下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カニ鍋美味かった~


奈良で撮ったフィルムが中途半端に残ってたので
昨日どこかに写真撮りに行こうと思ったのだが
風に気持ちが負けて行かず

半端なフィルムをやっつけてから大阪で撮った分もまとめて現像出そうと思ってたのだが
当分写真撮りそうにないので大阪で撮った分を今日現像に出した
そしたら仕上がりが来年5日になってしまった


いやだいやだ
暦が変わったところで何も変わりゃしないのに
何で人々はこうも暦に踊らされるのか



俺は年末年始なんて大嫌いだな














スポンサーサイト
  1. 2009/12/29(火) 18:25:32|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪・奈良の良質な歴史の香り

昨日から大阪に行ってた

昨日
森田健作並みに一生青春の俺は青春十八切符を活用して在来線でチープに大阪入り

大阪到着後
小さな頃から何度も引っ越しを経験しているにも関わらず常に大阪城の近くに住んでいるという
何やら奇特な香り漂う友人のガイドによる大阪歴史散歩をし

夜は難波で忘年会
その後堺の友人宅でお泊まり

今日は駅まで車で送ってくれるという友人夫妻を巻き込んで奈良県は天理市にある石上神宮に行き
再び青春な感じで帰宅した



大阪歴史散歩はなかなか良かった
友人の解説が良かったからだとは思うけど

ガイド無しでは成立しない散歩だったし
そのコースだけ与えられて一人で行っても何も面白くなかったと思う

もしも体を求められたら受け入れてしまうかもしれない程度に感謝している


スタートは大阪城

ohsaka1.jpg

石垣が良い
俺の好みとはズレるが
スケールの大きさは流石


以前大阪城に行った時は大阪城に何の魅力も感じなかったが
時間の経過と共にものの見方は変わるもので
今回は大阪城をかなり魅力的なものとして感じる事が出来た

今回は行かなかったけど
エレベーターのある天守閣も今は肯定出来る
バリアフリーの先駆けとして

他にも良い櫓がいくつかあった
江戸時代の櫓も残ってる
これは感動
GRDでは撮ってないから今回は写真無いけど


大阪城の次は難波宮

ohsaka2.jpg

宮殿の礎石を再現しているらしい
しかしコンクリートで作られているので何も感じない


難波宮の次は戦国時代好きには有名人であろう細川忠興の大阪屋敷の台所にあったという井戸を見つつ
玉造稲荷神社へ

ohsaka3.jpg

阪神大震災で破損した鳥居
慶長八年に徳川家康にそそのかされた豊臣家が寄贈したものらしい
確かに慶長八年と彫り込まれてた


鳥居見た後は真田山
大坂冬の陣の際に真田幸村が築いた真田丸という出城の跡地とされる場所

真田幸村像

ohsaka4.jpg

記録に忠実な銅像の様に思える


真田丸から大阪城への抜け穴と伝えられている穴

ohsaka5.jpg

本当かどうかは問題ではない
そこに歴史ロマンがあれば良い


真田山の裏手には帝国陸軍時代の陸軍の墓地がある
西南戦争から満州事変の頃までの戦死者の墓地である
もの凄い数だった
不謹慎ではあるが
大興奮だった
墓石に鹿児島県士族だの福井県士族だの正七位・勲六等・功六級だのと書かれていれば
そりゃ歴史好きなら興奮するさ

ここもGRDでは写真撮ってない


真田山で歴史散歩を終了し
鶴橋の商店街を散策し
忘年会の開催地である難波に移動

待ち合わせの時間まで余裕があったのでお洒落なカフェを避けて昔ながらの喫茶店で一服
メンバー合流時に河内の出来人から念願の28mm単焦点を貰い受ける


忘年会では大阪の新しい魅力を知ったね
大阪は深いわ
大阪人の良さを再発見だな
具体的には書けないけど



忘年会の後
堺の友人宅へ

可愛いチワワがお出迎え

ohsaka6.jpg

うちにもチワワいるけど
うちのチワワも可愛いと思うけど
こいつも可愛いかった

天真爛漫の権化の様な可愛さ



犬と戯れた後風呂入って就寝


朝食は友人の細君の手の込んだ美味なサンドイッチ

朝食後天理市へ
そして石上神宮へ

ohsaka7.jpg

石上神宮は伊勢神宮と並ぶ日本最古の神宮らしい

余り有名な神宮ではないけど
国宝に指定されてる建物がゴロゴロしてる凄いとこ


奈良の人は礼儀正しいんだね
皆きっちりとした参拝の仕方だった
門くぐる時もちゃんと一礼する


ただし
俺は参拝しに行った訳でも国宝を見に行った訳でもない

何が見たかったかと言うと
石上神宮で最も崇高な聖地とされるただの地面である
しかしそこには入る事が出来ない為
塀の格子越しに覗くしかない
それがまた良かった

ただの地面だけに被写体としてはどうなんだろうと思いつつ
F3に135mm付けて格子にレンズ突っ込んで写真撮っといた
誰も望んでないかもしれないが
現像上がり次第載せる予定



石上神宮を堪能した後
友人お薦めの天理ラーメンの店へ

天理ラーメンは
ニンニクと共に炒めた白菜を濃いめの醤油ラーメンに載せるのが定番らしい
今まで食った事のないタイプのラーメンだが美味かった

天理ラーメン食った後奈良駅まで送ってもらって帰郷



なかなか濃厚な二日間だった














  1. 2009/12/28(月) 00:09:10|
  2. 番外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カニ

ズワイガニの片身5kg
オークションで購入
7800円
ロシア産
姉一家と共同購入



昼飯代わりに試食したが
ちゃんと身も入ってたし
美味かった


昼過ぎから本拠地で剪定後の後片付けを手伝っていたのだが
随分回復していた右手が悲鳴を上げたね
こりゃ当分バイク無理だわ



鳩山さん大変そうだね
ママからもらったお小遣いなのにね
臭い金じゃないのにね

ニュース見てると何人もの政治家が批判してる姿を目にするけど
今度何かあったら自分達も今回の批判する姿の映像出されるんだし
控えめにした方がね
後でかく恥の量が減って良いと思うんだけど

どうせ皆臭い金をこっそり貰ってるんだろうから



しまった
時事ネタだ














  1. 2009/12/25(金) 22:18:05|
  2. 番外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大山廃寺跡リバーサル? 1号さん

やっぱりチキンタツタは美味かった


普段F3ではバイクの写真は撮らないのだが
大山廃寺の駐車場でふと
たまにはリバーサルフィルムに1号さんの姿を焼き付けてみようと思った



写真で見ると綺麗な車体だ
スポーク以外は

もしもオークションでバイク買うとかってなっても
写真で判断なんか出来たもんじゃないなと思ってしまうね


しかしタンクの反射が邪魔でしょうがないな
この日は手持ち撮影重視だったからPLフィルター使わなかったんだけど
ちょっと後悔だな
PLフィルター使えばこんな反射綺麗に消えるのに


いやしかし
やっぱりXL250Sはカッコいいな













  1. 2009/12/22(火) 14:41:36|
  2. XL250S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大山廃寺跡リバーサル その三

笑い飯残念だったね
鳥人はでら面白かったけど


父を殴る訳にはいかいないので
床に八つ当たりしたら右手捻挫したっぽい
意外とヒビ入ってるのかもしれないけど
まぁとにかく痛い
何か変なとこが腫れてる

以前勤めていた職場で鉄の塊である万力に八つ当たりした時は何とも無かったのになぁ

やっぱり今の家庭の状況からして
色々揉めるよ
母に対する接し方と言うか世話の仕方と言うか
そういう事でね

戦中生まれの人間はやたら頑固だから
前の職場の団塊世代のおっさんらの方が遥かにちょろかった
まぁ親子だから増々なんだろうけど




大山廃寺跡のリバーサル

廃トイレ



驕れるトイレも久しからず
盛者必衰の理をあらわす

駐車場には最新のバイオトイレがあった
くそ汚い割には臭くなかった


ついでに不法投棄のリバーサル版

ohmtriv7.jpg

コントラストの違いに気付けるかな?

リモコンがわざわざテープで固定してあるところを見ると
業者の仕業っぽいな
不法投棄するのにわざわざ律儀にリモコン固定するとは思えないもんね

元持ち主はリサイクルに出すつもりで業者に任せ
わざわざ気を使ってリモコンを固定
業者は元持ち主から回収代せしめて不法投棄
こんな感じの流れじゃないかしら

まぁ別に珍しい話じゃないね


でも2台だけだもんなぁ
やっぱり素人の犯行かな













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/21(月) 22:41:35|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大山廃寺跡リバーサル その二

ちょっと気軽に遠野まで行こうと思った
遠野物語の遠野
東北の
青春十八切符で
各駅停車乗り継いで

でもやめた
乗り換え11回の25時間だもの
片道で




大山廃寺跡のリバーサルの続き

タンク?
空中浮遊する葉の写真の奥にあった



朝の爽やかさが出てるね
撮ったの昼だけど

いつもならこんだけ白飛びしてるとお蔵入りなんだけど
白飛びしてない写真だと明暗差が強過ぎるから蛇口が全く見えなくなってしまうし
白飛びしてるからこそ朝の雰囲気が出てて逆に有りかなと

撮ったの昼だけど


もう1枚
ドンヨリ感

ohmtriv5.jpg

アンダー過多で色が狂ってるけど

風がそこそこ強くて雲の切れ間が間断なく変化していたので
日の当たり方もシャッター切る度に変わるってな有様で
なかなか撮り辛かった


このタンクの写真撮ってたら後から足音が聞こえてきて
振り向いたらおじさんが歩いてこっちに向かってきた


取り敢えずお互いに元気良く挨拶
おじさんは挨拶をするなり道無き道を下って行った

その後
廃寺を下ったとこにある
小さな神社らしきとこからホラ貝の勇壮な音が聞こえてきて
更にその後気合いと共に祝詞が聞こえてきた

どうやらおじさんは俺を怪しんで様子を見に来た様だが
俺は俺でおじさんを怪しいと思ったよね

ただホラ貝の音色は非常に良いものだった













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/20(日) 17:25:32|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大山廃寺跡リバーサル 

チキンタツタを毎日食おうと思ってるみたいな事書いたけど
まだ一回しか食ってない
なんなら一回で飽きたっぽい
いや
歩いて行くには遠い場所にあるから
食いたいと言えば食いたいけどわざわざ車に乗って行ってまで食おうとは思わない程度に飽きた
が正解



大山廃寺跡に行った時のリバーサル

空中浮遊する葉

ohmtriv1.jpg

思ったより色出てるな


実は蜘蛛の糸に吊られてる

ohmtriv3.jpg

葉の上の方に薄ら見えるでしょ


こんなんが至る所にある
こんなんが至る所にあるというのが
いかにも普段は人が来ないという感じで
廃寺という言葉の響きに合っていて印象的だった













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/19(土) 21:59:59|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小牧の児神社に行ってきた

今日は俺の定休日にして失業保険の認定日
午後からどこかに行こうと思ったが
地元でさえ十分クソ寒い中もっと寒いとこに行く気になんてなるはずも無く
またしても近場で済ました
しかし近場にもいいとこは有るもんだと思い知らされた


今日行ったのは愛知県小牧市の児神社
「ちごじんじゃ」と読む

ohmt3.jpg

まあ実際には児神社じゃなくて大山廃寺跡に興味があったんだけどね

こういうとこ



補足すると
大山寺は最盛期には比叡山延暦寺に匹敵する程の勢いが有ったらしい
しかし最後には結構有名なお寺である三井寺に焼き討ちされたんだとさ


しかしいかにも廃寺跡な写真は

ohmt4.jpg

これしか無い
礎石なのかただの石なのかよく分からんけど

特に表示があった訳ではないので素人にはよく分かりません


塔の跡は随分渋い分かりやすい礎石があるらしいのだが
ちょっとしたハイキングを楽しむ羽目になるのでやめた


そんな訳で
いかにも大山廃寺な写真や児神社な写真は殆ど撮らず


他に撮ったものと言えば

空中浮遊する枝

ohmt2.jpg

とか


不法投棄

ohmt6.jpg

とか


何か

ohmt7.jpg

とか

そんなんばっか撮っとった

不法投棄の写真はGRDでは久し振りに真面目に撮った写真だな



大山廃寺跡は国の史跡なのだが
そういう事より変なものが周りに色々あって
そういう意味でいいとこがあるもんだと思った

どうせ何も無いんだろうと思って三脚持参せずに
三脚無しでも何とかなるけど色が好きじゃないフィルムを2本だけ持ってったんだけど
物足りなかったな

出来上がった写真の色次第ではお気に入りのフィルムをわんさか用意して
三脚持参で撮りに行くかもしれない

それぐらい気に入った

でも他にも魅力的な寺が近くにあったし(石垣が魅力的だった)
フィルム切れ後に良いお地蔵様発見してしまって悔しかったから
近い内にまた行くだろうな



帰りに念願の再復活を果たしたチキンタツタを食った
美味かった

住宅密集地の平日の昼過ぎのマクドナルドは
平均年齢がかなり高い事を知った













テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/17(木) 17:44:31|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本拠地の周辺をウロウロした時のリバーサル その三

今日もまだ本拠地周辺のリバーサルの続き
GRでも撮ったタイヤ

本来シュールであるべきこの光景も
最近ではシュールじゃないから恐い



言っておくが道路沿いではない
何かの拍子に外れて転がってきた訳ではない
誰かが持ってきている


そう言えばここに至るまでの道沿いには不法投棄を監視するカメラが設置してあった

愛知岐阜の県境の山の中だし
この辺りには愛知側にも岐阜側にもそれぞれ工業団地があるし
不法投棄には持ってこいの場所なんだろうな

ちょいちょい怪し気な工場もあるし


まぁこのタイヤはそんな大それた不法投棄ではなく
ケチ臭いしみったれた奴がコソコソと持ってきたんだろうけど













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/15(火) 15:42:52|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本拠地の周辺をウロウロした時のリバーサル その二

楽しい時間というのは得てして短く感じるもの
しかし稀に楽しい時間を長く感じる事もある
そういう時間を至福の時と言うのではなかろうか


今日は定休日なので
どこかに行こうかなと思ったのだけど
腹が危険な状態で行くに行けない
昨日ホルモン食い過ぎた
いやせせりも食い過ぎたな
豚ハラミも食い過ぎか
酒はビールとチューハイは計6杯
王将でチマチマつついて
最後はミスド
トイレ駆け込みは帰宅後から計5回

腹壊した感じというよりは
単に食い過ぎな感じ




本拠地ウロウロリバーサルの続き

残念感を伴った古風な神社への道の途中で見かけた朽ち木
意外と華やか

honkyoriv3.jpg

足場が狭いから三脚使って広角で撮るの大変だった
置ける位置も限られるし
三脚の脚が写り込んでしまうから角度も限られる

この写真にも苔がいるねぇ

木漏れ日のスポットライトに照らされた苔の辺りに近接

honkyoriv4.jpg

あ~可愛い~可愛いよ~
ハイゴケちゃん可愛いよ~

枯れ葉も良いな
ベルビアでPLフィルター使ってコッテリさせれば
枯れ葉も随分エロくなるな
浪合の時の朴葉ほどではないが


この写真撮る時も三脚の設置場所に非常に困った

でも苦労して撮った写真は
他人にとっては何でも無い写真でも可愛く思える
必ずしもそうとは言い切れないが
どうしても思い入れは増すね

まぁ2枚とも広角単焦点の24mmを使ったから増々苦労した訳で
ズーム使えばまだマシだったと思うけど

でもしょうがない
24mm使いたかったんだから













テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/14(月) 13:06:49|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本拠地の周辺をウロウロした時のリバーサル

今日リバーサルの現像が上がった訳だが
郡上八幡に行った時はリバーサルで写真撮るの忘れてたって事にする


本拠地の周辺で撮った写真は
主に苔の写真と言うか
大抵苔が写ってる写真ばかりになった


取り敢えず今日は
とにかく苔!な写真

いかにも苔!な写真撮る分には景色とかどうでも良いから楽



一体何種類の苔が写ってるんだろう


ちょっとアップ

honkyoriv2.jpg

やばい
可愛い
動悸が激しくなりそうだ

色が濃い方はスギゴケだよね 多分
薄い方はハイゴケだな

良い感じに共演してるな
ハイゴケの方が引き立て役みたいになってるけど
でも俺の好みのタイプはハイゴケちゃんだなぁ


あぁ
可愛い












テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/12(土) 23:02:48|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・本拠地の周辺をウロウロ

さて
昨日氏神さんの後に行った格式ある神社
って言うより土俗信仰の香り漂う神社の続き


ここは
昨日もちらっと書いたけど
夜来ると凄く恐い
でも昼間に来ても気味が悪い

隣には採石場が有りダンプの往来も多い
それでも気味が悪い

ちなみに採石場が出来る前の気味悪さは尋常じゃなかったらしい
うちのご隠居がそう証言している


さてさて
危険な階段を登ると何やら小屋がある
怪しい小屋だった



ガラス割れてるし


そしてご神体の岩
足場が狭過ぎてご神体全体を写す事が出来なかった

honkyo6.jpg

ご神体の霊験を目減りさせるヘンテコな櫓
昔はこんなものは無かったらしい
うちのご隠居がそう証言している

三脚片手に登るには少々きつい階段だった
櫓に上がると神棚の様な物があった


意気消沈して麓に戻る途中で異な光景

honkyo7.jpg

俺の中でのこのタイヤの存在は
ご神体にへばりついてた櫓と同一線上にある


ここの神社はね
恐らくここらに人が住み始めた頃から信仰の対象だった場所なんだよ
自然に対する恐れとか親しみとか敬う気持ちとかね
日本にはっきりした宗教が誕生する前から土俗信仰の聖地だった場所なんだよ
どう考えても

山とか森とか岩とかね
そういう自然物を崇拝する習慣は相当古い時代からある

ましてやこの神社にはかつては宗教の香りなんかしなかったらしいんだから
ご隠居の話では
ご隠居の話だからね
100年も前の話じゃないよ
結構最近の話だよ


それが今では特定の宗教団体の聖地の様になってしまっている
差し障りがあると思うから写真撮らなかったけど
神道系の宗教の墓まであった
小屋だってそういう人達の行事用の小屋だと思われる
そう思わせるものが小屋の中にあった

別にこの場所をどこかの宗教団体が聖地として信仰するのは構わない
そんなものは自由だからね
しかし自分達の都合でその場所の本来の姿を変えてしまうのはどうかと思う

ここは本来特定の宗教とは結びつかない
自然に対する人々の素のままの信仰の対象だった場所
極めて公共に開かれた場所

それを一部の人達が我がものの様にしてしまっている
この現状は非常に悲しい



等と憤りつつも写真を楽しく撮って舗装林道に何かを求めて進入
行く度にアスファルトがボロくなってる気がする

しかし何も無く林道終了
ダートの林道もあるけどカメラの事を考えるとちょっとね


その後本拠地近くのうどん屋で天ザルきしめん食す
大好物
天ぷらも美味いしきしめんも相当俺好み


林道で写真撮らなかったから
またフィルムが中途半端になったので更にフラフラ

何でもない川の傍らで良いもの発見

honkyo8.jpg

現像が上がるのは土曜日

また金が飛んで行く


















テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/11(金) 22:05:10|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本拠地の周辺をウロウロ

郡上に行った時のフィルムが中途半端に残ってたので
リバーサルは使用途中で放っとくと劣化すると聞いたので
取り敢えずどこかに写真撮りに行こうと思い
木曽にでも行こうと思ったけど
でもこの時期は特に行きたいとこもないのにバイクで遠出は辛いし
って事で本拠地の周辺をウロウロしてきた

例によって写真はサムネイル表示にしてある



本拠地の辺りは結構田舎
しかしバイパス沿いなので交通量が田舎臭くなく
中途半端な感じ

しかしやはり田舎なので
ちょっとウロウロすれば色々ある
と期待してウロウロしてきた

まずは当家の氏神である神社



小さなお宮がある

内部はこう

honkyo2.jpg

正月にはちょっと楽しいイベントがある
子供が中に入って大人が投げた賽銭を拾うというもの

俺も小学生の頃に入らしてもらった事がある
その時は大人は親戚一同だけだったけど
それでもかなり儲かったという記憶が有る
俺があまりにも大喜びで賽銭を拾うもんだから大人達も楽しくなったんだろうな
金を投げまくってくれた
最終的には賽銭を催促し過ぎて引きずり出されたけど
小銭より札を寄越せとか言ってた気がする

その後この神社に初詣に行く事がなくなったのは言うまでもない


石垣が良い感じ

honkyo3.jpg

最近積み直したらしいけど


氏神さんの周りを散策して写真撮って
その後氏神さんからほど近い神社に行った

昔友人と夜中に行った事あるんだけどなかなか恐かった
まず道が危険

honkyo4.jpg

岩を削った階段とコンクリートの階段のコラボレーション

この神社はかなり歴史のある神社の様で
ご神体が岩山である
特に神殿とかが無いのがいかにもな感じだ
そして格式は結構高いらしい


今日はここまで
ご神体の写真等は明日

明日は宗教批判の予感













テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/10(木) 20:13:26|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千年

最近よく観ているのは昼ドラの「クリスマスの奇跡」です
まるで主婦の昼下がりです
別に面白いとは思いません
酷いとも思わないけど



高知でも特にお気に入りの梼原
愛媛と高知の境目の山の中

梼原は
はちきんの店の店長さんの話では美人が多いそうである
これは愛媛の由来の裏付けにも繋がるね
何しろ梼原を開拓したのは伊予から来た人達
つまり愛媛から来た人達なんだから

ただ疑問に思うのは
千年以上前の美人と現代の美人が一致するのかという事
今さらだけど

確かに現代においても松山なんかは美人が多いという評判だし
古事記に愛比売の記述がある以上は千年以上前から美人が多いという評判があったはずなんだけど
千年以上前の美人って言ってもね
美人の条件が「髪の毛が長い」「顔がデカイ」「下膨れ」だからね

それでもなお千年の時を隔てても美人が多い土地

何なんでしょう?


そんな訳で
店長さんとは今もって尚
繋がっております













  1. 2009/12/09(水) 16:34:05|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人面蜘蛛

昨日撮ったリバーサルフィルムはまだ現像に出してないし
GRではあんまり写真撮ってないから
しばらくは写真無しが続くだろう

しかし今日は辛うじて写真が有る
ちょっと前に庭で撮った蜘蛛の写真

face.jpg

頭が人間の顔に見える様な気がする
何蜘蛛ってんだろうね

ちなみに
写真からは伝わらないと思うけど
モデルさんとレンズの距離は1.5cm
何枚も撮ってるうちにレンズがモデルさんとぶつかってしまい
モデルさんがご機嫌斜めになってしまって撮影中断


接写って難しい













テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/08(火) 14:44:15|
  2. 番外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファンタジスタとツーリング二回戦

ちょっと前に岩村プチツーリングでファンタジー溢れるプレーを連発した若者とツーリング行った
今回の目的地は岐阜県は飛騨地方の郡上八幡


駄文を綴る前に取り敢えず一言だけ言いたい

とても寒かった

山間部の道路脇によくある気温表示の
俺が目にした最低気温は4度
その他も10度を超えるとこは見かけなかった
しかも寒風吹きすさぶ中でのツーリング
指が千切れるんじゃないかと思ったよね
グローブしてても無理無理

手はどんなに寒くてもやはり多少は汗をかく
それが寒風でcool downだyo
そりゃあもう悲惨だったyo


ではそろそろ駄文と駄写真を

写真はサムネイル表示なのでクリックすべし



今回は他に予定が無かったので9時過ぎに合流・出発
今回のルート設定は若者

途中ちょっと道に迷いつつ白川郷方面へと国道を北上

最初の休憩地である道の駅・美濃にわか茶屋で明宝フランクフルトを食す
この頃はまだ暖かかった



やだぁ~先っぽが剥けてる~

普通のフランクフルトより遥かに美味い
にわか茶屋に行ったら食うべし
若い女性は情熱的に食うべし


取り敢えず折り返し地点の郡上八幡城
山内一豊とその妻の銅像

gjtour2.jpg

何で山内一豊の銅像が有るのかさっぱり分からなかったので調べてみたら
嫁さんがここの城主の娘だったんだって

銅像の後の山の上に天守閣があるでしょ
もちろん行ってないよ
昭和初期に他所の城をモデルにして建てた天守閣なんて興味湧かない

訳の分からん復元せずに石垣だけにしとけば良かったのに
まあ戦前の復元だからそれはそれで貴重かも知れないけど


城の登り口で記念撮影

gjtour3.jpg

若者が前回のツーリングで乗ってたバルカンは売却済
「こだわって買ったから気に入ってるっす!」なんて言ってたんだけどねぇ

そんな訳で今回はお父上のイントルーダー
排気量は1600cc 
俺の愛する1号さんと2号さん合せても三分の一に満たない


郡上八幡の川

gjtour4.jpg

郡上八幡は古い宿場町の名残が残ってるんだけどね
そういうエリアは通り過ぎただけ
良いとこだけど


郡上八幡を出た後
綺麗に舗装された快適な広域林道走り峠を越えて国道に合流し東進

道の駅・和良で昼食

道の駅からほど近い念興寺には鬼の首が祭られている

gjtour5.jpg

いや
興味無いから行ってないよ
写真は道の駅に有った看板の写真を複写しただけ

俺の頭蓋骨だって角と牙付ければこんな感じになるって
マジで


食事を済ました時点で15時
日が落ちれば増々寒くなるし急いで帰ろうと思ったのだが
ツーリングマップルで
「穏やかな山間風景を行く二車線快走路」
と紹介されてる飛騨街道なる道を走りたくて遠回して帰った

まあ後悔したわな
別に写真撮りたいと思う場所も無く
徐々に日が落ち
体感温度は増々低くなり
しかも遠回り


いやぁ
寒さが身にしみ過ぎて辛いツーリングだった
今回は若者のファンタスティックなプレーも見られなかったし

まあ敢えてファンタジーを求めるなら
普段は耳が遠い若者が
ツーリング中だけはやたらと耳が良いって事ぐらいかな

アイドリング音が五月蝿い上にジェットヘルメットで耳が塞がっているのにも関わらずね
試しに普通の大きさのつもりの声で話しかけてもしっかり返事するんだもんな

あれは不思議だった
普段は本当に耳が遠いから
単に普段は注意力散漫なだけかも知れないけど


道自体はそれ程キツいとこも無く
快適に楽しく走れたから
とにかく寒かったっていう以外は楽しいツーリングだった

ただ
何度も言うが
寒過ぎた













テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/07(月) 23:27:45|
  2. 岐阜でも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チキンタツタまだ?

学生の頃好きだった「ザ・コミットメンツ」って映画
第二回四国旅の直後にDVD買ったんだけど
悪い歳の取り方をしたのか
今観ると全然面白くない
マックチキンの肴にしたからだろうか


そうそうマックチキン
やっぱりあれじゃ駄目だ
チキンタツタじゃなきゃ駄目だ
12月中旬に再復活の予定らしいんだけど
待ち遠しくて仕方ない
今度は毎日の様に食おうかと画策している
期間限定だから食い貯めしなきゃね


そのチキンタツタ
何故メニューから消えたのか調べてみたら
鳥インフルエンザの影響だったらしい

当時のチキンタツタの鶏肉の輸入元は中国とタイとブラジルだったらしいのだが
特に中国とタイの鶏肉が9割を占めていたらしい

しかしよりによってその二カ国で鳥インフルエンザが発生
ブラジルだけで鶏肉を調達するとコストがかかり過ぎてしまう
よって中止

じゃあ今のチキンタツタはどこの鶏肉なんだろうね
期間限定とは言えど
利益が出るから販売してるんじゃないのかね
赤字確定の上で復活させてる訳じゃないでしょ
だったら完全復活してくれよって話だよ


まぁそうなったら滅多に食わなくなると思うけど
俺は













  1. 2009/12/06(日) 14:45:50|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・正岡子規

先日購入した正岡子規の著作の中に
正岡子規の写生主義を学びたくて購入した「歌よみに与ふる書」というのが有る
短歌に関する論文の様な著作と思えば多分
的外れにはならないと思う

しかし俺が読むには的外れだったかも知れない
何故なら俺は歌よみじゃないから
短歌全く知らないから
短歌の有名な人も名前しか知らないから

そんな俺には全くもってチンプンカンプンだった

ただ公の場で当時の主流を成した派の歌人達をこき下ろす様は
なかなか笑えた
(当時は新聞に連載されていた)


そんな訳で「歌よみに与ふる書」は後回しにして
改めて随筆集である「墨汁一滴」から読み始めている
面白いよ













  1. 2009/12/05(土) 23:08:14|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正岡子規

実に久方ぶりの写真無しでござい


唐突だが
歴史上の人物で誰が好きかと聞かれたら
ここ数年は正岡子規と答える事にしている

もっとも
ここ数年そんな質問された事が無いから
答える事にしているだけという話だが


夏の四国行きで松山に行こうと思ったのも
最初の切っ掛けとしては
正岡子規を育んだ風土を感じたかったというだけの事である
実際に現地でした事と言えば松山美人と二時間半に渡って戯れただけの事だが


ここまで書いておいてなんだが
俺は正岡子規の人となりに関するエピソードや事績は知っていても
実はその著作を読んだ事が無い
戦前の文章は翻訳してもらわんと読み辛くてしょうがないというだけの理由で読んでない
「そのやうに」とか「しておつた」とか「それといふのも」とか
旧仮名遣いは疲れる

しかし先日NHKの番組で正岡子規を取り上げてて
その番組を見たらムズムズしてしまって
正岡子規の著作を四冊買ってしまった


俺の直感が訴えてきたね
今が読むのに一番良いタイミングだと
色んな意味で今こそなんだと


冬の間は青春十八切符での旅を予定しているので
きっと良いお供になってくれる事だろう













  1. 2009/12/04(金) 19:59:26|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物干し場

やってる事は素晴らしいけど
線引きが下衆だ
日本の文明が衰退する

金メダルの数を誇りにしたい
日本人の手による日本製のノーベル賞を誇りにしたい
文明大国の国民だって胸を張りたい




先日ちらっと書いた本拠地でやったテスト
実はレンズのテストだったんだな
オークションでレンズ落札しちゃってね
結構評判良いレンズなんだよね


そん時に撮った写真
生活感の残り香が漂う廃墟

24test.jpg

本当は廃墟じゃなくて納屋だけど
現役の

婆ちゃんが生きてた頃はここで洗濯物が風になびいてた



んん
シャープだな
ええぞええぞ
色もなかなかええぞ
コントラストはキツいがそれは俺の好みと一致するからええぞ
うん評判通りだな
思い込みの可能性は敢えて否定しないが

若干塵が混入してたけど全く問題無いし
良い買い物した~!


落札したレンズは「Ai Nikkor 24mm F2.8S」ってレンズ
新品だと7万近くするからとても買えない
なのでオークション
17000円でフィルターとフード付き


今までズームばっかりだったからそう思うんだろうけど
この手のレンズは小さいから
スローシャッターが結構平気なのが良い

それに広角単焦点ってのは撮ってて楽しい
GRデジタルも広角単焦点だし勿論楽しいけど
ファインダーから覗く広角単焦点は段違いに楽しい
既に持ってる135mmも単焦点だけど望遠だからね
用途が限られるし楽しいって感じではない
覗いて見える情景が面白くはあるけど


でもスナップ用としてはちょっと画角が広過ぎる様な気がしないでもない
もっと広い方が良いと思う事も有ったけど
もっと狭い方が良いと思う事の方が多かった
いずれ友達からスナップに最適と評判の28mm貰えるから
24mmは風景用のメインレンズかな

次は20mmか35mmか
迷うねぇ

迷うだけで買わないけど
















テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/03(木) 16:04:49|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬山ドライブ

若干の二日酔いと下痢というコンディションではあったが
両親が紅葉を見に愛知県は犬山市に行くというので
正直行きたくなかったが
父一人で母の世話をしながら行楽って事になると
かなり大変だろうし
後で聞きたくもない愚痴を聞かされるので
心に鞭打って一緒に行った

まぁ
母が意外と速いテンポで歩く姿を見れたのは
ちょっと嬉しかったな

しかし平日の紅葉の名所というのはやはり年寄りが・・・やめとこ
自分もいずれそうなるんだろうし


犬山の川沿いの公園にて



葉脈も写っておりますですよ
えぇえぇ良い天気でございました

この公園の近くには
かの有名な桃太郎神社がある
え?桃太郎神社知らないの?駄目だなぁ
ここらは桃太郎の生誕地なんだってさ
だから祭ってんだってさ
へっ

桃太郎神社の写真なんてないよ
横目で見て終わらせたから


公園のベンチで味噌田楽を食した

dogmt2.jpg

うんこがついた豆腐じゃないよ
味噌が塗ってある豆腐だよ

これ美味いんだ



桃太郎神社か・・・
ちょっと気になり始めたな
でも幼少の頃行った事あんだよな
そん時の写真見る分には行く価値感じないんだよな
でも桃太郎神社で大真面目に写真撮るのも楽しいかもしれないな













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/02(水) 14:29:37|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浪合のリバーサル 廃バスその弐

誰も気付いてないと思うけど
カテゴリを整理した



今日は廃バスの写真の別アングル
正面から



より悲惨な感じかな

視点をバスに置けば悲惨だし
視点を自然界に置けば逞しいし
俺の視点で見れば優しいし

その辺は見る人それぞれで

何も思わないならそれもそれ
この程度の写真じゃ何も伝わらないってんならそれもそれ




そうそう
先日
母の調子が最近良いなんて書いたけど
調子が良いのも事実だけど
普通に進行はしてる
進行前提の病気だからね
進行はしてるけど調子は良いというだけの話で

心配してくれてる人もいるので一応ね
報告的な事をした以上は補足をと思って書いた













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/01(火) 14:02:11|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。