下手が横好き

下手糞が横好きで撮った写真の数々。下手過ぎwwwとか言わないでね。自覚有るんだから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浪合のリバーサル 廃バスに見た斜陽

昨日の写真
朴葉がエロいな
手前の方で目立ってる朴葉がエロいな
あの質感はエロいな

うん
エロい


今日はツーリング内容の方に載せた渋柿の木のリバーサル版を載せるつもりだった

しかし残念な事にGRデジタルで撮った先日載せた写真の方が遥かにマシだった為に却下した
こういうのちょっと悔しい
メインカメラでちゃんと撮れてないっていうのがね

まあ俺以外の誰にとってもどうでも良い話だと思うけど



なので今日は
ツーリング内容の続編に載せた廃バスの写真のリバーサル版

namiai4.jpg

何とも悲惨な感じのバスだねぇ

西日に照らされた廃バス
敢えてタイトル付けるなら「斜陽」ってとこだな
太宰治の「斜陽」読んだ事ある人ならピンと来るんでないの?
俺は読んだ事ないけど


この廃バスの写真は
ツーリング内容の続編に載せたGRデジタル版の方が構図が綺麗な気がするけど
リバーサル版の方が力強いと言うかインパクト有ると思うんだけど
どうなんだろ?
誰か意見聞かせてくれたら僕は嬉しいなぁ













スポンサーサイト

テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/30(月) 16:01:44|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浪合のリバーサル 関所跡の苔・兵どもが夢の跡

そうそう
ツーリングしてると
子供が手を振ってきたりピースしてくる事がたまに有る
大体無視する

しかし浪合から帰る時に面白い子供がいてね
俺と同じ方向に向かって歩いてたんだけど
わざわざ後ろ向きで歩いて俺を待ち構えて
深々とお辞儀

可愛いじゃないか

とびっきりの笑顔をプレゼントしてやったよ
髭面の三十路の最高の笑顔をね



そんな事より
今日は浪合関所跡の苔の写真

浪合関所跡地はもう苔畑って言いたいぐらいに苔まみれだったなぁ
苔畑って言葉が一般的に通用する言葉として存在してるのかどうか知らないけど

namiai2.jpg

しかし苔畑な感じの写真は撮ってない


この写真は結構迷った
もう一段明るいともっと苔が強調される感じになるんだけどね
でもそれだと全体が締まらないというか散漫になってしまうというか
何だか雰囲気が損なわれてしまう

それに苔だけが写ってるんじゃなく枯れた朴葉もいるわけだし
朴葉の配列が面白いし
そんな訳で迷った挙げ句にまあこれに落ち着いた


苔好きの人って結構多いよね
もちろん俺も苔好き
色の美しさは勿論なんだけど
やっぱり何て言うかね
コケティッシュだよね

苔だけにね

苔ティッシュ













テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/29(日) 15:23:04|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浪合のリバーサル 浪合の旧伊那街道

今日は本拠地にてちょっとテストしてきた
何のテストかは後日



浪合のリバーサル写真が上がったのでそちらを
まずは浪合関所に至る古街道

namiai1.jpg

この道は旧伊那街道なんだけど
江戸時代と同じ姿をとどめている
多分

そう思いながら歩くと
そりゃあもういい旅夢気分になる











テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/28(土) 17:13:43|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・旧浪合村に行ってきた

昨日の続き


まずは廃バス



自然界の逞しさ


浪合は良いとこ
山村・自然・歴史
俺の好きなものが揃ってる

春にも行きたい
桜の木が結構な本数有ったし


今日は村道の話とちょっと歴史の話
暇なら続きを

[続・旧浪合村に行ってきた]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/27(金) 17:02:34|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧浪合村に行ってきた

今日は俺の定休日
天気が良かったので
長野県下伊那郡阿智村の浪合ってとこに行ってきた

どうせ明日は家で暇な一日を過ごすので
二回に分けて更新する


浪合ってのは2年前に下伊那郡阿智村に合併された旧村
実は何度か行ってたりする
一度目は前の会社の人々と行った極楽峠ツーリング
二度目は後輩ときゃいきゃい言いながら行った写真ドライブ
あと大平街道の帰りに近く通ってる


良いとこでね
古き良き山村の匂いが残ってるんだよ
浪合は



渋柿の木
すんげぇデカイ
どうやって収穫すんだろ
高枝切り鋏でも厳しいんじゃなかろうか


良い撮影スポットには恵まれた
リバーサルがどうなってるか楽しみではある
期待すると後で哀しい思いする事が多いから期待はしないけど


今回の趣旨としては
もうすぐツーリングには厳しい季節になるしって事で
お気に入りの道を走る事を重視しつつ
そうなると必然的に阿智村の手前までは行けるから
ついでに阿智村行って浪合で写真撮ろうと
そう言う事


では他の写真やら何やらは続きにて

[旧浪合村に行ってきた]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/26(木) 22:53:22|
  2. 長野にて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国迷子旅の写真 葉

最近母の調子がすこぶる良い

回復してる訳じゃないし
元気だった頃はおろか2年前と比べてさえも何が調子良いんじゃいって話だけど
それでも嬉しくて仕方ない程度には調子が良い

通販で売ってる様な薬なんて疑いの目でしか見てなかったけど
意外とやるもんだ
(訂正:薬じゃない 健康食品的な錠剤 通販でしか売ってないと思われる)

おいサントリー
褒めてつかわす





四国の写真の追加十一番手
可愛い葉



可愛いでしょ

可愛かったから



四国の写真はこれでお終い











テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/25(水) 15:21:10|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国迷子旅の写真 段々玩具箱畑

職安の帰りに来来亭でこってりラーメン食べるのが定番化している

来来亭の社長ってすんごい金持ちなのね
こないだテレビでやってたわ
滋賀県の高額納税者ランキング3位だって
2位は武豊ね

1位のあれは誰なんだろ
2位以下と桁が違ってたけど


職安で求人検索用パソコンの順番待ちの間喫煙所で煙草吸ってた時
向かいで煙草吸ってた人が奥さんらしき人に電話してて
別に聞くつもり無かったんだけど聞こえるままに聞いてたら
煙草吸ってた人
超スウィートボイスで奥さんと喋ってたんだけど
どうやら奥さん妊娠中で
煙草吸ってた人
スウィートボイスで優しい言葉をかけまくってた

頑張れパパさん
早く良い仕事見付けろよって
心の中で応援しちゃったね


気楽でスマン





四国の写真の追加十番手
四万十グルメを楽しんだ翌日の朝に撮った写真



子供の玩具箱みたいな段々畑

各段毎に栽培されているものが違ってて
なんだか雑然としてて


結構横長の畑だったから横位置の方が良かったかなとも思うんだけど
横位置だと余りにもただの段々畑でね











テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/24(火) 17:21:09|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国迷子旅の写真 紅葉に混じるXL250S

超ショック
人生初の毛先から毛根まで白一色の鼻毛登場

前の職場の先輩が言っていた
「鼻毛に白髪混じっとるとよぉ、結構ショックデカイんだて」
って言葉を思い出す

まさかこれ程の衝撃とは・・・
記念に保存する事にした




四国の写真の追加九番手
紅葉に混じる1号さん



随分立派な紅葉振りだな
本当にこんな色だったかしら


この時は使ってたフィルムの事情やら何やらで
シャッター速度がなかなか遅かったんだけど
そう言う時は普通三脚使うんだけど
もう面倒で
三脚使わずに失敗ってのは第一回四国迷子旅で散々やってんだけど
そん時より不利な状況だったのに
それでも面倒で
結局手持ちで頑張った

深呼吸して
小銃を撃つ時の鉄則である
「霜が降りる様に静かに引き金を引く」
って言葉を心で復唱しつつ
シャッター切ろうか
まだだ
今上体が振れた
今だ
いや駄目だ
力が入り過ぎたから駄目だ
を繰り返してようやく撮った写真

多分あんまりブレてない
スキャナーで取り込んでもらってて粒子粗いからよく分からんけど

ピントもね
どこに合ってるかよく分からない
少なくとも1号さんではない
多分数有る葉っぱのどれか











テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/23(月) 11:14:25|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国迷子旅の写真 カルストとカルストの継ぎ目にて

カルスト台地の県道は
旅の記録でも書いたけど
実際走ると前後半に分かれる感じ

もちろん本当に前後半に2等分されている訳ではなく
カルスト表面を通っていた県道が
途中でカルスト表面から中腹に入り
再び表面に戻るという事だと思う

中腹部分はどこにでもある峠道みたいな雰囲気


そんな中腹部分で撮った写真で
四国の写真の追加八番手
呑み込まれ始めた小屋



色目が気に入りつつ
自然の元気の良さに見入りつつ
何となくデイダラボッチの腕を感じつつ


ただここはスズメバチが多くて

何かうるさいなぁと思って見上げたらスズメバチの大群
やばいと思ってバイクに戻ろうと思ったらバイクの周りをうろつくスズメバチ数匹

仕方ないから気を取り直して写真撮って
隙をついて襲われる前にそそくさと立ち去った










テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/22(日) 13:28:03|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国迷子旅の写真 四国カルスト その三

昨日は下痢が酷かった
トイレに何度も駆け込み
そりゃあもうボトボトボトボト

一昨日の焼き肉だろうか・・・





四国の写真の追加七番手
牛の朝食
爽やか狙いで



ほぼ逆光だから分かりにくいけど
牛です

ちょっと爽やかな感じするでしょ?

まぁ
どうせこいつら糞垂れながら飯食ってんだけどね
そりゃあもうボトボトボトボト・・・














テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/21(土) 15:07:10|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国迷子旅の写真 四国カルスト その二

ウィンカーの件でバイク屋に行った
左前のウィンカーが弱いから電流のバランスが悪いのであろうと言う事になり
まずは接点に油を注し
余り変わらなかったので
ワット数の小さな電球に換えた

明るくなった
点滅のペースも程良くなった

左側だけ

右側は相変わらず
たまに正常だけど
とにかくムラが有る

このムラは何とかならんものかと相談したが
最終的に
「生き物みたいなものと思い込む」
という方向で解決に至った





四国の写真の追加六番手
朝を強調したつもりの四国カルスト



夕焼けに染まってないけど影が長いから朝のそこそこ早い時間なんだろうなと察してほしい

一昨日書いた様にカルストには寂寥感を感じる
今回は朝だったから増々なのかなとも思う

これから始まりだという寂しさ
まだ始まってない寂しさ
始まる前の静けさ

それらがカルスト台地自体の寂寥感と相まって
繊細な感性をお持ちの俺の心に増々響いたのではないかなと


それが写真で伝えられたら俺も大したもんなんだろうけど
どうせ伝わらんだろうな

大体この写真暗過ぎる
影まで潰れかけてる

露出を一段上げた写真は明る過ぎたし
0.5段とか上げられれば良いんだけど
残念ながらF3HPには出来ない話なんだよな
俺が知らないだけで何か技有るのかなぁ


でも敢えてフォトショップで明るさの調整とかしない
シャッター押した瞬間に全てが決まる
その結果に手を加えない

何故なら遊びで写真撮ってるから
遊びで写真撮ってるくせに
誰を意識してかやたらと補正かけて喜ぶなんて
ナンセンスだ

プロは需要に応じて
注文に応じて写真撮らなかんから補正はかけて当たり前
でも趣味の写真には何の需要も無い
補正をかけるって事は自分に対する誤摩化しでしかない


先日水平が出てないからって角度補正した俺が熱弁をふるう
勿論自分に対する誤摩化しでやったよ
遊びでやった訳でもない











テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/20(金) 17:54:59|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

純粋にツーリング

失業直前に仕事を教えていた若者とツーリングに行ってきた
なので
四国の写真はまだあるが
今日も中断してツーリングの模様を・・・

個人的には面白い一日だった
ツーリングがって言うより
その若者がね


一緒に行った若者
愛車はバルカン800なのだが滅多に乗らず
もっぱらヤマハのメイト(カブの類似品)で通勤し
更にツーリング経験があまり無い為
かなり短距離でルート設定

って事で
極力楽しい道を選びつつ
片道2時間程度の
日本3大山城の一つである岐阜県恵那市岩村町の岩村城を折り返し地点に設定


今日は職安の認定日だったのでそっちを済まし
11時に合流
アメリカンにお薦めの快適な道である岐阜県道66号を走り
道の駅でざる蕎麦を食し
国道418号を通って
古い趣のある国道363号を通り
岩村到着


そこまでは良かった



若者
どうするとそうなるのか
タスキがけにしてたはずのバッグを363号に落としてしまった
ミラクル


仕方がないので
「そりゃいかん。すぐ探しに行こう」と言いつつ
まずは岩村城見学をする事に

丁度発掘調査してた



指揮を執ってる先生に色々質問したかったが
忙しそうなので控えた


岩村城つっても今は城跡だけ
でもここの城跡は非常にムラムラする良いもの
下手に城が再建されるより遥かに良い

とにかく石垣はしっかり残ってる

iwatou2.jpg

右端だけ新しくて形も綺麗
江戸時代にでも補強工事したんだろうね
ここの石垣は新旧入り交じってて面白い


俺が一番心惹かれるのは

iwatou3.jpg

こんな草に覆われた寂れた石垣


バイク

iwatou4.jpg

手前が若者のバルカン800ドリフター
ズは付けちゃいけない



岩村城を見学した後
若者のバッグを探しつつ蕎麦を食った道の駅まで戻り
見つからなかったので再び岩村までゆっくり走り
しかしやっぱり見つからなかったので
岩村町の交番に遺失物の申請

若者がちょっと凹みながら書類に記入している間
俺は老警察官と談笑


申請後交番を後にし
俺は近くのガソリンスタンドで給油
若者は「まだ余裕っす!」と言って給油せず


その後取り敢えず帰路につき
途中の道の駅で休憩
そしたら休憩中に若者の携帯電話に警察から電話

親切な人が拾って交番に届けてくれたとの事

道の駅から届け先の交番へ向かい
拾ってくれた人がいたからお礼を言い
無事にバッグ回収

再び帰路につく


しばらく走っていたら若者の姿がミラーから消えたので
来た道を戻ってみたら若者発見

若者は言う
「急にエンジン停まっちゃって。ガソリンまだ有るはずなんですけど・・・」
言いつつタンクを覗き
「ほらチャプチャプ言ってます。でもリザーブに切り替えたらエンジンかかりました。変ですね」

変じゃないね
ガス欠だね
チャプチャプ言わなかったらリザーブにしててもエンジン停まるね

数十分前に気を使って確認したのに・・・

でも俺も乗り始めの頃に似た様な事やってるし
どうにも憎めない可愛い若者なので
嫌味の一つも出て来ず

ただしこの若者はバイク歴6年ぐらいだけどね


その後地元に戻って焼き肉食って解散

往復4時間
走行距離100kmちょいの予定が
往復6時間
走行距離175kmになった

しかも楽しいイベント2発


うん
嫌味じゃなく本当に楽しいツーリングだった
短距離の予定だっただけに
2発のイベントが無かったら多分それ程楽しくなかった


若者も随分楽しんでくれたみたいで
帰宅後すぐにメール送ってきて
「12月にまた行きましょう!」
だって

今度はどんな風に楽しませてくれるのか
期待せずにはいられない



*バイク乗らない人へ説明
リザーブってのはガソリンの予備タンクのような感じね

ただし実際に予備タンクが有る訳ではない
一つのタンク内で排出口の高さを変えるだけ
燃料計が無い代わりにそうなってる
リザーブに切り替えなければならない状態になったら急いでスタンド探せよって

だからリザーブにしてエンジンかかるならチャプチャプ言って当たり前
バイク揺らしてチャプチャプ言わなくなったら
ガソリンタンク内が完全に空っぽって事だから
リザーブにしててもエンジン停まる











テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/19(木) 22:34:25|
  2. 岐阜でも
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国迷子旅の写真 四国カルスト

「はちきん」の実地調査の際に利用した店の店長さんからお薦めされた
20世紀で最も偉大な写真家の1人とされるアンリ・カルティエ=ブレッソンのDVDを
アマゾンで買った

俺が名前を知ってる数少ない写真家の内の1人
俺が通ってた大学に大量のコレクションが所蔵されてた写真家


そんなブレッソンが自分の写真について語るDVD
良かったんだけど
撮影当時93歳のブレッソンの鼻毛の貫禄が気になって仕方なかった

しかし不思議なもので
真っ白な鼻毛の束は
高雅さすら感じてしまう





四国の写真の追加五番手
四国カルスト

re4kokuriv10.jpg

長野や岐阜の山を見慣れている俺にとっては
やっぱりカルスト台地ってのは新鮮というか
何か別の世界に来た様な気分になる

何て言うのかねぇ
寂寥感があるって言えば良いのかな
カルスト独特の寂寥感


この感覚を説明する試みはしたけど
多分伝わらないだろうから消した

写真1枚でそれを説明出来る能力が有れば世話無いんだけどねぇ











テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/18(水) 18:26:51|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国迷子旅の写真 幽かな橋

普段から音楽を聴く訳ではないけど
時には音楽に頼らなければならない日も有る

そんな時はヘッドフォンを装着して音量MAXにして
Led Zeppelinの「Black Dog」を聴く

何でこんなにカッコいい曲がこの世に存在しているんだろう

俺は「Black Dog」を聴きながら
頭を振りもするし
笑いもするし
叫びもすれば
泣きもする

本当に自分に響く音楽ってのは
いつ聴いてもしっかり気持ち良くなれるもんなんだな

ジミーさん
こんな良いものを有り難う
いつの日かういろうを持ってお礼に行きたいよ



では
四国の写真の追加四番手でおまんねん


旅の記録の方でも載せた橋
夏にも撮った橋

re4kokuriv9.jpg

水平が出てなかったから角度調整して
少しトリミングした
だからこれは写真ではなく画像だ
色補正はしてないけど


何しろこの橋が好きで好きで

また行くんだろうなぁ
何度も行くんだろうなぁ
もっと上手くなれば
もっと引き出せると思うんだよなぁ


でもこの橋に行く度に
ついでにいずれかの県庁所在地でハッスルするんだろうなぁ











テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/17(火) 18:09:09|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シキザクラ

19枚あった四国の自己満写真
日を追う毎に枚数が減る


今日は俺の休日だったので
愛知県豊田市小原町に行き
春と秋に咲くシキザクラって桜を見てきたので
四国の写真が尽きた訳ではないが
今日はそっちを載せる



ススキと紅葉
そして桜のコラボ
紅葉の色面積が少ないけど

ちょっと不思議な感じがして面白い
でもやっぱり桜は春が良い
個人的には


往復3時間程のちょっとしたお出掛けだったので
タバコも吸わずトイレも行かず一切金使わず
手がかじかんで面倒だったので写真もあまり撮らず
ちょっとお散歩って感じだったが
珍しいものを見れて良かった


ところで
平日・紅葉・シキザクラってなると
さすがにお年寄りの運転する車が多くてね
単にノンビリなら良いんだけど
傍若無人な運転の車のまあ多い事

紅葉の時季に紅葉の名所に行くのは
大変危険が伴う


そうそう
小原町から帰る時の事

すんげえノンビリペースの車列に追いついてすぐに登坂車線が現れたんだけど
皆追い越し車線にいた
5台以上居たけど
何を追い越すつもりでそこにいるのか
全車追い越し車線
ノンビリと

そりゃ登坂車線から抜きにかかったよね
抜きつつ見てみたら全ての車に紅葉マークが付いてた

紅葉の季節
周りを気にせずノンビリ走る紅葉マークの車列
平日ならではの秋の風物詩

俳句の題材になりそうな風情有る光景











テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/16(月) 18:02:54|
  2. 愛知だって
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国迷子旅の写真 自然は強く暖かい

高知において「はちきん」の実地調査の際に利用した店の店長さんと
お店の掲示板を通じて未だにコミュニケーションを取っていたりする

しかも意外とNOエロである
写真ネタとかバイクネタとかばかりである

声は電話越しに聞いてるし
客と店長という実世界での関係も有る
しかしお互いの顔は知らないままにコミュニケーションを続けている

妙な感じだ


ちなみに「はちきん」実地調査の際の店の選択動機は
この店長さんの存在だったりする

ある意味斬新な選び方だな





四国の写真の追加三番手

フィルムビロロ~ン事件のあった畑での写真

旅の記録の時にも載せた写真を引っ張り出して
敢えて組み写真にしたい



re4kokuriv2.jpg

写真の小屋は当然人工物である
しかし月日が経てば
人工物であるはずのこの小屋さえも
自然は自身の一部に迎えようとしてくれる

人間の力なんて
自然の持久力の前には微々たるもの











テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/15(日) 17:46:08|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国迷子旅の写真 盛者必衰の図 その二

今日
両親と共に母方の祖母に会いに行ったのだが
昼食を共にした後
祖母と一緒に祖母の若い頃の写真を見ていた

祖母は91歳
写真の中の祖母の年頃から推測すると1930年代半ば
満州事変後から日中戦争が始まる前までに撮られた写真だと思う

目で見る記録としての写真の存在の大きさを感じたねぇ

今日は携帯電話のカメラで複写したけど
正月にはリバーサルで複写しようかな

古い写真の複写ってのも面白そうだ


ん・・・
そんな事してる奴が学生の頃いたな


あぁ
せごどんの曾孫だ




気を取り直して四国の写真の追加二番手

昨日の盛者必衰の図の別物

re4kokuriv1.jpg

この写真を見ていると
4年前に亡くなった父方の祖母がよく口にしていた
「花の命は短くて 苦しき事のみ多かりき」(確か林芙美子の小説に出てくる一節だったと思う)
という言葉を思い出す

花は写ってないけど

しかし言葉というのは
何も常に額面通りに受け取らなくてはならないというものでもない
だから花は写ってなくても
この写真は祖母の好きな言葉とリンクしている
俺がそう思うんだからそうなのだ


父方の祖母は花が好きな人で
特にサツキと菊が大好きで
生前は庭にサツキの鉢植えが大量に有り
元気な頃は大量の菊も育てていた

今になって思うと
感受性が豊かな人だったんだろうな


しかし晩年には婆ちゃんには申し訳ない事したな
婆ちゃん許してくれるかな
許してくれない方が楽かもな











テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/14(土) 20:46:33|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国迷子旅の写真 盛者必衰の図

昨日部品取り用の2号さんのエンジンオイル換えた
2号さんのお腹に入ってたオイル臭かった~

俺の許に来る前の事等当然知る由もないので
最後のオイル交換がいつだったのか分からないけど
熟成期間結構長いんだろうな
ヘドロ臭かったもん




さて
本日からは第二回四国迷子旅の写真の追加

一番手は
二日目に国道439号線沿いで見つけた
石材削りカスの溜め池の写真

この溜め池で盛者必衰を見た



祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
娑羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす

美しい色を保ちつつ水面を漂っている葉も
いずれは枯れ葉に成り果て
やがて溜め池の底に沈み
石材の削りカスに埋もれていく



小学生の頃
習字の授業の時に好きな言葉を書けって言われて
俺は「無常」って書いた
諸行無常の「無常」

噛み砕いて言えば
永遠に同じ姿であり続けるものなんてこの世に存在しないって事
小学生の頃から今に至るまで大好きな言葉

この時の担任は単に無知だったのか
それとも小学生がそんな言葉知ってるはずないと思ったのか
「無常の『じょう』の字が違うよ。『情』だよ」
と訂正してくれた

小学生の俺は
「先生だからって何でも知ってる訳じゃないんだな。大した事ないんだな」
って思った


あの頃小学生だった俺ももう32歳
諸行無常の響き有り
朝勃ちする日数の減少
盛者必衰の理をあらわす



つうか
習字の時間に「無常」って書く小学生も嫌だけど
「無情」って書く小学生はもっと嫌だろ
好きな言葉が「無情」なんて
恐過ぎるわ















テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/13(金) 16:41:25|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅の帰り 雨雲より速く

写真無いよ
奈良でいいとこ数カ所発見したけど
雨雲に勝ちたい一心だったから
最初から写真撮る気がなく
カメラを簡単に取り出せない様に封印しておいたもので

けど一応更新

最後まで読むと驚愕の数字が・・・


11月1日 日曜日

5時前に起床
リアホイールの割ピンがどこかに行ってしまっていたので
ホイールを留めてるボルトの増締めをして
インシュロックで割ピンの代用

5時45分発
雨雲より早くってのもあったけど
和歌山から奈良をぶち抜く国道は
一部バイパスを除いては所々狭い2車線が続き
しかも交通量が少なくない為時間がかかるので
早朝出発
お陰で奈良までビックリするくらい快適だった

途中良い奈良を発見しつつ名阪国道へ

前回恐れおののいた横風もなく
車体を暴れさせながら100~110km/hで巡航

途中東名阪にスイッチ

前回360度全周囲から突風がぶつかってきた恐怖の東名阪も
この日は少々向かい風がある程度
ペースを下げずに巡航

横風に比べれば車体が暴れる程度は屁でもない


8時45分
御在所サービスエリア着
それにしても寒い

10時50分
雨雲より随分早く帰宅



この日の走行距離251km
走行時間4時間5分


朝食無し
昼食無し

お小遣い帳
ガソリン代600円だったかな?
高速代1650円        計2250円



第2回四国迷子旅

総走行距離1354km
四国内総走行距離約850km

総ウロウロ時間47時間30分
四国内総ウロウロ時間33時間くらい

総ハッスル時間5時間
総ハッスルマネー7万4千円

総出費144264円


第一回より短い時間で
使った額はほぼ同じ

お大尽さまだな
俺は


宿泊費と食費が随分違うな
そりゃそうしたんだからそうだな


ハッスルマネーは前回とほぼ同じだな
ハッスル時間は今回の方が長い
前回は3軒で今回は2軒なのに

しょうがないよ
はちきんだもん
そりゃ延長だけで1本分いくよ
プライスレス



明日からは未掲載分の写真を載せる日々が続くであろう














  1. 2009/11/12(木) 15:55:29|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その十 五日目 本土上陸

もう11月なのに蚊に刺された


五日目はあんまり写真撮ってないから載せる写真が少ないし
ちゃっちゃっちゃと済ます


10月31日 土曜日
本当はもう1日くらいフラフラする予定だったんだけど
翌日の午後から二日続けて天候が崩れそうだったので
その前に帰る事に決する

7時半ホテル発
少し走って給油
梼原近辺の出身 ちょっと話す

高知から徳島南部まで山の中を
奥物部と呼ばれる山深いエリアを通り抜けつつ一気に縦断する国道を走り続ける
寒し


立ち小便がてら撮った唯一の写真




気持ちの良い道が続くし景色も良いが
クソ寒い中わざわざ写真を撮ろうと思う程の光景は無く
ただひたすら体を震わせながら走り続ける


奥物部では土曜日にも関わらず車を滅多にみかけなかった
観光地ではないんだな
道の駅も一軒あっただけだし

奥物部を抜けて徳島に入り
四国では有名な剣山の傍を通り抜け

10時20分
道の駅もみじ川温泉着
排尿時に息子の縮みっぷりに驚く
縮み過ぎて三角形

山の中を抜け海は見えないが海近くの国道に合流
交通量が一気に増える


フェリーの時間もあるので渋滞の中ちょっと頑張る

11時50分
南海フェリー乗り場に到着

頑張った結果早く着き過ぎた

コンビニで食料買い込み昼食

13時半頃乗船

15時半頃
もうすぐ和歌山に到着するという頃
漁船がフェリーと並走
フェリーに汽笛で怒られる

16時10分
ホテル着

とても良いビジネスホテル
対応も良く備品に気遣いが感じられる
足用のマッサージ機には感動した
気持ちよかった~

18時頃
本場の和歌山ラーメンを食す
携帯もカメラも忘れた為写真無し

濃い クドい 
でも程良い喧噪の中で1人落ち着いて食事が出来る環境に満足


翌日は雨雲より早く地元に辿り着かねばならない為
早めに就寝

ホテルのパジャマが米国ホームドラマ風だった

re4koku52.jpg





この日の走行距離176km
ウロウロ時間8時間40分(フェリー待ちと乗船で3時間)

朝食無し
昼食コンビニで560円
晩飯和歌山ラーメンとチャーシュー丼1300円

お小遣い帳
ガソリン代1489円
昼食560円
晩飯1300円
ホテル4600円
フェリー3800円   計11749円











テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/11(水) 15:58:49|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その九 四日目 昼過ぎから夜の部 はちきん

今日は四日目の午後の分かね

今日のトップ写真はリバーサルじゃない
四日目の午後からはもうリバーサルでは撮ってないんでね

あんまり内容に関係無い写真は載せたくないし


写真は高知県道320号線
念の為言っておくけど向こうに見えてる白いのはガードレール
この道はそう
海沿いの断崖の道

re4koku47.jpg

天気の良い日にこんな道走って
気持ち良くない訳がない!

こういう道は急いじゃ駄目
「うおー」とか「すげー」とか「たまるかー」とか叫びながら
海を眺めつつのんびり走らなきゃ

大丈夫
人は全然居ないから
車も滅多に走ってないから
叫ばにゃ損!

眺めの良い海沿いの断崖の道は
叫びながら走った方が絶対気持ち良い



では他の写真とメモを基にした旅の記録は
続きにて
駄文が長々

[第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その九 四日目 昼過ぎから夜の部 はちきん]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/10(火) 14:48:29|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その八 4日目 朝から昼過ぎの部 再会して糠漬け

トトビッグちゃんと3通りだった
勘違いしてた
まあ結果は別にね
そんな勘違いなんぞ意に介さぬ結果だった訳だけど



今日は四国4日目の前半か
朝から昼過ぎまでの分ね

中途半端な分け方なのは
丁度そこが人との出会いの区切りになっているというか
そんな感じの理由


リバーサル写真はこれは・・・何だろ



県境にあった訳ではないけど
どうやら高知県アピールをしている様だ

県道脇にあったから
県道アピールなのかも知れない


何なのかは分からないけど
何とも高知の良さを象徴している様なそんな印象
他人には伝わらないとは思うけど

俺はこの写真見ると高知に行きたくて仕方なくなる
もう行きたくて行きたくてムズムズしてしまう催淫剤の様な写真

実際に高知に行って
俺と同じ感じ方をした人が居れば
ひょっとしたら伝わるのかもしれない


高知県ってね
人と自然が自然体で共存してる光景が多く残ってる



では他の写真とメモを基にした旅の記録は
続きにて


[第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その八 4日目 朝から昼過ぎの部 再会して糠漬け]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/09(月) 16:21:38|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その七 三日目 午後の部 四万十グルメ

昨晩totoBIG買った
同じ内容のを3口
本当は3通り買おうと思ったんだけど
適当に押してたら同じ内容3口になった

これ1等当たったら配当3倍って事だよね
1等が当たったら18億って事だよね

参ったなぁ
6億当たった場合の事までは予定立ててたんだけど
18億だとちょっと手に余る

しかし宝くじ買った後は妄想が暴走するね
すんごい楽しい

取り敢えず真っ先に買うのはCB450K1と
ダイハツのハイゼットバンね 中古のね
合計100万程度だと思うけど

あとレンズ買うな
中古でも20万くらいするバカ高いズーム

あと長野の木曽エリアに別荘建てて
高知の四万十川中流辺りにも別荘建てて

やべー使い切れねー
18億はさすがに困るわぁ~


当たっても外れても結果に関しては絶対ここには書かないからね
外れたら書くと思うけど



はいでは四国
今日は3日目の午後の部


前回は行かなかったとこで
今回特に行ってみたいと思ってたとこに愛媛県の鬼北町ってとこがあった
特に何が有る訳でも無いんだけど
まあ何となくね

梼原からカルストを通って昨日書いた伊予土佐国境の村を通って国道に出て
鬼北町経由で宇和島に出て
んで宇和島から南下して足摺岬の北の樫ノ浦に行こうと
これが当初の予定だった

しかし予定変更したからね
寝袋が嫌で

んで予定立て直した訳なんだけど
何となく鬼北町は外したくなかったから
鬼北町から南下して
戦国時代好きにはお馴染みの土佐一条家の本拠地の中村に向かう事にした
途中 前回も走った四万十川と並走する道を通って

このルートは悪くなかったな~
のどかな時間を気持ち良く過ごせた


写真は鬼北町の国道沿い

re4kokuriv6.jpg

俺の好物の水鏡ね
歴史物語の水鏡じゃなくてそのものずばりの水鏡ね

いやぁ良い石垣だ
これだけでも来た甲斐があったと思える


ちなみに鬼北ってのは「鬼が城山」って山の北に位置するから鬼北だそうで
別に鬼北の南に鬼みたいな連中が住んでる訳ではない
そんなに歴史ロマンな地名ではない




では他の写真とメモを基にした旅の記録は
続きにて

[第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その七 三日目 午後の部 四万十グルメ]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/08(日) 15:47:41|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その六 三日目 昼頃の部 思い出に浸りつつ

そうそう
四国に渡って何日目だったか
ウィンカーが小型犬の様になっている
ちまちまこそこそと点滅してる
パッカンパッカンじゃなくパカパカパカパカ

またウィンカーリレーかな
第一回四国迷子旅の直前に見てもらったばっかなんだけどなぁ
まあ点滅してるから良いけど



はい四国

俺が第2回四国迷子旅でリベンジしたかったのは
雑草まみれのどんよりした橋と
今回は寝袋が嫌で回避した樫ノ浦と

そしてここ
伊予と土佐の国境の山中の村

re4kokuriv5a.jpg

何か色が気持ち悪いなぁ

これは仕方が無いんだよ
フィルムの問題なんだよ
色んな事情が有るんだよ
また話がマニアックってクレーム来そうだから書かないけど


夏にここで写真撮ってた時と同じ様な時刻に撮ってたんだけど
同じ様な構図でも夏と今回とでは陰のお大きさが全然違う
季節の違いってこういうとこにも出るんだな
そりゃそういうもんだと思うけど
ここまで目の当たりにするとね
四季ってのは大したもんだと思う

やっぱりまた行かなかんな~
なかなか四国との縁が切れないな~



では他の写真とメモを基にした旅の記録は
続きにて

[第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その六 三日目 昼頃の部 思い出に浸りつつ]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/07(土) 16:11:32|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その五 三日目 朝の部 秋の四国カルスト

昨日も今日も
写真とにらめっこ


今回リバーサル8本で290枚くらい撮って
自己満率6パーセント程
枚数で言うと19枚
まあまあじゃなかろうか

でももっと沢山撮っときゃ良かったなとは思う


今日写真載せるけど
カルストは何とも残念な結果
もっとしっかり風景写真撮るべきだったな

逆光とか何かもう変な挑戦したり下手が下手に狙い過ぎてもう
酷いもんだ

やれる事しっかりやるべきだった
惜しい事した

下の写真もね
俺は嫌いじゃないんだよ

でもゴーストが出てる
カルストの自己満写真がゴースト入りだなんてよぉ

re4kokuriv4a.jpg

心霊写真ってんじゃなくて
ゴースト 何か空に丸いのあるでしょ? ゴースト
多分ゴーストっていう名前 違ったかな?

これ防ぐ為の道具自作してったんだけどね
ちゃんと防げてる写真もあるんだけどね
カルストで撮った写真としては上の写真が一番気に入ってるから・・・

似た様な写真でゴースト入ってないのもあるんだけど
左下の花の位置がどうたとか何とかでね

一番気に入ってる写真だけがゴースト入ってんだもんなぁ
さすが俺だな



では他の写真とメモを基にした旅の記録は
続きにて
今日の分はカルストばっか

[第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その五 三日目 朝の部 秋の四国カルスト]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/06(金) 16:09:02|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その四 二日目 午後の部 リベンジ不可

何故か毎日昨日の話から始まっているが
今日も昨日の話から

昨日オイル交換したんだが
オイルによってこうも減る量が違うのかと
驚いた

第一回四国迷子旅の時は夏だったからちょっと豪華にワコーの熱ダレしにくいオイル
今回は涼しいしって事でいつものホンダ純正オイル

値段も違うけど性能も減る量もハッキリ違う
俺でも分かるんだからそりゃもう相当違う




はい
昨日の続きで四国2日目午後の部ね

いよいよ四国再訪の理由の場所の内の一つに到着したんだな

ここに



今回は特に失敗とか無いと思ってるんだけど
どうやら新緑の頃にまた四国に行く羽目になりそうだ

だって橋の上の雑草が予想通り枯れてたんだもーん

色彩的には今回の方が変化があって好きなんだけど
やっぱりこの橋は雑草が緑でこそ力を持つ





では2日目午後の部の他の写真とメモを基にした旅の記録は
続きにて
写真食い物ばっかだよ 種類は少ないけど

[第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その四 二日目 午後の部 リベンジ不可]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/05(木) 18:14:54|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その参 二日目 午前から午後の部 俺さん、事件です

昨日
高知県中土佐町の大正市場にある田中鮮魚店で注文しておいたタタキが届いた
今の時期は戻り鰹 美味かった
注文の時の事は後日出てくるのでお楽しみに

別に楽しみじゃないと思うけど



今日は二日目の午前から午後の部


今日からリバーサルで撮った写真でトップを飾る
多分

少なくとも今日はそう

今後
旅の記録の方では極力リバーサルの写真を使わない事にする

理由?無いよ


ではまずはこんな写真

re4kokuriv2.jpg

風情の有る畑があってね
そこには俺の好みの味付けがされた小屋があってね

しばらくこのブログを見てくれてる方には俺の最近の好み分かるんでないかしら?

この・・・自然に飲み込まれて行くサマと言うか・・・ん~何だ
盛者必衰みたいなね
諸行無常でも良いんだけど

何かこういうの好きなんだて



ちなみにこの畑では
ちょっとした事件があった



では
その辺も含めて他の写真とメモを基にした旅の記録は
続きにて

[第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その参 二日目 午前から午後の部 俺さん、事件です]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/04(水) 14:39:37|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その弐 二日目 朝の部 高知に帰って来た錯覚 

今日はリバーサルの現像及びデータ化が仕上がる日なので
その前に更新
そうしないと増々写真増えてまうでな


昨日ブログ更新した後ちょっと出掛けたんだけど
風強かったねー
一昨日帰って来といて正解だったわ


昨日はオイル交換しようと思って
あれ何だっけ オイル処分するのに使う奴 廃油ポイ?か?買いに行って
その後ちょっとした用事があったからついでにいつものバイク屋行って

そしたらね
俺がいつも見てるブログの管理人さんがバイク屋に登場してね
まあ常連さんだってのは知ってたんだけど遭遇するの初めてで
ちょっと興奮したねー 憧れのアイドルに会った気分だったねー
オイル交換の時間なくなる程度に話し込んでしまった

凄い人なんだよ
下道だけで1日500キロとか走っちゃう人 XL125で
俺には絶対無理だ



さて二日目

二日目写真多いから3分割
今日は午前の部


まずは有名な大歩危・小歩危の大歩危

re4koku24.jpg

前回は日曜日にこの辺りを通りかかったんでね
観光客の多さに理不尽かつ自分勝手な憤りを持ってる最中だったんだよね
だから写真撮る気にならんかったんだよね

まあ良いとこよ
目新しさは無い風景だけど



では他の写真とメモを基にした旅の記録は
続きにて

[第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その弐 二日目 朝の部 高知に帰って来た錯覚 ]の続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/03(火) 13:26:36|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回四国(高知)迷子(じゃない)旅 その壱 一日目 四国上陸

今回はね
文章短くする為になるべく写真を載せようと思ってね
こまめに写真撮ったのね
事有る毎にって感じでね

そしたらね
すんげえ面倒臭くせー
アップロードが

まあ折角撮ったんだから頑張るんだけどね


あぁそうそう
今回はお小遣い帳的なものの記録を残した
32歳にして人生初のお小遣い帳

まぁ馬鹿を晒すだけなんだけどね
折角だから披露するよ



はいでは初日

10月27日 火曜日

6時出発


7時半
東名阪自動車道の御在所SA着

ヒートテックのアンダー上下
ロンT 
ネルシャツ 
お高いフリース 
ゴアテックスレインパーカ

上記装備でも寒過ぎる
そしてやはり東名阪は風が強い

ちなみに東名阪には2カ所料金所が有る
計1650円没収
釈然としない

そのまま乗り入れる名阪は国道だから無料
道の感じ同じなんだけど


8時10分
名阪国道を下りて天理着


10時半
道の駅紀の川?着

道の駅から見える紀の川



紀の川は歴史好きな人にはピンとくる川かもね
万葉集に出てくる様だし
戦国時代好きにも耳に馴染みのある川だと思う


11時半
和歌山市の南海フェリーの乗船券売り場着
直近のフェリーまで2時間もある為食事をしようと思い
乗船券売り場のお姉さんにお薦め店情報聞く

お姉さんとても親切に教えてくれる


11時50分
お姉さんに教えてもらった一富士って店に入る

季節弁当(1050円)食す 美味し
魚の骨が銀歯紛失した歯にはまる

re4koku12.jpg

これで1050円は安いのではないかと
ボリュームも種類も結構なもの

味はそりゃ美味いよ
俺なんかと違って新鮮な魚食い慣れてるであろう
海に近いとこに住んでる人のお薦め店だもん
地元で評判の店らしいし

場所は教えてもらわなきゃ絶対分からない様なとこだったけど


いかにボリュームも種類も味も結構なものであっても
一人で食うと無言だから早いね



12時10分
乗船券売り場に戻る

喫煙所で煙草を吸っていると俺の隣に座ろうとした老人が転がる
俺思わず「え~~~」
ガリガリだし栄養失調か?

介抱しようとするも断られる
しかし頭部に裂傷有り
南海フェリーの従業員呼ぼうとするが「困る」言われ放置
どうやら禁煙の場で喫煙して追い出された様子
気まずいんだろうな

やがて従業員が気付き応急処置

その後頭部裂傷のおじいさんと二人で歓談
70歳は越えていると思うが派遣労働者の様
何だ俺の40年後の人ではないか



13時10分
ようやく乗船券販売開始
一番乗り

13時30分
フェリー乗船(人とバイクで3800円)

夏に気に入って行きも帰りも座ってた甲板1階の席へ

re4koku13.jpg

しかしこの日は波が高かったのか椅子も床も塩まみれ
甲板2階へ移動


甲板2階から見た沼島と淡路島

re4koku14.jpg

沼島って聞いて反応する人はきっと歴史マニア
歴史マニアの中でも神話マニア


15時頃
ようやく歯にはまった魚の骨外れる


15時半頃かな?もう少し遅かったか
徳島着


16時20分
ホテルにチェックイン(3500円)
前回も帰りに泊まったホテルだが
今回は楽天トラベルでお安く宿泊するせいか前回と違い愛想が無い


夜の徳島を堪能する為に情報収集した後
ホテルのおやっさんに教えてもらった定食屋へ

明治8年の創業であるらしい福助って店
店員のおばさん無愛想最高潮
テレビ見てんのに邪魔しないでと言わんばかりの勢い

注文したのは阿波地鶏定食 

re4koku15.jpg

しまった 値段メモっとくの忘れた
この後のお楽しみに興奮し過ぎて忘れてた
多分1500円だな それで行こ

唐揚げにはうるさい俺が言う
美味し 実に美味し


18時半
夜の徳島散策

夜の徳島
何か妙に良い雰囲気
若者より中年サラリーマンが元気なんだよね この街は 
俺の印象ではだけど


18時50分
前回出来なかった阿波女の実地調査開始

「讃岐男に阿波女」の阿波女ね
讃岐は男がしっかりしてて阿波は女がしっかりしてるっていうね
いつの時代から言われている事なのかは分らんけど
昔から言われてるみたいなんでね
この件に関する実地調査は歴史好きの俺としては外せないよね

前回はなんとびっくりfrom北海道だったんでね
今回は同じ轍は踏めないって事でね
慎重にならざるを得なかったよ

前回の失敗を省みるに
阿波なのに泡のほうでなくファッショナブルな健康の方に走った事が
これは大きな間違いだったのではないかと考え
今回は泡の方にした 石鹸の国の方ね


しかし

阿波の泡 from 福岡

わお!


そう言えば体つきだけで選んでたー
地元出身か確認すんの忘れてたー

またしても阿波女の実地調査出来ず



でも良いの
あの体・・・
元ダンサーってのが もう・・・




この日の走行距離260km
ウロウロ時間10時間10分(フェリーの待ち時間と乗船時間で計約4時間)

朝食抜き
昼食一富士の季節定食
晩飯福助の阿波地鶏定食

お小遣い帳
ガソリン783円
高速1650円
フェリー3800円
昼食1050円
ホテル3500円
晩飯1500円
泡踊り33000円    計45283円











テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/02(月) 10:00:45|
  2. 四国迷子旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ただいま

本日帰って参った
今回は高知県ばかりだったな
高知県内を4日間ウロウロ
本当は5日ぐらいウロウロする予定だったんだけど
丁度5日目にあたる今日から天気が崩れそうだったんでね
2日程足止めされる恐れがあったから1日繰り上げ

今回はリバーサルで8本撮った
いつも使ってたプロビア100Fっていうスタンダードなリバーサルと
風景用のコントラストが強いベルビア50ってリバーサルでそれぞれ4本
どんな写真撮れてんのか楽しみだなー


今回は写真の撮り直しがメインだったんだけど
ちょっとグルメツアー的な要素もありつつ
お世話になった人との再会もありつつ
新しい出会いもありつつ
迷子にはなったけど
狙ってなった迷子はなく
迷子の結果の感動もなく

前回とはやはり違ったニュアンスの旅だったな


今日はもう面倒なので明日から始めますよ
リベンジ四国ツアーの模様の報告は


取り敢えずこれだけは言っとく
自然も人も昼も夜も
高知はサイコ~!

まだ乳首がヒリヒリするわー











  1. 2009/11/01(日) 12:20:40|
  2. 写真無し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。