなかなか粗忽者

もっと這いつくばって撮るべきだった気がする
しかし工事やら意外な交通量やらフィルムが1本しか無いという現実やらが
頑張る心を見失わせた











テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/23(火) 20:27:59|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャブ前進

今日時間が取れたのでキャブのセッティングをした

メインジェットを110番から108番に落とし
ニードルのセッティングをし
108番から105番に落とし
ニードルやって・・・
何やってもアイドリング中の黒煙に変化が無い!
アイドリングが不安定かつ持続しない!

って事で
元々1号さんに付いてたキャブを徹底的に掃除して
セッティングもキャブ自体の交換前の状態に戻したら(メインジェット110番でニードル薄い方から2番目)
アイドリングが安定し
黒煙も減少
そこで追い討ちをかけようとニードルで微調整したら
見事に黒煙消えた
アイドリングも良い感じ

結局
2号さんから移植したキャブ本体が黒煙の原因だった模様
そりゃ何やっても変わらんわー

ってとこでタイムオーバー
元々1号さんに付いてたキャブではメインジェットの交換を試せず終い
今の時点でもそれ程不満無いし十分だとは思うけど
108番を試さずには終われない気分

またいずれ隙を見て・・・


ところで部品取りの2号さん
いまいち役割を果たし切れてないな

メーターとサイドスタンドとバッテリーボックスと外装とプラグコードとエキパイとサイレンサーは役立ったけど
キャブと両方のスイッチボックスは使い物にならなかった
あとはエンジンとフロントフォークくらいだな
いずれ移植する可能性があるのは

エンジンとフロントフォークが問題なければ良い買い物と言えるが
現状での活用状況では5万円の価値が有るか無いかの瀬戸際な感じの2号さん
頑張れ













  1. 2010/03/22(月) 22:28:54|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メインジェッツ

三河の東端なんて言ってるけど
普通に愛知県の東端だわな


今日は朝から昼過ぎまで身動きが取れなかったので
夕方になってからバイク屋に行った
勿論用件はキャブ絡みね

今付いてるメインジェットは110番
先日バイク屋さんから渡されたメインジェットは俺の勘違いにより100番
間に108番・105番・102番があり
数字が大きい程燃料が濃い

前回の調整の段では
つまり極端に燃料の噴出量を減らしすぎて下手こいてた

んで
先日の下手こき振りと
昨日の空気薄いとこでのアイドリングやエンジンのかかりの報告をして
今日は取り敢えず108番と105番を受け取った

jets.jpg

キャブのセッティングはどうしても騒音を伴う
自宅は住宅密集地にあるので近所迷惑甚だしい
故に本拠地で作業せざるを得ない
しかも
1日がかりの作業になるのは目に見えているので
在宅介護人の肩書きを持つ俺にはなかなか時間が取れないが
正直早くやりたくてうずうずしている
楽しみでしょうがない

作業自体は楽しいからね
面倒だし上手くいく保証も無いけど














  1. 2010/03/20(土) 20:15:13|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また三河の東端 

予定通り再訪してきた
東端
前回は東端付近だったが
今回は新城から本当の東端・北設楽郡豊根村まで足を伸ばし
そのまま長野県南端に進入し
そっから愛知最高峰・茶臼山に行った
標高1400mそこそこの割には
茶臼山に雪が残ってた


写真は
過去に2度行っている根羽村(長野県南端)にて




キャブは
やっぱりいまいちで
服に排気ガスの匂いが尋常じゃない程染み付いた

今日は予備のフィルム持ってくの忘れて
F3に入ってた1本のみでのお楽しみだった
それ程そそる場所が無かったので不足感は無いけどね
桃源郷も写真映えするとこはそんなになかったし

だからGRDでもあんまり写真撮ってない


ツーリングとしては楽しかった
目星を付けてたセコい道が
景色はいまいちだったけど期待通りのセコさだったから

しかし何しろ写真が全然ないので
今回は短く終わる


走行距離290km
所要時間8時間

風が強くて寒かった


行程はこんな感じ

shitaramap.jpg














テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/19(金) 18:07:01|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャブー

キャブのセッティング
結局いまいちなまま

いまいちなままで
明日新城再訪


先週から今週にかけて
俺は何回キャブを外して
何回キャブを分解して
何回キャブを組み付けたんだろう

キャブに対する親近感は湧いた
それだけが収穫













  1. 2010/03/18(木) 20:27:59|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぬか喜びとびつくりと

ぬか喜び
1号さんまた黒煙吹いてる
アイドリングは確かにマシになっているのだが
吹かした時の黒煙が昨日より増えてる
これが本性か

気付いたのは夕方
明日はバイク屋休み
明後日は新城再訪予定
今日中にメインジェット買って
明日天気が崩れるまで調整しよう



びっくり
一昨日の写真に写ってる石垣に根付いた花
赤い花かと思ったら
赤い実だった

ncriv6.jpg

実際に現地で見た時から今に至るまでずっと花だと思ってた
リサイズ前の写真をじっくり見てからようやく気づいたよ



気付いたと言えば
totoBIG
結果を照会する時
当たってたらどうしようと思いながら見てる自分に気付いた
外れてる事を知ってホッとしてる自分に気付いた
こんな事じゃあ意味が無い
外れてホッとするぐらいなら買わない方がマシだ

次回からは威風堂々と照会する事にしよう













  1. 2010/03/17(水) 18:08:11|
  2. 番外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャブ!

キャブ
ようやく調子出た!

今日は昼過ぎから工具持参でバイク屋に行き
メインジェットの交換の結果の不味さを見てもらい
指示を仰いだ



また本拠地行ってやっても
また駄目だったら面倒だし
キャブの分解まで話が及んでいたので何かあったらと考えて
バイク屋の片隅で作業させてもらったわけだ

指示は
まずは分解して掃除→いまいち
更に分解して掃除→いまいち
更に分解して掃除してニードルっつうので微調整→アイドリングは万全!煙無し!

あとは吹かした時に若干黒煙が出るので
標高高めの空気薄いとこ走って最終確認
多分そん時にもう一回は調整しないといけないと思うけど
まぁ普通に走る分にはもう問題ないし
アイドリング時の排気ガスもかつてない程クリーンになったし
概ね満足

もちろん自分でやったから工賃無料
その上知識と経験を安心な環境で得られたので得した気分

4時間かかったけどね

前の会社で仲良くしてもらってたバイク歴40年の大先輩からは
「キャブはバイクの心臓みたいなもんだしややこしいで自分では触ったらかんに」
と戒められていたが
いざやってみれば面倒くさいだけで結構簡単


ただ怖いのは
たったこれだけの経験で
「もうキャブの調整なんて余裕だな」
と自信過剰になってる自分

実際余裕だと思うけど














  1. 2010/03/16(火) 20:34:57|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャブ・・・

キャブがどうもいまいちなのでバイク屋に行った
貴重なバイクが何台か

神社仏閣と通称されるバイクの一味・C72
何と50年近く前のバイク



レストア費用は100万超えだそうで


続いて
俺の叔父も若い頃に乗っていた名車CB72

aday2.jpg

唯一俺が電話番号を知っている常連さんが買うそうで
金有るなぁ


んで
おやっさんにキャブの相談
燃料が濃そうだから
メインジェットを前付けてたキャブのと交換しろとの事

って事で本拠地に行ってまたキャブ外す

aday3.jpg

今回はさすがにちゃっちゃっとやれた


んでキャブの底を外してメインジェット交換
真ん中の背の高いやつがメインジェット

aday4.jpg

ピント合ってないけど
これだからマルチパターンのオートフォーカス嫌い


交換した結果
アイドリングは安定
燃料は尚濃いまま

ん~
面倒くせぇ














  1. 2010/03/15(月) 17:36:02|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三河の東端ツーリングのリバーサル2 良い石垣と大きな木の村にて

三河東端ツーリングの折りに足を止めた良い石垣と大きな木の村で撮ったリバーサル


石垣に根付く花



力強さと可憐さと


















テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/14(日) 18:12:24|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三河の東端ツーリングのリバーサル 寄り道した山村にて

とうとうマックを初期化する羽目になった

初期化すると
憑き物が落ちたような爽快感が得られるね

しかし
データのバックアップはほぼ全てとってあったので大きな問題はなかったが
それでも失ったものは大きい

まぁ失ったのは煩悩に直結するパスワードぐらいのもんだけど




三河東端ツーリングの折りに寄り道した山村で撮ったリバーサル


賑やかな一角

ncriv1b.jpg



眩しい程の緑

ncriv2b.jpg



馴染む不自然

ncriv3b.jpg




ごちそうさまでした













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/13(土) 13:27:07|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャブ交換

添加剤を入れても何も良い事が起きなかった1号さんのキャブ
ちょっと前にバイク屋で「セッティングしても半年持たないなら寿命かも」
と言われていた

恵那の笠置山行った時はもう絶不調で
三河の東端に行った時はそこそこ好調だった

取り敢えずと言う事で
三河の東端の雨で付いた垢を洗い流したついでに
2号さんのキャブと交換した


シートとタンクを外して
エアクリーナーボックスをずらして
スロットルのワイヤー(2本)を外して
チョークのワイヤーを外せば
あとはエンジンから引き離すだけ



面倒ではあったけど
特にワイヤー外すのが面倒だったけど
意外と簡単だった


交換直後は黒煙が激しくて驚いたが
エアスクリュー開いたらマシになった

アイドリングはかなり高めにしなければならないが
エンストする頻度は減った

とは言えど
いかんせん長らく放置してあったキャブなので
添加剤を投入して様子見


まぁ不安だね














  1. 2010/03/11(木) 20:44:33|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三河の東端 大トヨタ帝国の陰にひっそり桃源郷の話

三河の東端の方に行った話


一応の目的地は新城市は四谷の千枚田



悪天候であったが故の霧と
3月故の梅
昨日行ったからこそ
下半身合羽無しにも関わらずめげずに突き進んだからこその1枚

しかし何しろ結構な雨だったので
F3では撮らなかった事が
ちょっと惜しまれる

F3でかいし
フィルムが感度低いやつだったから三脚必要だったし
なんやかんやしてる内にF3ずぶ濡れになってしまうから
仕方なかったんだけど


ちなみに
タイトルに有る桃源郷とは
千枚田の事でもその周辺の事でもない

それはね

[三河の東端 大トヨタ帝国の陰にひっそり桃源郷の話]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/09(火) 22:57:39|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三河の東端 大トヨタ帝国の陰にひっそり桃源郷

今日はファンタジスタと三河の東端に行って来た
赤丸のエリア
矢印の様なルートで



俺史上稀に見るハードな一日だった


天気予報は晴れもしくは曇り
しかし豊田市横断の途中で雨
そのまま赤丸エリアはずっと雨

上半身はたまたまマムートのゴアテックスを着ていたので問題無かったが
下半身はもう濡れ濡れジーンズ
気温4°の山中を濡れ濡れジーンズで疾走
最初は苦にならなかったが
やがて冷たさが苦痛になり
皮膚がヒリヒリしだし
最終的には熱くなってきた

距離とかじゃなくて
そういう部分でハードだった

俺の事をうっかりさんと思うかい?
確かに油断が過ぎた面はある
しかし
今日赤丸内のエリアで見掛けたライダー達はね
揃いも揃ってうっかりさんだったよ
うっかりさんじゃなかったのは同行したファンタジスタぐらいのものだったよ
天気予報がポジティブ過ぎたんだよね
地元の人達も
「今日は晴れって言ってたけどなぁ」
って言ってたし
まぁそれでも油断が過ぎたとしか言いようが無いけど



ちなみに
豊田市の中程以西は天気良かったみたいだけどね
一日中

帰りに
天気が良かった地域のコンビニでブーツを脱いでひっくり返したら水がバシャバシャ
それを見た他のお客達は皆
不思議そうな顔してた



いやしかし
愛知県最大の版図を誇る大トヨタ帝国の東隣は
侮れない素晴らしい土地だったよ


疲れているので写真やら何やらは後日














  1. 2010/03/08(月) 22:17:54|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岐阜の 恵那の 笠置

失業の身と言えど
夕方以降は母のお世話やらなんやらで忙しく
どっか行って写真撮っても
その日の内に写真の整理をしたりブログ更新したりという事が出来ないので
せめて翌日には更新しようと思っているのだが
お世話の方がお手空きになった後で飲みに行ったりすると
写真見る事すら面倒になってしまい先延ばしにし
翌日更新すら出来なくなる

そんな訳で
一昨日
天気が良かったのでフラフラしてきた話を今頃


目的無しで適当に走りつつ
岐阜県恵那市の笠置山に行って来たのだが
看板に導かれるままに
結果的にはヒカリゴケを見に行った感じになった


ヒカリゴケは岩間に生息するデリケートな苔で
名前の通りちゃんと光るらしい(厳密には僅かな光をがっつり反射する)

そんな素敵なヒカリゴケ
阿呆な輩が盗む事があるらしいのだが
盗んだところで
元からある生息地を離れると死んでしまうそうである


そんなデリケートさも含めて実に神秘的なヒカリゴケが
この岩間の奥に生息しているのだが

ena8.jpg

どうもヒカリゴケは心の綺麗な人間にしか見えないらしく
薄汚れた俺には光っているコケは見付けられなかった

時期が悪かったのかな
5月ぐらいにもう一回行ってみようかな

ちなみに岩間の中の写真は撮ってない
耐えられない程のスローシャッターになるし
息切れてたし
三脚立てるにも足場狭かったし





ツーリングの模様と他の写真は

[岐阜の 恵那の 笠置]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/07(日) 16:51:14|
  2. 岐阜でも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。